Powered by Six Apart

アニメ・漫画 Feed

2018年5月 2日 (水)

「よつばと!」第14巻

あさぎさんが出てくるとそれだけで大満足。
あの子、よつばが大好きでかつ扱いがうまいもんだから、よつばの魅力を引き出すんですよね。
さて、今回は上京編。
大都会東京でよつばは初めて人間のちょっとした悪意にさらされます。
本当にちょっとしたことなんですけど、よつばにとっては結構なショック。
ここでのとーちゃんの対応がいい。
よつばが1人で壁を乗り越えられるように、厳しくも優しく見守ります。
かつては勝手に自転車で遠くに行ってしまってとーちゃんにコツンとやられたことを思うと、よつば確実に成長していますね。
そして改めて見るに、以前より落ち着いている。
とーちゃんは日ごろからそれを見て、もう東京に連れて行っても大丈夫と判断したのでしょう。
感無量ですね。
…とーちゃん子育て初めてだよね?
とーちゃんの過去は明らかになってませんが、世界放浪中に世界中のいろんな子供に触れたのかも。
よつばの成長が具体的にはっきり分かる形で描かれたのはこれが初めてかもしれません。
とーちゃんの妹、よつばにとってはおばにあたる小春子さんの初登場も、よつばの東京デビューに心を砕く様子がまず第一であって、このマンガがあくまで「よつばと」であると言うことを思い出させてくれます。
以前から、この「よつばと」に込められたメッセージは、時間は確実に前に進んでいき人は変わって行くが、だからこそ一刻一刻が尊いのだ、ということだと思っていますが、大きくなっていくよつばにちょっとした寂しさを感じてしまうこの心の揺れ動きは、まさに一巻からずっと読んできたその時の流れなのでしょうね。
長期連載を(コミック派ですが)追いかけていく喜びを久しぶりに感じました。

電撃コミックWEBの該当ページ
http://dc.dengeki.com/newreleases/978-4-04-893705-4/

2018年4月14日 (土)

名探偵コナン ゼロの執行人

…これ、実写で作り直しませんかw
わりと本格的な内容で面白かったです。
惜しむらくは、検察や公安周辺の力関係がセリフで語られちゃってるんで、真犯人の動機が実体験に基づいた地に足のついたものに感じられず、頭の中で組み立てたものに思えてしまうこと。
でも設定からすると、それとは正反対の人なんだよね。
このチグハグさは実写だったら俳優に背中で語らせることで糊塗できるから、そもそもがアニメ向きの脚本じゃないんだと思う。
もともと劇場版が好きな理由として、テレビでやってるコナンは時々、明らかに尺の足りないことがあるけど、劇場版はそれがないってのがある。
その劇場版のメリットを要所要所の説明的なセリフは奪っているわけで、だからこそ実写の方がって考えてしまった。
今回はもう一つ気になった点が。
毛利小五郎に罪を着せた理由。
これ、工藤新一だったら、いっぱつ殴ってた筈で、そのほうがカタルシスもあるし収まりもいい。
でもコナンくんだからそれはできない。
物理的に、じゃなくて、鋭い人には正体がバレちゃうからと言うメタ的な理由で。
だから骨格となるメインストーリーについては面白いししっかりしてるんだけれども、色々と惜しいんだよなぁ。
その反面、枝葉となる部分はいつも通り面白いです。
安室と言えばカーチェイス。
一昔前だったら、やり過ぎだとかばかばかしいとか思ってたんだろうけど、今やハリウッド映画のCG多用カーチェイスがよりやり過ぎ感が大きいもんですから、ああいうのが基準になっちゃって、何かリアリティーのあるシーンに見えてしまうw
ワンマンアーミーならぬワンマン公安とでも言うべき安室透は主役を食ってしまいかねないスーパーマンなんで、実質的なダブル主人公でしたね。

エンドロール後エピソード あり

公式サイト
http://d-conan.jp/movie22

2018年4月 4日 (水)

