Powered by Six Apart

替え歌 Feed

2017年7月31日 (月)

怪盗グルーのミニオン大脱走

えーっと、このシリーズを観るのは初めてなんですが。
ミニオン達はあくまでマスコット。
別に役に立たなくてもいい、ということでいいんですよね?
だとしたら、文句なしに面白かった!と言える。
ゴチャゴチャだったり整理されてない映画は好きじゃない筈の俺が、このカオスを楽しんでいる。
同時進行だからって収束の快感に拘る必要はない。
個別にはっちゃけてるだけでも十分に楽しいんだって言える。
元盗賊から元捜査官を経て現無職パパのグルーの家族愛。
血の繋がっている家族にも、血の繋がっていない家族にも惜しみない。
双子の兄弟のドルーのお坊ちゃんっぷりも憎めない感じだし、そのハチャメチャっぷりが最もよく出てる時速600kmのスーパーマシンの頭の悪そうな凶悪な格好良さもたまりません。
チキチキマシーンや宇宙英雄物語のワルワルマシーンみたいな素敵ガジェットにもうビンビンです。
挙げ句の果てにバットマンをパロったような怪盗スーツは見てるだけで笑いが。
枝葉は色々あるんですが、この兄弟の話が主軸なんで混乱することはないですね。
それにしてもグルーとドルーのどっちが兄かは最後まで明らかにならないし、そもそも二人ともそれを気にしてませんでしたね。
日本だと双子と聞いた瞬間にどっちが兄なのか姉なのか聞くものなのに。
ここらへんの文化の違いも面白い。

エンドロール後エピソード なし

公式サイト
http://minions.jp/sp/

2017年2月 8日 (水)

雛祭りの歌に見る凄絶なる剣技

ひな祭りまであと1月弱。
早いところでは既に雛人形を飾っているようです。
雛人形といえば雛祭りの歌。
あの歌は替え歌にし易いせいか全国でそれぞれ違った替え歌が歌い継がれているようです。
わたしが小学校時代を過ごした札幌では…
灯りをつけたら消えちゃった
お花をあげたら枯れちゃった
五人囃子も首ちょんぱ
今日は悲しい雛祭り♪
でした。
首ちょんぱというのが如何にも小学校低学年あたりの親や教師が眉を顰めるのを見て面白がるお年頃のハートをガッチリ掴んでいる感じで素晴らしいですね。
まさに少年期の自我の確立に寄与する教育的ソォング!
末永く歌い継がれることを望むものであります。
それにしてもです。
五人囃子は一列に並んで座っているわけです。
お互いの肩が触れ合わないことを考えると、当時の日本人男性が小柄だったことを考慮に入れても1人あたり80cm幅くらいはスペースが必要な筈。つまり5人だと4m。
4mの一直線上に並ぶ首を一撃で弾き飛ばすとはどんな凄まじい剣技の持ち主なのかどれほどの業物を拵えているのか実に興味が湧いてきます。
いったいどうやってそんな離れ業をやってのけたのか。
え?衝撃波?
誰が漫画やゲームの話をしてますか。真面目に考えてください。
走り幅跳びなら世界記録で8mはあります。
十分に助走をつけてジャンプしその最高地点に首が当たるようにして真横からすれ違いざまに薙ぎ払う。
そうすれば十分に可能です。
とは言え、途中で勢いが止まってしまうような気もするし、決定打とはいきませんね。困りました。
しかし、彼等がそのような目に合わなければならないのは何故なのでしょう。
灯りをつけたのに消してしまった。お花をあげたのに枯らしてしまった。
どちらも仕事に対する真剣味が足りないことから来ています。
五人囃子がその責任者であるとすれば責任を取ることになっても不思議はありません。
もしかしたら彼等はギロチンにかけられたのかもしれません。


…え?ギロチンの発明はずっと先の話?

2016年8月19日 (金)

ザ☆ゴジラ

ゴジラがアニメ映画になるということで、勝手に替え歌にしてみました。
元歌のタイトルは敢えて書きませんけど、分かりますよね?

誰もが知ってる
怪獣の王者
怒れる荒ぶる神が
今、吼える
緑の地球を穢したやつばら
決して焦がさずおくものか
ザ☆ゴジラ

2016年7月10日 (日)

白鳥のいない湖 ver2016

原曲:チャイコフスキー「白鳥の湖」

白鳥の湖に白鳥がいないぞ
白鳥の湖のくせに白鳥いないなんて
そんな馬鹿があるか
白鳥がいるから白鳥の
湖というのだろう
早く出せ
連れてこい
白鳥を出せ

白鳥の湖に白鳥がいないぞ
白鳥の湖のくせに白鳥いないなんて
そんなハナシあるか
白鳥を見るため白鳥の
湖に来たんだぞ
社長だせ
連れてこい
誠意みせろ

早く早く出せ
白鳥白鳥出せ
誠意をみせろ
白鳥見れなかった俺の精神的苦痛に対して
せ・い・い・を・み・せ・ろ・よ

続きを読む »

2014年5月20日 (火)

自分に合わせて「アポロ」を歌う

ポルノグラフィティの「アポロ」は大好きな歌でカラオケの十八番だが、1つ困ったことがある。
それは俺がおっさんなのでアポロ11号が月に行ってたのは俺が生まれたずっとずっと前ではないことだ。
そこで歌い出しを勝手に変えて歌っている。
みなさんもそうするといい。
僕らが生まれてきたほんのちょっと前にはもう
僕らが生まれてきたちょうどその年にはもう
僕らが生まれてきたその数年後にはもう
などと自分の生まれた年に合わせて歌えば「アポロ」は幼児からお年寄りまで全年齢対応の歌になるわけだ。
余計なツッコミを受けずに済むぞ。

2013年12月25日 (水)

クリスマス慰撫ver.2013(替え歌)

ダメは夜更け過ぎに
いいわに変わるだろう
ううん
そりゃあない
ん〜んんん
ありえない

きっとキミはグンナイ♪
そう言って別れるクリスマスイブ
ううん
そりゃあない
ん〜んんん
ありえない

酔いは深く頭が重い
今年も何もない
このままの今夜なら
そうなりそうな気がした
ううん
そりゃあない
ん〜んんん
ありえない

続きを読む »