Powered by Six Apart

ゲーム Feed

2017年5月23日 (火)

大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒険(3DS)

かなりボリュームのあった第5話が終了しとうとうクリア。
いやー長かったなあ、最終話。
もともとどのシリーズ作品でも最終話は長かったけど、尻上がり的にクオリティーが上がっていった本作の場合、最終話の印象がとても強い。
終わり良ければすべて良しという言葉がこれほど似合うとは、という感じで、第1〜2話であれほどシリーズでも最低レベルの出来だと腹を立てたことなどコロッと忘れてしまったのだった。
明治期の大英帝国を舞台にナルホドくんの御先祖様が活躍する本作。
共に逆転裁判のスピンオフである「レイトンvs逆転裁判」と対を成す競作と言っていい本作だが、シャーロック・ホームズがもう一人の主人公といっていいほど活躍するもので、「ホームズvs逆転裁判」とも言うべき内容となっている。
ただ、雰囲気は抜群にいいんだが、間口を広げてファンを増やそうとしたのか、全体的に難易度が低めに抑えてある。
そんなの作を重ねるごとにずっとそうだと言われればそうなんだが、低めにするにも限度があって、最初の1〜2話では低すぎてこっちを馬鹿にしてるのかと腹が立つほど。
例えるなら、大人も子供も楽しめるのがウリのディズニー映画でもたまに対象年齢3〜4歳くらいなのがあって流石にそれは観ていてイライラするのと同じ感じ。
だからやっと普段通りの難易度になってくる3話以降が本領発揮で、これは全5話という構成を考えると些かエンジンのかかるのが遅すぎに思える。
要するに疾走感がない。
例えばこの手のゲームの必要悪である「この時点でなんでこの行動が採れないんだろう」が目立つんだけど、それだってテンポさえよければ気にならないわけで。
それが最も如実に出たのが、証人Aに訊問している最中に、その内容に不満のある、或いはそれについて何か知ってる証人Bについて問い質すシステム。
証人Bが「…えっ?」などとわざわざ声に出してくれるのは便利すぎるのだが、これがなかったら逆に「正解そのものではないが限りなく正解に近い選択肢を選んだ時のリアクションがいつもと変わらないこと」に対するフラストレーションがたまりまくるだろうから、必要悪だと諦めが「ついてしまう」。
一度だけ声出しヒントがなかったことがあり、それが面白かったことを思うと、次回作以降での練り直しが望まれる。

公式サイト
http://www.capcom.co.jp/dai-gyakuten/

2017年5月19日 (金)

カルドセプトリボルト語りその15〜単色ブックに切り替える

ストーリーモードクリア!
ってことでいいのかな?
スタッフロールが流れたし一応のクリアではあるんでしょう。
クエスト「闇に潜む者」最終面ステージ25「世界は誰がために」。
ゼネス、サイク、クラネスとの四つ巴戦に連敗。
クリアを目前にしたこのザマにわたしは抜本的な対処を迫られていました。
以前にもあった「これと言った失敗もないのにジリジリと引き離される」パターンが続いていたんですよね。
前回の「壁」は思いきってデッキを軽くすることで対処できたが今度はどうすべきか。
そう思って盤面をよく見ると、狭いマップに4人(4柱?)のセプターがひしめいているものだから、2色デッキで連鎖を組んでいてもどっちつかずなんですよね。
それに積極的に侵略しなくても守りに徹して敵同士にだけ奪い奪われさせていた方が結局は抜きん出られるように見える。
ならば思い切って単色デッキを組んではどうか?
「いやー面倒くさいなあ。わざわざ新しいブックを作るなんてなあ。早く最終面をクリアしたいのになあ」と少しも面倒くさいとは思っていない様子でウキウキとクリーチャー、防具やや多めのブックを組むわたし。
最終面にして大きな方向転換です。
ブック名は「焚書とは笑止」
7文字あったら「!」をつけられたのですが、これは仕方がない。
危険な本として幾度となく業火に投じられたが焦げ目一つできず、書を恐れる無知な愚民を表紙に描かれた顔で大声で嘲笑する傲岸不遜なブック…。
そういうオリジナル設定を考えて己モチベーションを高めます。
さて大仰な書名に負けぬ威力を秘めているかどうか。
…と意気込んだら、このブックでの初陣がいきなりファイアーシフト3枚もあって天を仰いだのはご愛嬌。
これが非電源のカードゲームだったらテンの切り方が足らんぞ!と叫ぶところ。
ところでテンを切るって北海道弁なんですってね。
道理でどう漢字を当てはめるか分からない筈ですw
それはさておき、単色ゆえに色違いの土地に対応しなきゃならないから、ファイアーシフトに限らずマジカルリープもたくさん必要だし、もちろん火のクリーチャーも多め。
土地がほしいのにクリーチャーがいない、容易に侵略できるのに武器がない、といったカードの偏りに頻繁に苦しめられます。
運に左右される。
しかし、それだけでもないようで、俺「だけ」が拠点防衛に失敗することが相次いだ。
高みの見物を「する」ためのデッキなのに高みの見物を「される」側だよ!w
そこで、もともと多めだった防御アイテムをさらに多めになどの改良を加えます。
さらに単色にこだわらず無属性のクリーチャーを適度に加えます。
秘術で地形が違っても地形効果を与えるハイドビハインドに、属性持ちクリーチャーに強いミゴール、値段の割に強いティラノサウルスの無属性クリーチャーを加えることで地形が合わない状況にも対応できるようにしたことで、とうとうクリアとあいなったわけです。
対人で使うにはまだ運に頼る部分が大きいですが、狭いマップに大人数という条件下での単色デッキの強さに多いに手応えを感じたのでした。
それにしてもクリア後のやり込みモードは今や当たり前とは言え、クリア後に4つも新しいクエストが出現すると嬉しいよりもなんだかドッと疲れるんですがw
新クエストは無理にクリアすることもないかな。

