Powered by Six Apart

映画 Feed

2018年3月22日 (木)

トウキョウ・リビングデッド・アイドル

ゾンビに噛まれたアイドルが解毒剤を求めて東京をさまよう。
発症までのタイムリミットは72時間!
夕張の映画祭で見てきました。
ゾンビ化待ったなしのアイドル・神谷ミクを演じた主演の浅川梨奈ちゃんはかなり有名な子なんですね。
そういえばヤンマガやヤンジャンなんかのグラビアによく出てきてます。
で、舞台挨拶で実物を拝見したんですが、小柄で可愛らしい子で、グラビアのセクシーな感じと、劇中のパワフルな感じとも違って、そのギャップが楽しい。
引き出しの多い子なのかなと思いました。
ミクとコンビを組む私立探偵が最初は依頼を断りながらも結局は助ける場面にも説得力がありました。
アクションとしてはゾンビハンターの如月を演じた星守紗凪が、その凄絶な剣技や体術で完全に食ってしまってるのはどうかと思いましたが、そこは割り切って、もう1人のヒロインとして楽しんだほうが良いでしょう。
2人組の刑事にゾンビのたまり場の廃屋の場所を聞いて冷たく「殲滅する」とつぶやき、次々と斬り捨てていく姿は美しい。
そんな彼女が普通の女の子の顔に戻るときのギャップもたまりません。
あ、さっきもギャップって言いましたね。
ギャップを楽しむ映画なのかもしれません。
うまいなと思ったのは、細かい設定を劇中で全て生かしきるだけの尺はないことをわかった上で、それがうまくフレーバーとして世界に最低限の奥行きを与えていること。
ゾンビウィルス感染者の人権を認めないカルト的なゾンビハンター組織があったり、それが政府と結託してゾンビ関係の軍事利用まで研究していたり、ゾンビウィルスのワクチンはすでにできているのにゾンビ狩りをこれからも楽しむために隠していたり。
そういう細かい設定は得てして消化不良になるものなのに、なっていなかったんだから大したものです。
所々で「なんじゃそりゃw」とツッコんでしまうギャグというか脱力展開があるんですが、話がシリアスになりすぎないように敢えてやってる感が濃厚で、テンポは重視するもののテンポを殺さない範囲で背景世界の説得力も忘れない、そんなしっかりした映画だと思います。

公式サイト
http://movie-tldi.com

2018年3月20日 (火)

夕張国際ファンタスティック映画祭2018

規模を縮小して行われた2018年の夕張映画祭。
わたしが参加したのは3/16PMから3/17。
観たのは、長編だけでも、トウキョウ・リビングデッド・アイドル、スモーキング・エイリアンズ、キュクロプス、パズル、穴を掘る、ナナちゃんOh mein GOTTしよ、精霊カフェの7作品。
短編が、「HKT48×48人の映画監督たち」から9作品を含む17作品。
意外と疲れなかったのは、冒頭で述べたように会場がコンパクトにまとまっていたからでしょうね。
かつてのメイン会場、アディーレ会館がなくなってから、どういう形で行うべきなのか運営側は模索してたように思います。
去年はひまわりとシューパロの2カ所で、この2カ所は離れていることから20分間隔のシャトルバスを運行。
しかし移動は結構めんどくさいんですよね。
私も去年はシューパロから動きませんでしたから。
多分、私のような人が多かったのでしょう。
今年はひまわり1カ所となりました。
招待作品の上映と言うことを考えると、シューパロにはそれだけの広さの部屋はありませんからね。
でも、ひまわりのみと言うことになると、スクリーンの数はたったの3つにならざるを得ない。
スクリーンが5つあった時代を覚えているこちらからすると寂しいものがありますが仕方ないのでしょうね。
まぁ私は映画のジャンルにこだわらない雑食ですから、途切れることなく山ほど映画を見ることができますが、そうじゃない人は物足りなかったかもしれませんね。
さて私のお気に入りは、長編の中ならエネルギッシュな「穴を掘る」、短編ならHKT48ムービーの中の「黒猫は空中を見る」ですね。スマホのカメラの顔認証をテーマにしたホラーで、着信アリに通ずるものがあります。このアイディアは膨らませて長編にできそうです。