風都探偵①②巻

読了。
仮面ライダーW正当続編「風都探偵」、1、2巻同時発売と言うことで一気に読んで実に堪能しました。
もともと三条陸は私にとっては10割打者。
面白くならないはずがないんですが、一気に2巻まで発売されると、暗躍する敵勢力の正体に翔太郎やフィリップが気づいたあたりまで話が進むものですから、数部作の映画の一作目を見たかのようなボリュームと満足感があります。
はっきり何年かは言ってませんが、照井竜と亜希子の夫婦がラブラブでまだ子供が授かっていないこと、テレビ版では高校生だったクイーンたちが女子大生になっていることなどから、2、3年後なんじゃないかと推測できます。
で、そんな感じで懐かしい人があちこちに登場しますが、それはあくまでスパイス。
本編が十分過ぎる位面白いです。
あくまで私立探偵ですから、怪人〜ドーパントのメモリをブレイクするだけでなるべく殺さず、司直の手に委ねる。
だからこそ怪人の正体を見極めるまでは変身せずに探偵として調査に徹し、一般市民に危害を加えないようにするわけですが、販促の必要がないためか翔太郎が自ら身を呈する場面が多く、テレビ版以上にその説得力があるように思います。
翔太郎、なんも変わってなくて嬉しいなぁ。
本質は変わらない上に人間味を増したフィリップもいいですね。
かつて魔少年と呼ばれていた、と自称するフィリップですが、魔少年に人間味が加わると見事な変人になってしまって、その化学反応ににやけること必至です。
翔太郎と恋仲になると思われる新ヒロイン、ときめの登場も漫画展開ならではですね。
兄弟拳バイクロッサーで最終回で兄がヒロインとくっついてしまったので弟がなんだか可哀想になったものですが、あの時にダブル主人公もので片方だけに彼女ができるのは良くない、と確信した。
亜希子が翔太郎とフィリップどちらとくっつくでもなく竜と結婚したのもそれに類する理由からでしょうし。
しかし、より対象年齢の高い漫画展開なら、恋愛要素需要がメタな事情を上回る。
紛れもなく「W」だけど漫画でしか見られないものが見られる、とてもおいしい漫画ですね。

公式サイト
https://bigcomicbros.net/comic/fuutotantei/

2018年3月23日 (金)

放課後さいころ倶楽部 第11巻

今回の収録ゲームはクゥワークル、それはオレの魚だ!、スティッキー、ドデリドの4つ。
うーむ、収録ゲームの全てにプレイ経験がないとは…。
ここんとこTRPGに集中しててボードゲームはほぼ全くやってないとは言え、この漫画にボードゲーマーの立場から感想を述べる資格がなくなってる気がするわたくしです。
でもまぁ敢えて言うなら、恋愛要素が増えていくことで、ボードゲーム漫画である理由がどんどん減りつつあって、ハチワンダイバーの後半で将棋の盤面や展開の描写がどんどん少なくなっていったのを彷彿とさせる展開。
当たり前に青春漫画として面白くなってきて、それはそれでいいんだけどなんかイズいです。
恋愛要素の主メンバーたる新一年生2人組が入ってきてから、このマンガは飛躍的に面白くなってきていたんですが、ゲームとストーリーのバランスって難しいんだろうなあ。
ゲームデザイナー志望の緑のゲームのテストプレイエピソードをもっと掘り下げて読みたかったですね。
具体的にどんなゲーム展開で、環奈はそれにどんな感想を持ったのかが分かれば…。
ちょっと惜しいと思いました。
ただ今回も、ゲームという趣味の周りには色々な年代の人がいてそのコミュニティーこそがゲームなんだという点はちゃんと描かれてて、そこは好感が持てますね。
どうせなら下の世代を出してもいいかもしれない。
小中学生のボードゲーマー増えてますしね。
2年生のうち1人の相手が男子中学生でも面白いかも。

小学館ウェブ公式サイトの該当ページ
https://comics.shogakukan.co.jp/book?isbn=9784091281968

2018年2月20日 (火)

