Powered by Six Apart

2017年3月19日 (日)

鉄血のオルフェンズ 第48話「約束」

まず作戦を立てます。
作戦通り全てが進み目的を達成します。
これだとあまり面白くない。
だから思わぬトラブルが起こって現場で臨機応変に対応しなければならなくなる。
物語の中盤くらいなら作戦がスムーズに行ってもいいのですが、ラストでそれはあり得ない。
…と言ったメタな解釈ってわたしは好きじゃないんですが、幸運に幸運が重なることを前提とした夜逃げ作戦、明らかにそんなに上手くいくだろうかと思わせる不穏な空気を漂わせていましたから、何かある何か起きると思っていたら…。
言ってはなんですが、第2期のオルガは確たる目的もなく鉄華団を引っ張り回してきました。
いや、引っ張り回されたがってる団員達を仕方なく引っ張っていました。
火星の王に、というマクギリスの誘いに安易に乗ったのも、確たる目的が欲しかったからでしょう。しかし、それは偽の目的だ。
手に入れた力を気に入らない奴に頭を下げないため殴るために使い、敢えてその力を振るわず貸しを作って味方を作ろうとしなかったのも、本当の目的がなかったから。
ジャスレイやラディーチェの命乞いを無視してその場の溜飲を下げる道を選んだのを、わたしはずっと孤児故の社会への報復の気持ちの現れと思っていましたが、もし本当の目的があったなら賢い選択をしていたかも知れませんね。
もっと早くアトラかクーデリアが妊娠していれば…。
何はともあれ、オルガは死んでしまいました。
厄災戦当時のケーブル跡を逃走中に見つかった新たなガンダムにオルガが搭乗!みたいな都合のいい展開にはならなかった。
これはこれでけっこう盛り上がるシチュエーション。
次回のミカヅキにいつも以上の活躍をさせる説得力が生まれました。
これまでの経緯を無視して、単独のエピソードとしてなら次回のカタルシスに向けての「溜め」は万全です。
繰り返しますが「これまでの経緯を無視してなら」。
なんかAGEのゼハート死亡回の時にも同じようなことを言いましたが、ラストバトルを無心に楽しむことはできそうです。
それにしてもマカナイ先生は御高齢だし、あと何年、生きられることやら。
その後で鉄華団の面倒を見る人は?
そしてオルガが暗殺者の銃弾を背中で受ける時だけ背筋がいつもより増大しているように見えたんですが、もしや背中に何か仕込んでいて彼は無事なのでは?と期待したのはわたしだけでしょうか。
オルガに女ができなかったのも彼を孤独のままにしておくための作劇上の都合だろうし、気の毒な一生だったよなぁ…。

公式サイト
http://g-tekketsu.com/

2017年3月18日 (土) 今日の鯨の囀り

・久しぶりに札幌のガンダムバーでガンダムトークを楽しんだ。

・転勤シーズンだけど、せっかくマイナンバーがあるのに、マイナンバーにぶら下がってる住所を変更すれば住民票も電気もガスも水道もプロバイダも郵便局もいっさい何も手続きしなくていいようにはなっていないんでしょ?それやってくれればマイナンバーへのハレーションも減るだろうにさ。

・今日の卓屋ゲーム会。海カタン、ミントのやつ(名前は忘れた)、Dixit、AVENUEをプレイ。AVENUEは職場の忘年会なんかでも盛り上がれそうなくらい敷居が低いな。

・海カタン2試合やったら3時間半が経過

・出前の寿司桶を洗う人よりも洗わない人よりも、自分は洗う優れた人間だから洗わない劣った人間より上なのだ!と踏ん反り返る奴の方が嫌いかな。たいした問題じゃねえよ、こんなの。

・出前の食器については、客が洗った食器でも店でもう一度、洗ってから使うんじゃないかな。だって食中毒でも起きたら責任は店だよ?

・出前の寿司桶は洗って返すべきか否かについて考えようとして、そう言えば今まで一度も寿司の出前を取ったことがないことに気づく。店で食った方が美味いし。

・どんなイデオロギーに対しても是非の判断はせず機械的に暴言だけを排除し完全に中立を保つツイッター社は健全だよなあ。

・ヒーローメカにもやられ方に沽券ってものがある。ガンダムも爪先を切られたり首や腕を失ったりするけど、小指だけ落とされたり鼻や耳を削ぎ落とされたガンダムはない筈。

2017年3月18日 (土)