2018年3月12日 (月)

北の桜守

とりあえずソ連◯ね。
あ、すいません。とっくの昔に◯んでましたね。
樺太から引き上げた母子が塗炭の苦しみを。
貧しいだけでも苦しいのに、母・てつには強烈な罪の意識があり、1人の人間として幸せを追い求めることすら拒絶する。
我が子・修二郎も遠ざける。
罪の意識は多かれ少なかれ人を縛るが、彼女のそれはあまりにも大きすぎ、それを受け止め向き合うには人生の全てを投げ打たねばならなかった。
自分に全く非のない悲しい出来事であっても。
許されない罪。何より自分で自分が許せない。でも許されなければ生きていけない。
これはそんな罰する他者とてない、故に自分と言う最も巨大な存在から責められる苦しみを描く締め付けられるような作品である。
多くの人間はこんな苦しみには耐えられない。
子供時代に修二郎に酷い虐めをした悪ガキが、大人になってなれなれしく金を借りに来る場面があるが、これなど良い対比だ。
あんな男でも「ゆるされたい」と思っており、それがああいう無神経な態度になってあらわれる。
修二郎が自分を許していると決めつけ思い込み、罪と対峙することから逃げているのだ。
それに対しててつの生き方はストイックに過ぎるし、それが修二郎と母の長い断絶にもつながっていたのだろう。
だから、再会後の2人の旅は、罪と許しの実感を得るための旅だ。
一見、母の愛や親孝行を描いているように見えて、実に重苦しくしかし心を打つ。
構成も上手い。
観客は皆ずっと「あの人はどうなったんだろう」と思い歯に何かが挟まったような「いずさ」を感じながら現在の母子の姿を追うのだが、抜群のタイミングで事実がわかる。
そこから物語は大きく加速する。
舞台は1970年代だ。
道民として北海道を舞台にした映画だからと言って、それだけで高く評価したりはしない(※実際、前作「北のカナリアたち」は好きじゃない)が、一定のレベルさえ超えてくれれば、まあ、評価は下駄を履く。
修二郎がホットドッグ屋を開く1970年代の狸小路はなかなかいい雰囲気を出してると感じた。
地元を舞台にした映画は少しでもアラがあると目立つものだが、これなら十分だろう。
いわば狸小路3丁目の夕日である。
JR北海道が協力していると言うことで、列車での旅は当時の車両のようだが、流れる車窓はCGだ。
ここがちょっと不自然なのは気になった。
また、舞台の上で演技する場面が要所要所で挟まれるが、人生は演劇のようなものだ、なんて深い考えはなく、単に予算が足りないように感じてしまうのは、ちょっと冷めてしまって残念。
大物俳優だらけで、そこまで予算が回らなかったのかな。

エンドロール後エピソード なし

公式サイト
http://www.kitanosakuramori.jp/sp/index.html

2018年3月 8日 (木)