からかい上手の高木さん 第8巻

読了。
ここのところサブキャラの出番が多かったり、変化球的なエピソードがあったりして世界観を広げにかかっているのかな、という印象があったんだけど、今巻では初期のような単発エピソードがほとんどで、むしろこっちの方が楽しいかな。
まぁ、時間はちゃんと進んでいて、西片くんもかなり意識しちゃってますけどね。
そんな中で、2人の関係が一気に進展しそうなサブタイトルが2連続もしちゃったりして。
あと、アニメが始まった時期に出た単行本で、漫画であることに意味があるエピソードが1つあったのは意識してやってるんですかね。
一つ一つは単発のエピソードなんですが、単行本としてまとまった時に流れとして読者にどう見せていくか、いろいろと実験してるような気がします。

2018年2月 4日 (日)

いつかみのれば 第2巻

1巻を読んで「これは面白い」と思って連載中の雑誌もチェックするかと読んでみたら、それが打ち切り最終回掲載号だったというとても悲しい体験をした「いつかみのれば」。
2巻を通して読んでみると、まぁその理由もわかる気がする。
もともと対戦格闘ゲームが甘くもなく、その界隈で使われてる用語もいまいちピンとこない俺だが、そんな俺でも何となくわかった気にさせてくれていたのが1巻あたり。
しかし、最初は完全に初心者だった主人公のみのりもどんどん専門用語を駆使するようになってくるわけで、そうなると俺のような門外漢はみのりの成長についていけないのである。
まあ、コミックでまとまるとそうでもない。
だが、これが連載中だったら置いてきぼり感が強かったことだろう。
これは格闘ゲームの漫画に限らない。
ちょうどハチワンダイバーが、最初のうちは将棋がわからなくても楽しめるように逆転部分やハイライト部分では盤面を描いていたものの、途中から盤面を全く描かなくなったことを思い出す。
なまじ本格的であるがゆえに格闘ゲームにのめり込む4人の女の子と読者たる自分の間に溝ができてしまったのだ。
とは言え師匠の登場でそれぞれに目標ができてこれから盛り上がってくると言う所で終了と言うのはいかにも惜しい。

一迅社WEB該当ページ
http://book.dmkt-sp.jp/book/detail/book_type/010/title_id/0000246575/?

2018年1月31日 (水)

創世のタイガ 第2巻

ネアンデルタール人の襲撃。
1巻の相手はみな獣だった。
しかも殆どは生き残るための狩りだった。
だが、相手が同じ人間となると、その生々しさは動物の比ではない。
同じ人間を相手に生き残らなければならない、となると、繰り出す攻撃も勢い不格好で見苦しいものにならざるを得ない。
生き残ること自体を最大のモチベーションとしたタイガでさえギリギリの生存を強いられる中、タイガとはぐれたアラタたちが大いに心配だ。
彼らに容赦なく自分を殺そうとする人間を逆に殺すことができるのだろうか。
そして、怪我をしても傷を縫う針と糸すらない。
砦での暮らしは不測の事態が起きなければむしろ快適になりつつあった。
しかし、我々が長い歴史の中で積み上げてきた不測の事態への対処は、ここにはない。
これから、そのことをたっぷり思い知ることになるんだろう。
再会したときに人数が減っていなければいいんだが。
タイガと行動をともにすることとなったホモサピエンスの女の子は、一巻で見た時は凛々しい感じがしたけど、今回の表情はまだ子供っぽい感じがする。
いったい、いくつくらいなんだろう。
コミニケーションが取れるようにならないとそこらへん分からないけど、さすがにお互いの言葉がわかるようになるなんて難しいだろうしなぁ。

現在2巻続刊中

講談社コミックプラスの該当ページ
http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784065107928

2018年1月20日 (土)

