Powered by Six Apart

映画 Feed

2017年11月 7日 (火)

グラフィカルエンドクレジット

ソー/ラグナロク(邦題「マイティソーバトルロイヤル」)はたいへん面白い映画であったが、映画の出来とは無関係の部分で気になる点があった。
さらに言うとこの映画に限った話では無い。
冒頭でこのようなメッセージが出た。
「エンドクレジットの後にも映像があります(虚覚)」
最近はエンドクレジットの後でちょっとしたオチをつける映画も多いから、それをあらかじめ知らせておくことも少なくない。
なかなかいい配慮だと思う。
映画が終わったらすぐに席を立ちたい人も多いだろう。
最初からこのことがわかっていれば、席を立てばいいのか座って待つのがいいのか判断もつきやすいと言うものだ。
だがこの映画のこの冒頭メッセージの場合はちょっと説明が足りなかった。
最近のハリウッド映画はエンドクレジットが二段構えになっていることも多い。
メインの俳優陣やメインスタッフが撮影風景や後日談的映像やイラストとともに1人や2人ずつ紹介されるエンドクレジットと、それ以外の無数のスタッフが黒字に白で流れていくエンドロールだ。
そしてエンドクレジットの後にはエピソードがあっても、それに続くエンドロールの後には何もないパターンが多い。
しかし、このソーラグナロクでは、どちらにもエピソードがあった。
その事は冒頭のメッセージではわかりづらいのだ。
実際、エンドクレジット後のエピソードを見た後、すぐに席を立った客が1人いた。
彼はエンドロール後のエピソードを見ることができなかったのだ。
俺は思った。
エンドロールとエンドクレジットではその違いがわかりにくい。
もちろんちゃんと説明されたりちょっと考えればわかるだろうが、大事なことなんだから説明されなくても考えなくても直感的に分かる用語でなくては意味がないではないか。
そこでだ。
最初のメイン俳優陣用の豪華版をグラフィカルエンドクレジットと言うのはどうだろうか。
そしてエンドロールのことをエンドクレジットと呼ぶ。
どうしてもエンドロールと呼びたければ、最初の豪華版はグラフィカルエンドロールだ。
なに?
豪華版はロールしない?
そんな事はどうでもいいのだ。
なぜならロールは英語ではない、カタカナ言葉なのだから。
そしてそれぞれにエピソードが続くかどうか告知すれば、不幸な見逃しは減るに違いない。
まぁ俺の考えた用語は長いから、もっと適切な用語を使ってほしいと思うが、豪華版を特別な用語で呼ぶことには、大きな意義があると思うのだ。
ところで邦画は昔からグラフィカルエンドクレジットが多かったと思う。
でもそれは、ハリウッド映画よりスタッフがずっと少なかったからできたんだと思うと、なんだか複雑な気分になるのだった。

2017年11月 5日 (日)

ソー/ラグナロク

観てきました。
邦題「マイティ・ソー バトルロイヤル」
異星で闘技奴隷として戦わされる前半とアスガルドでまさにラグナロク前哨戦とでもいうべき殲滅戦が繰り広げられる後半の2部構成的な展開です。
評判の悪い邦題はこの前半を踏まえてのものなのでしょう。
でも確かに闘技場が舞台ではあってもバトルロイヤルではないんですよね。
ソーはいきなりチャンピオンと激闘ですし。
かと言って後半もあくまでラグナロクの前哨戦。
原題も邦題もかっちりフィットしないわけで、なんだかタイトルのことはどうでもよくなってきました。
だって内容がちゃんと面白いもの!
いきなりミョルニルハンマー砕かれちゃってどうなることかと思ったら、ザ・スーパー忍の雷バリアを彷彿とさせる形態で肉弾バトル。
まぁ次回作でハンマーは復活するんでしょう。
今回、神のトップレベルはソーやロキでは遠く及ばないことが明らかになったので、ハンマーのない状態で成長させて、ここぞと言うタイミングでハンマーが戻ってきて互角なり逆転勝利に持ち込むのかな。
ロキのネズミ小僧っぷりにも磨きがかかり、毎度の如く裏切ってもしょうがない奴だなぁで許されるポジションを獲得。だからこそ恩着せがましく調子のいい手助けにも快哉を叫べるわけで。
死の女神ヘラは外見がヘドリアン女王みたいでそれだけでも楽しいのに、痛快極まる悪辣さを見せてくれます。

1回目のエンドクレジット後エピソード あり
2回目のエンドロール後エピソード あり

公式サイト
http://marvel.disney.co.jp/movie/thor-br.html

2017年11月 4日 (土)

エイリアンコヴェナント

これはちょっとごちゃごちゃして合わないなぁ。
前作「プロメテウス」を観てないってのもあるけど、それを差し引いてもわかりにくい。
エイリアンだから戦う女が主人公なんだろうけど、それが明白になるのは物語のやっと中盤で、それまでは群像的というか誰が主人公か分かんないんだよね。
だから、主人公を中心に話が動き出しても彼女に感情移入できない。
エイリアンと言うより、宇宙船コヴェナント号の冒険という感じ。
白いエイリアンはギーガー色を弱めて旧シリーズとの差別化を図ってるんだろうけど、黒だからいろいろなものがあまり目立たなくてスタイリッシュだったものを、白だと血とか吐瀉物とか目立ちまくりでなんか見てて汚いです。