公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/3ds/ay3j/

2017年5月 9日 (火)

New3DSLLの蓋があかない

…あきました。
あきまへんのう、嘘のタイトルつけなはったら。
New3DSLLの裏蓋がありますね。
その左右に凹みがあるんでそこに1円硬貨をねじ込んでパカッと開ける。
そうすればマイクロSDカードが抜き差しできるというわけです。
なんでわざわざ公式サイトにも書いてあることを書くかと言うと、GWの帰省中に蓋を開ける必要に迫られ、ネジを空転させながらドライバーを回すも空転して延々とあかない。
ネジがある以上はそこを回して蓋を開けるのだと思い込んでいたし、それが空転するということはネジ山を潰してしまったんではと不安で、なんであかないんだろう、あかないあかないとイライラしてきて、それがタイトル。
で、調べたらネジを回しても絶対にあかないことが分かったわけです。
紛らわしいですよね。
この蓋を開ける時って、マイクロSDカード関連が殆どで、大容量のカードへの入れ替えの時はいいんですが、今回のように急に「カードが認識できません」状態だととっとと直してすぐ続きを遊びたいから心に余裕がなくて、このネジは勘違いを誘発すると思うのでした。

2017年5月 6日 (土)

幻の未発売ゲームを追え!今明かされる発売中止の謎

読了。
タイトル通りの本なんですが、ゲーム雑誌やゲームの本を読む習慣をなくして久しいので、その感覚を取り戻した感じで、その意味でも楽しく読めた。
セガ系のゲームが多く、BEメガ、サタマガ、ドリマガを隅々まで読んできた俺にとっては馴染みのタイトルが多いというのを差し引いても、これら出なかったゲームをやってみたいと思わせてくれました。
中でもメガCD版の999はBEメガを愛読してた頃は全く期待していなかったのに、制作スタッフの熱い松本作品愛あふれるトークを聞いてると楽しそうに思えてくる。
やはり生の声を聞くというのは大切なことなんだな、と実感させられます。
前に読んだポケモン開発の本で、あのポケモンでさえ最初は開発資金を得るために他の仕事を優先せざるを得ず開発は何度も中断したことを思うと、この本で紹介されている開発難航のエピソードに対して責める気持ちは起きません。
ゲームは完成させてこそだ、なんてことは言われるまでもなく分かっている人たちの苦渋の決断が、むしろ伝わってくる。
世の中、いいかげんに作られたゲームは山ほどあります。つまらないゲームもたくさんある。
しかし、いいゲームを作ろうとしたがつまらなくなってしまったゲームについては悪く思えないでいました。
これからはいいゲームを作ろうとしたが完成しなかったゲームにも優しい気持ちになれそうです。

Amazonの該当ページ
https://www.amazon.co.jp/幻の未発売ゲームを追え-~今明かされる発売中止の謎~-天野譲二/dp/4198643806
(なんと徳間書店公式サイトにページがないのです)

2017年4月29日 (土)