ガンダムサンダーボルトのアニメを観てアレンジがいいと思ったこと

ガンダムサンダーボルトのアニメを見ました。
あれだけ原作漫画が好きなのに今まで見てなかったの?という感じですが、いや前に札幌のガンダムカフェで流れてて、まだ見てないから消してくれとは言えなくてねー。
その時に全体の3分の2くらいは見たと思うんですが、それでなんか観た気になっちゃって、今までずずっと引っ張ったと言うわけです。
ガンダムカフェみたいな店は話題作はある程度、観た上で行かないとこういう危険があるんですね。
まぁそれはさておき、原作の劇画調のあの絵の再現性が高くてやはりいいですね。
「ジャズが聴こえたら俺が来た合図だ!」も実際にジャズが流れていると没入感が変わってきます。
まあ、その一方でリビングヘッド師団の生き残りに拷問され殴られるイオの場面は顔面の変形度合いが原作漫画よりマイルドで暴力に対する規制の違いを思わせてくれますけどね。
全般的に思ったのは、連邦側主人公であるイオの印象をより悪くしているということ。
もともとジオン贔屓の原作ではありますが、それでもイオは誤解されている面も大きいと描写されていた。
それがアニメになると、イオの自分勝手なところが強調され、よりジオン側主人公のダリルを応援したくなっている。
短めの尺にまとめるためにそうしたのでしょうが、なかなか上手くいっていると感じました。
なんでも原作通りであればいいというものでもないのでしょうね。

2018年1月17日 (水)

「エロマンガ先生」には狂気が足りない

「エロマンガ先生」のアニメをひととおり観ました。
で、クオリティは高いんだけど何か物足りない、「俺妹」に比べて足りないのは何か、ということを考えた時。
狂気が足りないっていう結論に達した。
マサムネ先生とエロエロマンガ先生の兄妹カップルは普通すぎるんですね。
社会からの抑圧もなければ本人たちの葛藤もない。
兄妹ものってのは、背徳あってこそと思うわけです。
ここでヒロインが引きこもりという設定が足を引っ張ります。
だって、この環境じゃ誰もヒロインにお前はおかしいって言わない、言えないじゃないですか。
まぁ俺妹と同じ展開にするわけにもいかないんでしょうけど、何かやりようはあるはずです。
にこ先輩が出る前のラブライブを延々とやってる感じで、仲良しグループに緊張感がないんですよね。
ムラマサ先輩が好敵手兼憎まれ役として話をひきしめてくるかと思いきや、あっという間にデレデレですし。
こんなぬるま湯の中にいたら、そう遠くないうちに主人公はダメになってしまう気がするなぁ。
とは言えまあ、どのサブヒロインも魅力的ではあるし、メインストーリーなんかどうでもいいのかもしれません。
各サブヒロインの短編を順に見ていくと割り切れば、何の問題もないですからね。
とりあえず2期では書店の女の子のエピソードもお願いします。

2018年1月14日 (日)

マジンガーZ/INFINITY

強い強いぞ、マジンガー。
もともとマジンガーZは技の宝庫ですからね。
技が出終わったと思ったら、もう次の技の名前を叫んでいる。
ノンストップの快感です。
まぁ、もうちょっと通常のパンチやキックがあっても良かったかな、とは思いますけどね。
わたしスパロボはほとんどやってないんで、機械獣の知識はほとんどないんですよね。
敵のロボットの名前を覚えるようになったのはガンダムが最初で、それまでは毎回のやられ役のことなんてどうでもよかった。
その「どうでもいいやられ役」がディティールアップされたマジンガーの相手役として、当時のイメージそのままで大挙して登場すると逆に不気味で、サーカスのピエロが悪役をやるホラーもの的な無機質な恐怖、作業として淡々と殺戮する無慈悲さが強調される。
それに立ち向かうマジンガーのヒロイズムは否が応でも高揚するわけです。
マジンガーZの量産型「17式」もいいですね。
なんといってもモビルスーツのようなライフルが良い。
北斗の拳で武器を持ってる奴が無条件で二線級に見えるのと同じ効果を挙げています。
武器なんかに頼るなよっちい奴に見えるんですね。
量産型に求められる要素、主人公を差し置いて活躍しそうに見えない、をこういう方法で実現してきたか!とニヤリ。
それでいて、銃器があることで、地球が再度の脅威に対して無防備でなかったこと、軍隊がプロとして対応してきたことが視覚として伝わってくる。
この絶妙の17式の立ち位置があるからこそ、兜甲児のマジンガーZが救世主として立ち上がることに説得力が出るわけです。
ストーリーはまぁ普通です。
どこかで見たような展開&ここはこうなるんじゃないかと思ったらやっぱりそうなった、が多いんですが、マジンガーZに求めているものは戦闘関連でちゃんと見せてもらったんで文句はないです。

エンドロール後エピソード なし

公式サイト
http://www.mazinger-z.jp/sp/