エンドロール後エピソード なし

公式サイト
http://www.foxmovies-jp.com/alien/sp/

2017年11月 3日 (金)

ブレードランナー2049

今回のアンドロイドは本当に電気羊の夢を見たんだなと思った。
思い出は大切なんだ。
なんてピュアで素敵なテーマなんだろうね。
背景世界の説得力も絶大だ。
世界の一部しか描かれていないのに、かつて全世界が崩壊寸前まで行った事実が常に傍にある感じ。
テクノロジーの進歩が生活様式に与える影響が均一でないところにすごいリアリティーを感じる。
安直な未来描写の映画だと、衣食住の全てが少しずつ均一に現代より進歩している描き方をするものなんだけど、そういう手抜きをせずに変わる意味がないところは変わらない、ちょうど現代でも古い木造家屋にコンセントやネット回線やBSのアンテナがあるわけで、そういう考察がきちんとなされている。
そうなってくると、鑑賞しながらいちいち前作から今作までの時間の流れを妄想しちゃうんだよね。
レプリカントにわかりやすい機械的部品等の外見的特徴を設けないのも、前作もそうだったとは言え嬉しい誠実さだ。
サイバーパンクはここからきたんだよね。

エンドロール後エピソード なし

公式サイト
http://www.bladerunner2049.jp/sp/

2017年11月 2日 (木)

チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

「フラガール」が好きなんで、きっとこれも面白いだろうと思ってレンタルしたらやっぱり面白かった。
こないだセカチューみたいな君の膵臓がそれなりに面白かったのと同じで、換骨奪胎が上手く行ってる例だ。
実話である点も同じだ。
比較対象となる現実のダンスチームがある以上、いい加減なダンスはできない。
俺も誰もがそうするであろうように、映画を観終わってすぐに元ネタのJETSの動画を観た。
凄かった。
だが、映画が物足りなくなったということもなかった。
映画には物語との二人三脚という長所がある。
要所要所でアップになったりギャラリーに視点が移る映画ならではの演出は、物語られた感情を踏まえてであるがゆえに、現実以上に現実だ。
とは言え、ちょっとやりすぎだったかも知れない。
観ているうちに石渡治の漫画を思い出したもの。
BB対森山やラブちゃん対鯨岡が脇役達の感無量の様子が延々と描かれて肝心の試合は説明不足だった不満、それと同種の不満が残るのだ。
ここらへんの匙加減は本当に難しいと思うんだけどね。

エンドロール後エピソード なし

公式サイト
http://cheerdance-movie.jp/sp/index.html

2017年10月25日 (水)

マンダレイ

ずっと観たかった「マンダレイ」のDVDが安かったので、買って観ました。
前作「ドッグヴィル」が大好きだったんで。
そしたら、残念ながらドッグヴィルには遠く及ばないかな。
広い体育館の床にチョークで家の見取り図を描いただけという「ドッグヴィル」のビジュアルは、お互いに家の中のことまで知ってるくせに知らないフリをしているアメリカの片田舎の村の閉鎖性を見事に表現してたけど、マンダレイが同じ演出を使う理由は、ドッグヴィルの続編だからでしかないからね。
前作で田舎の百姓どもを勝手に理想の人々扱いして裏切られ、深く傷ついた筈のグレースが、今度は黒人奴隷に感情移入。
もちろん奴隷達が彼女の人道主義を満足させるだけの都合のいい存在であろう筈もなく…。
ただ、あまりざまあ見ろとも思えないんだよね。
70年前に廃止された筈の奴隷制度を守り続けている農場なんてものに出くわしたら義憤に駆られて当然だし、誰でも通報くらいはするんじゃないか。
だからカタルシスは少なく、結果としてメッセージ性が強まっている。
俺が受け取ったメッセージは、多様性は一筋縄ではいかないということ。
ドッグヴィルの無学な田舎ッペもマンダレイの黒人奴隷も、全員がいい人でも全員が悪い人でもない。
マジョリティーがそうであるように。
自分の思い通りにならない弱者に声を荒らげるグレースは、現代でもどこにでもいる。
こういうテーマがあまりにもわかりやすすぎるのも、映画としての底の浅さにつながってるような気がする。

2017年10月 9日 (月)