大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒険- 第5話 語られない物語の冒険・探偵パート

バスカヴィル家の犬はホームズの中ではイチバン好き。
にもかかわらずここまでで一度も犬が登場しないんだが?
まあ、後半の法廷パートに期待するとしますか。
単純に前話の探偵パートがその1からその3までに分かれていたのに対し、今話ではその4まであったということもありますが、けっこう行ったり来たりが多かった。
まぁそれでも相変わらず難易度は低めなんですが、やっと逆転裁判らしいやり応えが出てきました。
今回の殊勲賞はあまりにもインパクトが強いエッグ氏でしょう。
カプコンのゲームにはJOJOっぽいキャラがよく出てきますが、このエッグ氏の場合、リアクションや表情がいちいちJOJOキャラっぽい。
格闘ゲームでは使えない表情やポーズも多くて、カプコンJOJOイズムの新境地を開いたのではないかな。
ベーカー街のホームズの事務所の2階に弁護士事務所を構えた成歩堂。
そのことで倫敦での留学生生活が具体的に描かれ、プレイヤーとしても倫敦に愛着が生まれてきました。
質屋が庶民向け金融機関として成立している描写も面白い。
…でも、いつものボリュームからすると、そろそろ終わりそうなんだよな。
ある別れも物語をいったん終わらせるためという気がするし。
区切りはついても事件の背景にあるものは謎だらけなんだしちょっと不安。

公式サイト
http://www.capcom.co.jp/dai-gyakuten/

2017年4月25日 (火)

ポケモンサンムーン語りその10〜レベル上げを忘れる愚

苦戦しました。
レベルを上げてなかったんで苦戦しました。
シェードジャングルのマオの試練の「ぬしポケモン」に大苦戦。
その理由は明らかです。
思えばこの連続エントリーを書き始めて、新ゲットポケモンにどういう名前をつけたか記述がないのは初めて。
つまりシェードジャングルに至る道中に出るポケモンが既出のものばかりだった。
新ポケモンは2体ずつゲットするという目標でここまで来て、これまではそのポケモンゲットのための徘徊でレベルも上がっていたのですが、その調子でサクサク進んでたら結果としてろくにレベルを上げてなかったんですね。
一応、属性は(ポケモンセンターの中に教えてくれる人がいたし)意識してチームを組んだんですが、どいつもこいつも明らかにレベル不足でぬしポケモンたるラランテスには及ばない。
なんとか対抗できる唯一の頼みの綱は姪に貰ったLv38のオドリドリのみなんですが、こいつがラランテスの召喚するケララッパにやたら弱いときた。
ケララッパがいる限りオドリドリは場に出せない。
そこで実力不足のポケモン達でなんとかケララッパを倒し、残ったラランテスがまた直ぐに召喚しませんようにと祈りながら満を持してオドリドリを出したら今度は一撃で倒せたのでした。
レベルをあげるという当たり前のことでも、場合によっては何時の間にか頭からスッポリと抜けていることがある。
気をつけなきゃいけませんなあ。

公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/

2017年4月23日 (日)

ポケモンサンムーン語りその9〜漫画のノリをRPGに

4ヶ月ぶりにポケモンを再開。
ヴェラ火山公園のホノオZの試練は本来ならあっという間に解ける短いものなんだけど、すっかり行き先を忘れてて余計に時間がかかってしまいました。
新登場ポケモンも3種類のみ。
カラカラにはふしぎじゅう
ヤトウモリにはダークシノビ
ブビィにはトラップ
名前付けも割と安易に終わらせます。
ブビィの「ほのおのうず」はサンムーンの下手をしたら無限に仲間を呼ばれかねないシステムと凶悪なハーモニーを奏でますね。
炎の渦に囲まれたポケモンは死にそうになっても戻すことができない。
一線級を場に出しているならいいのですが、育成のための二線級だとジワジワと削られてバタンキューです。
これってジャンプ系バトル漫画から思いついたんじゃないですかね。
主人公がライバルに追い詰められ絶体絶命だが、炎に邪魔されて助けにいけない仲間が悲痛な叫びをあげる。
「駄目だ!これでは奴を助けに行けない!」
そんな場面が目に浮かぶようです。
そもそもRPGの基本システムのひとつである「ヒットポイント」だって、漫画の(先祖である大衆小説の)ヒーローが倒れてもまた立ち上がるシチュエーションをルールで再現したいという欲求が生んだ(だよね?)わけで、これぞ由緒正しいゲームデザイン手法と家魔将。
それにしても某キタキタおやじっぽいネタキャラには苦笑w
こういうノリの時にポケモンは子供向けに作られていることをヒシヒシと感じます。

公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/

2017年4月18日 (火)

