Powered by Six Apart

美容・健康・ダイエット Feed

2012年12月26日 (水)

筋力あってのダイエット

うーむ、10月の頭からジムに通い始めて3ヶ月も経つというのに、いっこうにウェストが引っ込まないぞ。
ちゃんと測ったわけではないけれど、スキーウェアを買いに行って下がいつもと同じサイズしか履けなくてショックだったんで、こりゃあまだダイエットの効果が出てないな、と。
サボっているわけではないと思います。
10月こそ14回しか行けなかったものの、10月後半から習慣づけることに成功して、それからはだいたい週に4〜6回は通ってますから、十分な運動は行えているはず。
これはやはり、元々の筋力がなさすぎたんで未だ筋肉がつくべき期間が終わってないということなんでしょうか。
トレーナーの先生は、最初にメニューを組み立ててくれている時に、こう言いました。
ー最低でも3ヶ月は続けないとお腹は引っ込みません。筋肉がついて基礎代謝が上がって初めて脂肪が燃えてきます。
と言うことは、人によって必要な最低限度の筋肉がつくまでの期間には差異があるということなのかと思えます。
素人判断なんで、ちゃんと聞いてみないと分かりませんけどね。
ただ、筋力がついていってるのが楽しくて続けていく分のモチベーションに何の不足もないのは救いかな。
マシンに取り付けるウェイトがどんどん重くなっていって自分育成シミュレーション面白い!状態です。
現在のメニューは、
エアロバイク20分
チェストプレス45kg×12回×3セット
ロータリートーソー27.2kg×10回×左右×3セット
ショルダープレス45kg×12回×3セット
プルオーバー65kg×12回×3セット
ローワーバック103.4kg×12回×3セット
アビドミナル76.2kg×12回×3セット
クロストレーナー30分
と行ったところ。
3ヶ月前に比べるとウェイトが1.5〜2倍くらいになりました。
最初がどれだけ貧弱だったんだって話ですがw
もう、これが楽しくてね。
この成果がウェスト周りに生きてくるのが待ち遠しいなぁ。
正月太りしないように気をつけねば。

2012年10月16日 (火)

首から上は不健康

バイクを漕ぎながら本を読むかテレビを見るか。
人によってそれぞれだろうが、少なくとも何もしないということは考えられない。
ただ漕ぐだけの有酸素運動は辛いものがあるが、何かしながらなら何時の間にか過ぎ去っている時間だからだ。
半月ほど前からダイエットのためにジムに通っている。
筋トレの前後に有酸素運動ということでバイクを漕ぐのだが、バイクを漕いでいる間の暇つぶしは重要だ。
俺は専ら本を読んでいる。
バイクのメーターの後ろにペットボトルの入るポケットが、手前には文庫本を広げたまま固定できるポケットがそれぞれ設けられているのだから、トレーニングマシンを作る側もそれを想定しているのだろう。
このポケットは平べったいものを入れるのに便利だ。
ipadを入れて動画を観ながらトレーニングしている人もいる。
ポータブルDVDプレイヤーだと分厚すぎて入らないが、ipadなら問題ないから、たまっている動画を消化するにもいい。
で、思った。
だったらゲームでもいいよな。
3DSLLなら文庫本とほぼ同じ大きさだから見開きの縦置きにすれば収まるし、アクション性のないゲーム、特にテキストを読む時間の長いアドベンチャーゲームなら問題なくプレイできるはず。
WiiFitPLUSのながら踏み台昇降をしながらゲームをプレイしていた経験から、体が単調な動きをしながらのアドベンチャーゲームのプレイ感覚がそう悪くないことは知っていて、それと同じことだろうから。
そのうち何かで試してみようと思う。
でも、読書でも有酸素運動が佳境に入ってきて疲れてくるとふっと意識が途切れてどこまで読んだか分からなくなることもあるし、バックログが読めないタイプのアドベンチャーは避けるべきかも。

2012年6月 8日 (金)

痰を吐けない苦しみ

今日はちょっと汚い話。
風邪をひいてました。
もともと風邪は重症化することが多いわたしですが、今回はほとほと参った。
症状自体は、身体を折り曲げなきゃならんほどの断続的な咳とか、ティッシュを頻繁に何箱も使うことになる鼻水とか、嫌な濃い色の痰が絡んで何度もベッドと洗面台を行き来しなきゃならんとか、まぁ、ありきたりのものなんですが、わたしの場合、痰を吐くのがヘタクソというのが致命的。
まぁ、今はそれほどでもないんですが、それでも明らかにドロリと奥の方にある痰が、ベッドに横になることでやっと喉の上の方まで上がってきて、急いで洗面台に駆け込んだのに上手く吐けずに、またドロリと滑り落ちていくってのは不快以外の何者でもない。
それで風邪も長引きますしね。
ジスロマックとかいうウィルスの増殖を抑えてくれる薬を処方してくれたんでそれを飲んだら、かなりよくなったんでよかったよかった。
それにしても、洗面台で自分が吐いた痰を見るたびに思い出します。
昔は痰が吐けなくて本当に苦労したなぁ、と。
お年寄りの話じゃないです。
生まれてから約10年ほど前に蓄膿症が治る前まで、わたしは自力で痰が吐けなかった。
わたしにとって痰とは、長い我慢の末に何時の間にか消えているものだった。
同じ痰が延々と喉の奥に居座り続ける気持ち悪さと辛さ。
これは体験したことのない人には分かりますまい。
親も分かってくれませんでしたしね。
なんでできないんだって言われても、できないものはできなかった。
ひどい時なんか、1ヶ月以上も出なかったことがある。
分かりますか。
朝になって痰が上がってきている、よし今日こそはと急いで洗面台に走ってゲーゲーやるも叶わず今日もダメだったかと落胆する毎日が。
あまりの辛さに耐えかねて、何とか機械か何かで吸い取ってもらえないかと縋る気持ちで地元の総合病院に駆け込んだこともあります。
でも、本気にしてもらえず、医者にコツがあるんですとか言われてお茶を濁された。
吸い取ってください、ここにその機械がないならある病院を教えてくださいって、ちゃんとダイレクトに言ったのに。
ただ、お為ごかしを聞かされただけだった。
絶望的な気分になって、病室の廊下に出てから怒鳴り散らかした。
看護婦が遠巻きにこちらを見ていたけど、あれも腹が立ったなぁ。
今で言うモンスターペイシェントだとでも思っていたのでしょう。
まぁ、そのボケ医師のツラも忘れてしまったし、もうどうでもいいですが、患者の言うことを適当に軽く流す医師はいるということですね。
そんなこともあったんで、もう2度と風邪はひきたくない。
今度こそは乾布摩擦の習慣を身につけるんだ!