君の膵臓をたべたい

難病の女生徒・桜良、彼女の思い出を引きずる男・春樹。
既視感が強い。
もちろん意識してセカチューに似せているのだろうけど、大人になった春樹の造形がセカチューの朔を引っ張りすぎてて、しかもその連想から類推される展開が多いものだから意外性もない。
とはいうものの、俺はセカチューは途中で馬鹿馬鹿しくなって観なくなったけど、本作はセカチューから馬鹿馬鹿しい部分を除いたような作品だから、安心して観ることができた。
…まあ、その分、外連味に欠けるわけだが。
そんなわけで凄くいいとは言わないが良質な映画だ。
他人に興味がない春樹と社交的な桜良は対象的に見えるが、桜良の親友の恭子も本来は社交的じゃないことを思うと、桜良のハイテンションな社交性は無理をしていることが窺える。
恭子も春樹も桜良にとってリラックスできる相手なわけだ。
そして桜良も恭子のいいところを引き出したに違いない。
時間さえあれば春樹もそうなったかも知れない。
だが、二人にはあまりに時間がなくて…。
桜良は最後の最後に春樹を褒めちぎるが、春樹があのままでいい筈がないのも確かだ。
もし二人にもっと時間があったら。
つい、そう考えてしまう。
もっとも、教師となった春樹は高校時代の彼に似た教え子に慕われるが、それは春樹が自分と似た人間の気持ちの分かる教師だからでもあるし、人の在り方に正解はない。
もし正解があったらそこへの道筋は1本だし、それが途中で途切れるのは辛いだけだ。
まさに春樹が最初に桜良に勧めた限られた命を有効に使う道が途切れるのは、だ。
だが、そうではない。道は1本じゃない。
だからこそ、春樹と桜良の時間は有意義であったと言えるのではないだろうか。
それはそうと、主役は抜群にいいのだが、脇役のキャスティングはあまりよくない。
桜良の親友の恭子とその旦那は、とても高校時代と同一人物には見えないのだ。
ガムが出てくるまでわからなかったよw

エンドロール後エピソード なし

公式サイト
http://kimisui.jp/sp/#/boards/kimisui

2017年10月 1日 (日)

銀魂(実写映画)

やっと地元の映画館に回って来たんで観てきました。
漫画の実写映画としてはかなりのレベルです。
ヤッターマンとか逆転裁判クラス。
まず、キャラの再現性が高い。
小栗旬の銀さんはいい感じにやる気がなさそうだし、
菅田将暉の新八はいつもイケメン役(てのも変か)を演じているだけに新鮮だ。
まあ、橋本環奈の神楽はちょっとスタイルが良すぎですが、それはむしろ嬉しい要素なんで。
ただ、笑えたかというと笑えなかったかな。
劇場でも20人くらいいたけど、笑い声が全くしなかったし。
辛うじて笑えた箇所もニヤリとかクスリ。
アクションのテンポは非常にいいんだけど、ギャグのテンポが若干ね。
ほんの0.1秒とかなんだろうけど、それでも気になる。
終盤のシリアスな場面をギャグで落とす一連のパターンなんか特に苦しかった。
あまり笑いを期待しないで、原作再現度を楽しんだ方がいい映画でした。

エンドロール後エピソード なし

2017年9月10日 (日)

ダンケルク

凄い映画だ。
史実の再現に拘り娯楽として成立させるための構成ということをやっていない。
だから面白い映画かと聞かれたら面白くはないと答えるしかない。
しかし凄い映画だ。
史上最大の撤退作戦を描くには状況が絶望的であり更にジワジワと悪化していく描写の迫真性が必須だ。
史実から言って勝利によるカタルシスは得られないのだから、助かったことによるカタルシス、逆算して序盤では絶望を与えてくれないとならない。
中でも実機を飛ばしたスピットファイアとメッサーシュミットの空中戦はコックピット内と敵影が同時に怖いくらいクリア。
実機故に一度に登場する機数がとても少ないという欠点がある筈が、それを補って余りある迫力だ。
imax70mmフィルムという最上級のフォーマットを体感できる劇場は日本にはないらしいが、一般の劇場でも十分すぎるくらいでした。

エンドロール後エピソード なし

公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/

2017年8月27日 (日)

ワンダーウーマン

アマゾネス戦士の痛快な活劇かと思えば然に非ず。
キャプテンアメリカ系のともすれば正義が空回りしかねない「ヒーローとは何ぞや」を問う、よく言えば重厚な、悪く言えば重苦しい映画。
トータルでは後者。
ただ、テーマを語るにしても、キャプテンアメリカほど世界と個人のバランスがよくなくて、ワンダーウーマンが浮いてしまってるのは、彼女が「神」だから…なんだろうか。
神話的世界観の離島で隔離されて育ち現代社会のことは何も知らないような描写がある一方で、何処で覚えたんだと疑問に思う世知に長けたところもありとっ散らかっている。
等身大の人間なんだか超然たる神なんだかはっきりしなくて混乱するし、様々な一面を持つワンダーウーマン一個人を描こうとして統一感がないのだ。
この統一感のなさって、個々の描写はとてもいいのが後押ししてるのが皮肉なところ。
ワンダーウーマン自身のみならず彼女を取り巻く男達すらみな魅力的で、かつ一次大戦下の欧州の描写も最高なのに、互いが互いを打ち消しあってるのが実に勿体ない!
恋愛要素はあるものの、男と女である前に神と人間であるが故になかなか分かりあえないのは面白いし、自分の恋愛以前に神としての使命感があるから恋愛相手以外の男達との関係や距離も自然で好感が持てる。


エンドロール後エピソード なし

公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman/