Powered by Six Apart

2017年12月 8日 (金)

ポケナガの野望語りその3〜トリッキーな攻撃範囲の駆使が楽しい

(主にジム通いを理由として)ゲーム時間が激減している中にあって、着々と進んでいるのがポケモンノブナガの野望(DS)。
このゲーム、洗濯物を干したり取り入れたりしながら、1日20分ぐらいやるのにすごく向いてる。
ごくごく少しの細切れの時間をうまく使ってプレイできるゲームってのは実はなかなかなくて、例えばアドベンチャーゲームなんてかなり向いてるはずなんだけど、一例として神宮寺三郎は何度もマップ上を移動しなきゃならないイコールどこまでフラグを立てたか覚えていなきゃならんてことで、実は細切れ時間プレイには向いてない。
逆に逆転裁判シリーズなんかは向いていて、昨年1年間かけてほとんどコンプリートできたのも、この特性故だったりする。
もちろん、それだけじゃなく、楽しいからやっている。
最近、このゲームならではの楽しさがやっとわかってきたのだ。

Image



三方をズルッグとスコルピとクヌギダマに囲まれたカツヨリのサイホーン。
しめた!
囲まれたのになぜ喜ぶのか?
それは「じならし」の効果範囲に敵ポケモンが3匹も入っているからだ!
もちろん前方1ヘックスとか2ヘックスとか素直な効果範囲のポケモンがほとんどだけれども、強めのポケモンにはトリッキーな攻撃範囲のものも多く、範囲内の対象は味方も構わず攻撃があたってしまう仕様も相まってなかなかままならない。
それだけに、このようにうまく決まるととても気持ちが良い。
他にもギャラドスの前方横3スクエア攻撃+1スクエア分弾き飛ばしなんかは、如何にもなぎ払いと言う感じで、吹き飛ばしたことで空いたスペースに別の味方ポケモンが入り込んで更に叩きのめすなんてことも。
こういう癖のある攻撃範囲のポケモンにいかに効率の良い攻撃をさせるか。
まだまだ頭を悩ませる日が続きそうだ。

2017年12月 7日 (木) 今日の鯨の囀り

今週の藤崎版銀英伝。覇者に聖域なし、を思わぬタイミングで出してくると同時にキルヒアイスの有能さを印象づける。実際、原作でもアニメでも、クロプシュトック事件だけでキルヒアイスが有能扱いされていてぴんとこなかったところがあるから、こうやってはっきり示されるのは、いい改良だ

軍事力の均衡によって平和が、ってのはちょっと違う。現に弱小国が核兵器によって大国と均衡する軍事力を持とうとして現在の緊張はあるわけでさ。力が欲しいなら教育と産業で真っ当に努力して得ろ。

で、そういうやつに限って、夏休みに家出した女学生をくっちまうよな悪のイケメンは絶対たたかないわけです。現実の被害のことなんかどうだっていいんですよ

「政府が給料あげろなんて言ったら、われわれ労組が労働者から政治運動ばかりやってないで本来の仕事をしろ、って言われるだろ?前から言われてたけどますます。労組潰しか!」ってあたりかな

ラジオ英会話。
participantが今日のダイアローグと今週のCM長文のどちらにも出ててニヤリとしたんだが、狙ってたのかな。

2017年12月 7日 (木)

ローガン・ラッキー

期待しないで観に行ったら、なかなか面白かった。
NASCARの売り上げを狙う怪盗兄弟。
しかしどうにもしまらない。
兄の立てる計画は緻密だし臨機応変の対応もできるから、泥棒としての能力はかなり高いはず。
にもかかわらずなんか危なっかしいのは、兄弟ともに本当は自信なんかないから。
でも、ない自信を振り絞ってチームを率いていく姿にいつしか応援したくなる。
これはクライムムービーの体裁をとった家族の物語なのだ。
ローガン兄弟を含む6人の泥棒の個々の能力に問題はない。
裏切る者も抜け駆けする者もいない。
客観的には、裏切りか?と思わせる場面もあるが、泥棒達は互いを疑わないし、それによる綻びもない。
まさに理想に近い犯罪チームで、ないのは自信とチームワークだけ。
これは彼ら兄弟の家族の問題と軌を一にしている。
能力が高い故に思い通りには動かない相手にいちいち細かく指示するのではなく、任せるべきところは任せる。
最初は自信なさげだったローガン兄がリーダーシップかくあるべしという勇姿を見せると、こっちまで嬉しくなってくるのだった。
弟を演じるアダム・ドライバーの兄に依存する情けない演技がたまらない。
格好いい人なんだけどね。
一つ気になったのが、FBIの捜査が凄くテンポがいいにもかかわらず冗長に思えてしまう構成だ。
あの冗長時間に我に返ってしまうんだよな。

エンドロール後エピソード なし
エンドロールの最後にメッセージあり

公式サイト
http://www.logan-lucky.jp/mobile/

2017年12月 6日 (水) 今日の鯨の囀り

デートのドタキャンをデートDVにカウントすれば男の側の被害がさらにはね上がることでしょう

少しでも他の道が合流していたり扉が面していたりする歩道では人が出てくることを想定してかついつでも止まれるようゆっくり走る。そのためにも自転車に乗る時は早めに家を出る。ただこれだけで自転車が歩道を走っても全く問題ないと思うんだが。