グレイテスト・ショーマン

「ヘアスプレー」でとても格好よかったザック・エフロンの姿が(脇役ですけど)また見られてしかもミュージカルだってんでハズレなしと思っていましたが、楽しい映画でしたね。
と、好きな俳優の脇役の話から入ってしまいましたが、主役はバーナム。
アメリカにショービジネスを誕生させた興行師。
天性の愛嬌を持った、人を笑わせ楽しませるために生まれたような男。
とは言え流石に、現実の彼は歌って踊りながら奥さんや団員やビジネスパートナーを魅了してきたわけではないでしょうが、そんな事は小さなこと。
アメリカンドリームかくあるべしというバーナムの行動力と魅力は、ミュージカルの形で表現するといっそうプリミティブに眼前に迫り来るのでした。
興味深かったのが、バーナムが無一文になるきっかけとなった歌姫・リンドとのトラブル。
貧しい境遇から世界のトップレベルにのし上がった彼女にとって、似たような境遇のバーナムはまさに運命の相手と思えたんだけど、愛妻家のバーナムに首を縦に振らせることはできない。
だから彼女がバーナムに向けた「あなたは人を大切にしない」的なセリフは身勝手この上ない上にとんちんかんなわけなんだけど、リンドが知る由もないバーナムとサーカス団員との一時的に冷え切った関係については当っている。
リンドは自分とバーナムのことを言ってるのに、バーナムはもっと広い範囲の事と捉えている。
つい口から出た言葉ってのは、意外と本質をついてることがあるんですよね。
でも直後の火事で真っ先に従業員のことを心配するバーナムですから、これも半分しか当っていない。
互いに感情的になって客観的に見ると会話が成立してないんだけど、本人同士の間では会話とは別のレイヤーで意思の交換ができているって、現実ではよくあるんだけど、わかりやすさを求められる娯楽作品でこういう深い描写が見られるとは、良いアクセントでした。

エンドロール後エピソード なし

公式サイト
http://www.foxmovies-jp.com/greatest-showman/sp/#/boards/showman

2018年3月 3日 (土)

ブラックパンサー

オーバーテクノロジーで外界より遮断されたアフリカの小国。
国を奪われた若き王が祖国奪還に立ち上がる。
なるほどこれは面白い。
その若き王の力がアメコミヒーロー的なのであって、アメコミヒーローと言うよりもっと一般的な娯楽活劇に感じた。
なんといっても新鮮なのが、アフリカに欧米と同等あるいはそれ以上の近代都市国家があったとしたら、というIFの世界を描いていると言う事。
スチームパンク、サイバーパンクと並んでブラックパンクとでも呼ぼうか。
日本のラノベやSF、はたまたハリウッド映画にも、サムライやニンジャが未来のハイテク装備を駆使するキャラクター造形のパターンがあるが、それのアフリカ版で、古来よりの由緒正しい部族の戦士がビーム兵器やバリアーで戦いあうのを見ていると純粋に痛快だ。
しかもその未来戦闘要素はあくまで本来の魅力を彩るに過ぎず、肉弾戦が大変な迫力だ。
そもそも王になるには超常の力に頼らずに己の力を示す必要があるのだが、そのシーンの迫力ときたら!
対戦相手のエムバクも堂々たる戦士で、こいつは好感の持てる奴だ、きっと良い仲間になるに違いない、と思わせてくれる。
一方、同じ挑戦者でも悪い奴は、どれだけ彼に彼なりの事情があろうと、また戦いぶりが立派であろうと、こいつには人を束ねる資格がないと思わせてくれる。
戦いを通じて主人公やライバルの人となりを見せてくれるので、展開はスムーズで納得のいくものだ。
ただその反面、スーツを着てブラックパンサーになった後の戦闘には物足りなさも残る。
ブラックパンサーの名に反して豹のような身のこなしを見せるわけでもない。
それは敵の攻撃を吸収して衝撃波に変換して弾き飛ばすというスーツの能力ゆえにどうしても敵の攻撃を食らう描写を多くしなければならない事の反映でもあるんだけど、その肝心の衝撃波の使い方がワンパターンすぎるから、だったら素直にスピード系の描写をすればよかったのにと思ってしまうのがなあ…。
そこら辺はアベンジャーズに合流した後でスピード系のキャラになるのかな?

エンドロール後エピソード あり

公式サイト
http://marvel.disney.co.jp/movie/blackpanther.html

2018年2月24日 (土)