ルンペルシュティルツキン

4/18のラジオ英会話に出てきたRumpelstiltskinはドイツの民話に出てくる妖精なのだとか。
知らなかった。
ゲームに登場しないと何も分からない俺だ。
所詮、俺のファンタジー知識はTRPGにどっぷりはまってた頃に調べまくり読みまくったもので、大いに偏っている。
だが、それは俺だけではないだろう。
だから、テキストブック4月号の訳に「日本ではルンペルシュティルツキンでおなじみ」とあるが、そんなに有名ではないはずだ。
おそらくグリム童話が好きな人にとっては常識なのだろうが…。
なんでゲームに全く登場しないのだろう?
我が国のファンタジー人口はドラクエで爆発的に広がったから、ファンタジーのガジェットとして採り入れられるのは戦闘が中心。
戦闘に関係する「ゲームに登場させやすい」怪物ならどんなマイナーなのでも引っ張り出してくるのに、そうでない生物、例えばサテュロスが登場するCRPGは殆どない(メルヘンヴェールくらい?)ほどだ。
日常生活に関する部分は作り込んでも面白いと思ってもらえないという判断だろうか。
あと、単純に字数制限。
長い名前は狭いテキストウィンドウの中で悪目立ちするし、忌避されるのだろう。
そういうわけでルンペルシュティルツキン爺さんがCRPGに登場することはしばらくあるまい。
(もしかしてすでに登場していて俺が知らないだけかもしらないが)
戦闘に関係せず長い名前だとゲームのキャラとして世俗化されず幻想の存在であり続けるというわけだ。

2017年4月15日 (土)

大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒険- 第4話 吾輩と霧の夜の冒険・法廷パート

えーと、わたしも書痴の端くれなんで言わせてもらいますと、古本屋で3冊の本を買った人が4冊の本を持ってたとしても全く不思議はないと思いますよ。
だって常時、何冊か持ち歩いてますよね?本好きなら。
わたしはたいてい2冊は携行しています。読書中のと、それが読み終わったら次に読むのと。
…とこんな感じでツッコミどころが多い法廷でした。
後になってよく考えてみると…で出てくるなら別にいいんですが、その場ですぐに「おい!」と思ってしまうのはちょっとなぁ…。
とは言え、3話からかかり始めて4話で本格始動を始めたエンジンは好調。
推理ゲームとしての難易度は低めでも、19世紀の英国情緒を味わうアドベンチャーとしては十分すぎる出来です。
まぁ、ゴージャス・アイリンかよwとか、BGMがカルドセプト(SS)のフィールド曲っぽくて緊張感が…とか、呵々大笑の意味が違うんではとか、雰囲気面でもツッコミはしてしまうのですけど、ナルホドくんが英国留学生ってことで留学生繋がりで出てくる漱石だけでも存在感ありまくり。
あのヒゲは反則ですよw
複数の陪審員が出てくるシステムもゲーム性以上に世界観の構築に寄与しています。
なんかこのまま雰囲気ゲーとして最後まで満足できる気がしてきました。

公式サイト
http://www.capcom.co.jp/dai-gyakuten/

2017年4月11日 (火)

カルドセプトリボルト語りその14〜相搏つ!盾vs盾

そろそろクリアかな?
カルドセプトリボルト(3DS)。
ちょうど伯爵とゼネスとの三つ巴に勝利したところ。
伯爵のデッキはバランスが悪くて序盤でクリーチャーが全くないことも少なくないので、思ったより強くない。
とは言え嫌らしい組み合わせもあって、それへの対処は欠かせない。
彼奴の守りはHP+60のダイヤアーマーに通常攻撃無効のマグマシールド。
二属性盾自体はさんざん苦労させられ慣れたこともあって以前ほど絶望的な気分にはならないが、同じブックにデスサイズがいると厄介だ。
ST70HP10という極端なST偏重でマジックミサイルはおろかエルフアーチャーの秘術ですら倒されるこの貧弱なカマキリくんの弱点をこの盾はかなりの程度、補うのだから。
その脅威に今日は2度も晒された。
奪われたくない土地の横に配置される彼奴のデスサイズ。
もちろん殺られる前に殺るしかない。
何せHP10しかないのだから奴がダウン状態から回復して動けるようになるまでにいくらでもやりようはある筈だ。
しかし、そういう時に限って奴は二属性盾を持っているのである。
さて、どうするか。
魔法攻撃してもいいが得てして肝心の時に持っていない。
それはスペルによるマップ攻撃も同じでカードの引きに左右される。
だから一番確実なのは、盾を使わせる為の「勝てなくてもいい」侵略を繰り返すことだ。
だが、そのためにせっかく配置したクリーチャーが死ぬのは嫌だ。
アイテムを使わせるための移動侵略で死者が出るほど馬鹿馬鹿しいことはない。
しかし、マグマシールドでこちらの攻撃に耐え、返す刀のST70。これに耐えられるクリーチャーは少ない。
そこでこっちもマグマシールド。
もともと盾を使わせてかつ死ななければ成功なのだ。
それで別方向からの侵略に繋げられる。
双方ともにマグマシールドという光景がさっきの試合では2回も展開されて、まるでジャンプのバトル漫画の「何ぃぃ!?どっちも全くの無傷だ!」のようで燃えた。
カキーン!とかいうSEでも鳴ればもっといいのだがw
マグマシールド相手に落ち着いて対処できるようになったのは我ながらいいことだと思うのだ。

公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/3ds/ay3j/