一般人同士だったら「お前が「やったという証拠」を出せないのがイコール「やってないという証拠」だ。これが論理的なものの考え方であり、それが理解できないとしたらお前は馬鹿だ」をオブラートに包んで言えば済むんですけどねー。政治家は馬鹿も相手にせなならんから…。

最終決戦を盛り上げる為に一歩に「自分との戦い」という枷をつける基本的な考えは間違ってない。だがその一方でスポーツ漫画の読者は、現実にはなかなかそうはいかない五分の条件でコンディションも万全な者同士が雌雄を決する事も望んでいる。枷が強すぎて後者の欲求をスポイルするようではダメなのだ

まあ、核ミサイルの時も似たようなこと言ってるけどね。今すぐ全世界がすべての核ミサイルを破棄したら、その核ミサイルは犯罪組織に流れ、世界のあらゆる国がヤクザやマフィアやギャングの核恫喝に屈する世界まで一直線!

あほやなぁ。世界中の国が非武装無抵抗だったら、世界中の犯罪組織だけが武装してて犯罪組織が戦車で乗り付けて金よこせ女よこせと言ったら従わざるを得ない世界になるだけ。そういえばそんな国あったっけ。世界中がそうなる。

すばらしい!北朝鮮に早速9条を守らせましょう。核兵器なんかすてさせましょう!

1年戦争からたった7年では、ジオンもろくに人材が育ってないのは仕方ないですしね。それでも、グレミーの位置にシャアがいたら、ハマーンの気苦労もだいぶ減っていたはずでしょうけど。

ブルーディスティニーとかドムとかの、サターンのローポリゴンのモデルを再現した立体物が欲しいんだよね。ペーパークラフトで良いからさ

大人が大人をやらないと子供が大人をやらなきゃだめになるんだと言う監督のメッセージに思えますね。21歳は子供ではないけど。

いや全くその通り。全く卑怯ではない正々堂々たる戦いとは、両手を後ろで縛った者同士が頭突きでぶつかり合う戦い方だけですね。

14歳のジュドーにおばさんと言われた21歳のハマーンが、自分がおばさんと言われたことに何も反発も衝撃もしない世界ですからね。あの世界では20歳以上はおじさんおばさんなんだと思います

「ひとりでも不快だと感じる人がいるのなら、その作品を公に掲示すべきではない」なんて言う奴がいたら「ふーん。ところでお前の好きな作品はなんだ」と、どんな作品名を出してもさんざんこき下ろした挙句に不快だと言ってやるという挑戦的な表情を浮かべながら言ってやれば押し黙ることでしょうよ。

科学を否定すると「いい人」になれるからね。能無しがお山の大将やろうと思ったら、それしか選択肢がないわけです。

ガルパンより前はパンターより弱い戦車はどうでもよかったからなあ。

高難易度と名高いMSX2版ドラクエ2を持ってるが本体がない。ワンチップMSXを買っておかなかったのが悔やまれる。MSXパソコン買ってまでやろうとは思わないんだよな。

「モリカケばかりやってると思われるのが嫌」ならモリカケの報道時間を減らすよう放送局に申し入れればいいんじゃないの?

科学を敵視する反ワクチン馬鹿が「私が間違っているっていうんですか!ムキーッ!」と喚いて抗議の電話がガンガン鳴るのを嫌がって報道しないんだろうな。或いは局内にも馬鹿がいるのかもしれない。

まぁ、血ヲタに向かって血液型性格判断を否定したら親の仇を見るような目で睨まれるのと同じで、この国ではヒステリックな非科学人間の「気持ち」に「寄り添う」事が優..「「反HPVワクチン活動家に科学で立ち向かった日本医師への言論弾圧」」

今日は11月36日だから、いい三郎の日だな。全国の三郎さんとハカイダーにはいいことあるよ

ラジオ英会話。
iganaはイグワナなのね。

2017年12月 6日 (水)

ぷちGARAKU 2017-12マンスリーカレー「牛モツスープカレー」

Image


12月になったので、行きつけのスープカレー屋に毎月のマンスリーカレーを食べに行きました。 お値段1400円 辛さはいつもどおりの4番。 濃厚ゴマ味噌とのことでよく見ると、牛モツの周りだけ白っぽく、その他はいつものスープの色。 しかも牛モツ自体が恰ももんじゃ焼きのダムのように白いスープといつものスープを隔てているではありませんか。 これは両方のスープを交互に味わえと言う天啓に他なりますまい。 ええ、もちろん天啓に従いましたとも。 いつものスパイシーなスープと白く甘みのあるスープ。 なんだか2倍、得したような気分になりました。 ところで、食べに行った12月5日はトッピングのロールキャベツが無料だったのに、壁の張り紙に気づかずに注文しなかったのは心残り…。 気づいたのは隣のカップルの会話からで、その時にはほとんどできあがっていたから。 今からでも入れられますかって聞こうかと思ったけど、ジムの時間も控えていたしね。

お店のFacebook
https://m.facebook.com/petitgaraku/?locale2=ja_JP