ジオストーム

ストーリーの都合上どうしても必要だったってのはあるけど、NASAにスペースシャトルがずらりと並んでいる絵面には興奮するものがあるね。
現実にはありえない光景だけど、すごくロマンがある。
大災害の原因が「狂ったコンピューターが人類を粛清する」的な物じゃなかったのも好感が持てるし、複数の家族関係が登場しながらあくまで兄弟の物語を軸に据えているのもわかりやすくて良い。
宇宙ステーション関連のビジュアルワークが素直に楽しめるのはいいですね。
ただ…それ以外のメイン部分はまぁ普通かな。
全世界を襲う天変地異は今や映画じゃ見慣れた風景だし、アラテンの娘を残して必ず帰ってくるよと宇宙に旅立つ父親も既視感ありまくりです。
誰を信じて誰を疑うかの判断基準が個人的な印象でしかなかったり、原因を取り除いたらすぐに鎮まる大災害の嘘くささには頭を抱えるばかり。
後、肩書を出した時点でああこの人は敵じゃないよな、と分かっちゃう。
しかも、すごくメタな理由で。
ところどころ雑な部分が目立つのはちょっと残念なのです。

エンドロール後エピソード なし

公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/geostorm/sp/

2018年1月14日 (日)

マジンガーZ/INFINITY

強い強いぞ、マジンガー。
もともとマジンガーZは技の宝庫ですからね。
技が出終わったと思ったら、もう次の技の名前を叫んでいる。
ノンストップの快感です。
まぁ、もうちょっと通常のパンチやキックがあっても良かったかな、とは思いますけどね。
わたしスパロボはほとんどやってないんで、機械獣の知識はほとんどないんですよね。
敵のロボットの名前を覚えるようになったのはガンダムが最初で、それまでは毎回のやられ役のことなんてどうでもよかった。
その「どうでもいいやられ役」がディティールアップされたマジンガーの相手役として、当時のイメージそのままで大挙して登場すると逆に不気味で、サーカスのピエロが悪役をやるホラーもの的な無機質な恐怖、作業として淡々と殺戮する無慈悲さが強調される。
それに立ち向かうマジンガーのヒロイズムは否が応でも高揚するわけです。
マジンガーZの量産型「17式」もいいですね。
なんといってもモビルスーツのようなライフルが良い。
北斗の拳で武器を持ってる奴が無条件で二線級に見えるのと同じ効果を挙げています。
武器なんかに頼るなよっちい奴に見えるんですね。
量産型に求められる要素、主人公を差し置いて活躍しそうに見えない、をこういう方法で実現してきたか!とニヤリ。
それでいて、銃器があることで、地球が再度の脅威に対して無防備でなかったこと、軍隊がプロとして対応してきたことが視覚として伝わってくる。
この絶妙の17式の立ち位置があるからこそ、兜甲児のマジンガーZが救世主として立ち上がることに説得力が出るわけです。
ストーリーはまぁ普通です。
どこかで見たような展開&ここはこうなるんじゃないかと思ったらやっぱりそうなった、が多いんですが、マジンガーZに求めているものは戦闘関連でちゃんと見せてもらったんで文句はないです。

エンドロール後エピソード なし

公式サイト
http://www.mazinger-z.jp/sp/

2018年1月13日 (土)

キングスマン:ゴールデン・サークル

これ面白いですね、いい意味でバカみたいで。
イギリスの映画なのにまるでインド映画みたいです。
こちらもいい意味で。
007のようなサンダーバードのような。
英国趣味あふれるスタイリッシュさは常に流れているユーモアのおかげで嫌味がない。
残酷描写すらコメディーの衣で包んでしまいます。
ラスボスだったり獅子心中の虫だったりには自分なりの主張があったりするんだけど、それはそれで話をきくけどまあ悪党だし死体になってもらうことに変わりは無い。
そういう痛快さもあります。
しばらく挽き肉が食べられたくないかもしれませんがw
個人的に気に入ったのは仲間の鞭使いのアクション。
ゲームで戦闘用の武器として鞭が出てくるのはあまり好きじゃなくて、それは相手の攻撃を薙ぎ払ったり受け止めたりできるわけないだろ、という認識があるからなんだけど、この映画における奇想天外な鞭アクションでなら、十分に攻守双方レンジの長短に対応できる「戦場の武器」たり得ます。

エンドロール後エピソード なし

公式サイト
http://www.foxmovies-jp.com/kingsman/sp/

2017年12月29日 (金)