2012年5月31日 (木)

ソイジョイ

最近、SOYJOYのよさをあらためて実感しています。
SOYJOYは大塚製薬から出ている軽食用大豆バーで、形状はペロリーメイトに似ています。
競合商品が出てきたからですかね。
ちょいモグやフルーツタルトスティックなんかも食べてみましたが、
ちょいモグは齧るとボロボロと崩れるから、SOYJOYみたいに朝のニュースを観たり着替えをしながらモグモグやるには向いていませんし、フルーツタルトスティックはそれよりはマシですが、しっとり感が足りない。
もともとわたしは1日1本、毎朝のようにSOYJOYを食べています。
ヘビーユーザーです。
だから慣れた味に点数が甘くなるのかも知れませんが、要はSOYJOYが敢えて捨てている要素をどうしても盛り込んでしまう競合製品ゆえの宿命と言ったところなのでしょう。
わたしはSOYJOYをとても美味いなどとは思いません。
しかし飽きない味ではあるし、少なくとも不味いわけではない。
前にも何度か書いた1日に必ず茸・野菜・海藻・果物そして大豆の5品目を摂る健康食事法のために最低限の大豆を朝のうちに食べておきたい、それを休まず続けられるには十分すぎる味。
それに、体調によってはやけに旨く感じることもある。
しっとりした食感は飲みもの要らずだし、朝の忙しい時に生じるちょっとした隙間の時間にピタリはまるわけです。
メインの朝食の他に茸と海藻の味噌汁とSOYJOYとフルーツゼリーを食べれば、既に4品目をクリアして後は野菜だけですから実に重宝。
大豆を摂るという明確な目的があるならぴったりな補助食品だと思います。
…ああ、褒めてばかりいるとステマを疑う人も出てくる昨今ですから、少しくらい難点も挙げないといけませんか。
今や10種類もの味が出ているSOYJOY。
10種類を1本ずつ買うと、レジ打ちの人がバーコードを読み取らせるのがいつも大変そうです。
10本パックがあるといいんですけどね。
…あ、これも間接的に褒めてる?

2012年2月28日 (火)

茸・海草・大豆・野菜・果物

素晴らしい。
2ヶ月、続きました。
そして、これからも続けられるでしょう。
ズボラなわたしでも続いてるんですから、これはギリギリのラインと言えます。
実際、よく言われる毎日30品目とか数えきれないし、そもそもメモを取るのが嫌いで、必ず三日坊主になると胸を張って言える。
ビタミンとか栄養素の知識はチンプンカンプンで、左の耳から入ってきても右の耳から抜けていく。
そんな人にぴったりなのが、この5品目です。
バランスの取れた食生活ということで、毎日、この5つを必ず摂れと医者に言われて、それならできそうだと始めたらちょうどよかった。
メモを取らなくても忘れない数であることと割と達成が簡単であることで続けられるし、ストレスもたまらない。
おかげさまで体調もよく快便です。
コツとしては、新鮮なものにこだわったり買い忘れたりすると続けられなくなるので、日頃から日持ちのするものを買い置くこと。
茸と海草は味噌汁で摂れますが、この2つは買い置きの効くものが多い。
海草はワカメ・布海苔・がごめ昆布・とろろ昆布など。
茸は大抵は冷凍が効きますが、乾燥キクラゲも便利。
果物と野菜は本当なら新鮮なものがいいですが、これも買い忘れ対策に野菜スープや果物ゼリーのストックがあるといい。
そして大豆はソイジョイをドッサリ買い込んでます。
何10本、食ったことやらw
味が気にならない人なら、ソイプロテインもいいかも知れませんね。
栄養を気にするようになると、考えすぎから生活がギスギスしてしまう人も多いと思います。
この5品目を楽しく食べて、後はある程度、ルーズにいく。
何事も余裕が必要ということでしょうか。


2011年6月 9日 (木)

天然の濾過装置

汚い話で申し訳ないですが。
夜中に鼻がむずむずしてふと目を覚ましたら、ごっそりハナクソがたまってて、枕元のティッシュに手を伸ばす。
ということが3回ほど続いたので、もしかして最近、掃除をサボってて空気が汚れてるからか?
とばかりに気合いを入れて掃除したら、劇的に状況が改善いたはしました。
人間の体ってすごいですよね。
鼻毛の伸びるスピードのことは知ってましたが、粘液の分泌量にまで影響するのか…。