光武の腕を引きちぎる

ここんとこサクラ大戦の最初のTVアニメを観ています。
…重苦しい雰囲気がどうにも性に合わんw
ゲームの方は大好きなんだけどね。
確か発売当時も途中で視聴を挫折したんじゃなかったっけ?
じゃあ、なんで観てるかって話ですけど、大逆転裁判(3DS)やってるうちに似たような雰囲気のサクラ大戦のことを思い出してムズムズしてきたから。
まぁ、大逆転裁判は明治初期、サクラ大戦は太正なのでけっこう離れてますけどね。
で、観ているうちに色々と当時、気になってた部分を思い出したんですが、やっぱりアニメの光武は大きいですよね。
わたしゲームのATとパワードスーツの中間くらいの光武が好きなんで、そこがちょっと残念。
なかなかないサイズのロボットなのに。
ゲーム版の光武はコックピットはあるが、パイロットの肘から先は光武の腕の中に、膝から下は光武の足の中に入ってガッチリ固定されています。
それに対してTVアニメの光武はまんまATで、コックピットの中の操縦桿を握っている。
まあ、こうなった理由は明らかなんですけどね。
操縦型ロボットとパワードスーツの違いってのは、操縦型ロボットは乗るものでパワードスーツは着るものでサイズの違いもあるけど、何より作劇的に大きな違いがあって、操縦型ロボットはピンチの表現として手をもいでも足をもいでも構わない、パイロットには影響が及ばないのに対して、パワードスーツはそうはいかないってこと。
パワードスーツものアニメがあまりないのは、手足をもがずにピンチを表現しなきゃならないからだろう、俺は勝手にそう思ってます。
ゲームの光武も同じで、例えば光武が強力な敵の一撃で腕を肩から斬り落とされるようなシーンは出すわけにはいかない。
搭乗者たる女の子の肘から先も失われてしまうから。
ボトムズのATのサイズはパイロットを傷つけずに機体だけボロボロにできる最低のサイズなんですよね。
だから、アニメの光武はATサイズにならざるを得なかったのでしょう。
実際、アニメだとカンナの光武が羅刹に腕を引きちぎられてますしね。
だから、ゲームと違う大きさで残念と思う反面、仕方ないな、とも思うのです。

公式サイト
http://www.mbs.jp/sakura/

2017年3月17日 (金) 今日の鯨の囀り

・@ どっちも振り上げた拳を下ろせないところまでいっちゃってるのって恐ろしいです。今週の藤崎版銀英伝で巨大な遺族人口というのをあらためて示されて、そうだよなぁ…と慄然としちゃいました。

・あらためてアスターテの戦死者数の総人口に対する比率はでかいなあ。そりゃあアムリッツァに比べたら小さいけど。

・ドローンルンバはいつ出るの?

・全ての事象は「あると主張する側があるという証拠を出せなければ自動的にないことになる」。これが科学的なものの考え方。これが理解できない奴に偉そうに人間の言葉をしゃべって欲しくないもんだ。

・政治家のやることを民間も真似るもの。貧乏な親に金を払ってその子供をライバル強豪校の野球部に入部させここぞというタイミングで喫煙させて潰すことも可能になるなぁ。

・本当に前向きに考えるつもりがあって前向きに考えますって言うと怒る人がいるんだけど、そういう時はどういえばいいんだろうね。だってちゃんと前向きに考えた結果、でも他の要素との絡みもあってやっぱり駄目な場合もあるわけでさ。期待を持たせるわけにはいかないじゃん。

・興味のない相手に一方的にアニメやゲームの話をするのも、興味のない相手に一方的にスポーツの試合の話をするのも、キモさでは全く同じ。双方をキモがるべきであろう。

・自民党政権の時に賃上げされたら自民党政権の手柄になってしまうから賃上げは要求しない、みたいな野党に存在意義はないよね。自分達が与党の時でも野党の時でも国民の生活を第一に考えるのがまともな政治家。イデオロギーなどくそ

2017年3月17日 (金)

生姜とジンジャー雑感

ちょっと前にツィッターに流れてきた生姜とジンジャーエールの話。
ある飲食店の店員がジンジャーエールを注文した学生風の客に、当店のジンジャーエールは生の生姜が入っておりますと説明したところ、生姜なんか入ってるのか。ジンジャーエールに生姜なんかあうわけないだろう。チェンジ!と言われて憮然としたという。
で、それに対するツイッター上の反応は、ものを知らないということは恥ずかしいとするのが多数。
実際、俺もバカナヤツダナーとは思った。
魚が切り身のまま泳いでいるのと同じくらい世も末だな、とも思った。
しかし…確かにそう思ったものの、誰だって知らないことはあるのだから、それを以ってあまり馬鹿にするのもどうかな、と思い直した。
何につれ、知らないことをあまり馬鹿にしたりするから知ったかぶりが増えるのではあるまいか。
ただ…それはそれとして、こういう奴は好きじゃないのも事実だ。
世の中には、全てのものをイケてるものとダサいものに分けてしか考えられない障害の持ち主がいる。
その2つは決して交わらず、前者は後者を好き勝手に笑い者にできるという幼稚な価値観のまま大人になってしまった、言わば競争社会の犠牲者たちだ。
彼にとって、自分達イケてる若者に属するジンジャーエールと、古くさくおじさんおばさんっぽい生姜が、同じものであってはならない、そんなことは予想だにしていないというわけだ。
こういう感情の赴くままに生きているアニマルへの反感あればこそ、ツイッター上でもみんなに批判されたんだろうなぁ。