2017映画ベスト3

たぶん、今年はあまり映画を観てないだろうな、と思って、2017公開の映画をリストアップして見ると…

ドクター・ストレンジ
相棒劇場版IV首都クライシス人質は50万人!特命係最後の決断
はらはらなのか。
ヴァンパイアナイト
レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮
モアナと伝説の海
映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険
SING
キングコング:髑髏島の巨神
映画「クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ」
劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター) 』
ワイルド・スピード アイスブレイク
劇場版ソードアート・オンライン・オーディナル・スケール
人生フルーツ
LOGAN ローガン
花戦さ
美女と野獣(実写映画)
メアリと魔女の花
劇場版ポケットモンスター キミに決めた
スター・ウォーズ/最後のジェダイ
生きとし生けるもの
ローガン・ラッキー
探偵はBARにいる3
沈黙 サイレンス
ジャスティス・リーグ
ソー/ラグナロク
エイリアンコヴェナント
ブレードランナー2049
チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
君の膵臓をたべたい
銀魂(実写映画)
ダンケルク
ワンダーウーマン
スパイダーマン:ホームカミング
トランスフォーマー 最後の騎士王
怪盗グルーのミニオン大脱走

それでも36本。
思ったより多かったかな。
しかし、札幌に帰省した時に映画を観ずにボードゲームとTRPGを優先するようになったから、観る映画の殆どが地元の稚内でも上映するメジャー作品に。
主体的に映画を選んでないという反省点が。
来年はなんか方法を考えないとな。
さて、この中からベスト3は。

3位 ダンケルク
撤退戦という地味な題材だが迫真の恐怖は本物。
実機最高!
題材ゆえに痛快な娯楽性は望めないんだけど、それだけに史実に肉薄している実感は確かな手応えでした。

2位 ソー/ラグナロク
ロキが美味しすぎる。
いいキャラになったなあ。
ヘラやスルトのようなソーやロキよりワンレイヤー上の存在がいながら、シラけた気持ちが起こらないのも見事です。

1位 モアナと伝説の海
痛快立体活劇!
神の化身・マウイが鳥とマッチョ男の姿を使い分けながら、マクロスの新作と見間違うかの如き三次元高速バトルを!
ヒロインのモアナもバトルの強さではなく心の持ちようでマウイと並び立っていて好感が持てます。

…悪くはないけど、なんか小粒な感じ。
来年はもっと大作がほしいところですね。

2017年12月24日 (日)

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

賛否両論らしいですが、わたしは否の方です。
スター・ウォーズは圧倒的に不利な状況からの逆転劇が最も盛り上がります。
この映画も、とうとう追い詰められたところからの逆転は結構、面白い。
しかし逆境という舞台を整えるまでがきつい。しかも長い。
敵味方双方が油断と無能の限りを尽くして、レイやフィンが活躍するための舞台装置か作られていく。
衰退国家というのはこういうものだ、と言えばそれまでですが。
ジェダイの復讐で帝国が滅んだが、それでも復興した共和国より帝国の残党の方が多かったから、結局のところまたしても共和国は狩られる側になってしまった、というのはわかります。
でも、カイロ・レンが新たなベイダー卿になり得るための地ならしにしか見えないのも確かなのです。
展開もテンポがいいと言うよりも、いきあたりばったりな気もしますしね。
ライトセイバー戦はマーク・ハミルがもうそんなに体が動かない分、若いふたりが頑張ってくれました。
スノークは冷酷非道な男ですが、彼の親衛隊が最後まで忠義を果たそうとする姿には胸を打つものがありますし、雑魚以上対等の宿敵未満の集団との戦闘は、ちゃんと作ればちゃんと面白くなるんですよね。
それにしても、わざわざ女の艦隊司令官を2人も出して、あれだけ無能に描くなんて、監督はよほど男尊女卑なんじゃないのか。
俺はフェミが嫌いなだけで、男女は平等だと思っているから、こういう描写にはカチンとくるなあ。

エンドロール後エピソード なし

公式サイト
http://starwars.disney.co.jp/movie/lastjedi.html