Powered by Six Apart

2018年8月 9日 (木)

D&D「腐敗の影」マスタリング記録その2〜アドリブはやっぱり楽しい

さて、20数年ぶりにD&D5eでTR PGのマスタリングに復帰したわけですが、むかし取った杵柄だけあってあっという間に勘を取り戻して、少なくともマスターの立場からはほとんど苦労らしい苦労はせず楽しくやらせていただきました。
…やる前はドンダケ準備しても足りないような気がしてたんですが、なんでもやってみるもんですね。
もともと躁鬱の差が極端に激しいことに定評のある(自称ですがw)わたくしですから、スイッチさえ入ってしまえばこっちのものってわけです。
村を襲う奇病の正体を追う冒険者たち。
最初の依頼主である酪農家のコーウェンさんはシナリオにも登場するキャラですが、大きく脚色を加えて説明キャラになっていただきました。
いや、結果的にプレイヤーキャラは全員が非魔法職になってしまいましたが、何人かは必ず魔法使いなると思ったんで、魔法を使うたびにマスターが地の言葉で説明するのではなく、キャラクターのセリフとして説明したほうが面白いと思ったんですよね。
非戦闘キャラだけどパーティについてきて「あー!あれはマジックミサイル!どこまでも追ってきて決してかわすことはできないぞ!」みたいなのを全魔法について。
しかし魔法を使うのがラスボスだけになってしまったんで、通常の戦闘でも実況させてしまいました。
ちょっと頻度が高くてうるさくなってしまった自覚はあるんで、そこが反省点ですね。
次に出す時は(出すのかよw)もうちょっと抑えるかな。
港町ハークルのこともテオ村のこともシナリオには特に詳しく書かれてません。
遭遇するNPCと得られる情報くらいです。
だからアドリブで適当に肉付けしてディティールからファンタジーを感じられるようにしなければならない。
しかもシナリオの想定では最初の歓迎の宴にすべてのNPCが参加していてそこで全ての情報が得られるので村を回る必要は全くないってのに、みんな翌日になってから村を回るって言うんだもの。
どうすんだよ、シナリオには村の地図なんて全くないぞw
とりあえずNPCリストの中で特に馴れ馴れしい奴を1名ピックアップして、そこから広げて宴の時点で幾人かのNPCと接点を持たせることに成功したんだけど、「息子が奇病で伏せっている農夫(これはシナリオに書いてある)」から話は翌日にその息子に会いに行こうって言う所に発展。
息子の事なんてただの一行もシナリオには書かれていないw
しかし、これぞTR PGの醍醐味!
村に沿って流れるテオミナ川に水車小屋を作ってそれを宿屋の別棟にしてそこを中心にして南北に目抜き通りを走らせて適当に建物を配置する村の地図を頭の中にマッピング、南の村はずれに治療院を置いて、ラスボスのいる洞窟は北の村外れだ。
これを決してたった今、考えたのではないとプレイヤーに思わせる、兼自分の趣味でいかにもファンタジー世界と言う描写をポツポツ入れていく。
狛犬代わりのガーゴイルをお地蔵さんのノリで道端に置いたり、早朝には鶏の代わりに近所の森のサテュロスに角笛を吹かせたり、自分好みのファンタジー世界にしていく作業がまぁ楽しい。
TR PGがゲームである前に即興劇だってのは、まさにこういう点。
続きます。

2018年8月 8日 (水)

「腐敗の影」マスタリング記録その1〜20数年ぶりにマスターやりました

Img_0942


一昨年前にTRPGにプレイヤーとして復帰してから虎視眈々と狙ってきたゲームマスターへの復帰。
去る8月5日、札幌のTR PGサークル「UNI」さんの例会で達成いたしました。
(まあD&Dだからゲームマスターじゃなくダンジョンマスターですがw)
いや〜やっぱり楽しいですね!
マスターやると脳内麻薬がどばどば出るから、稚内に帰った翌朝は3時半ごろに目が覚めてそれから眠れなくて、月曜の仕事はめっちゃ辛かったですw
シナリオはホビージャパンの公式サイトに載っていた「腐敗の影」。
慣れたマスターなら2〜3時間。
ルールブックを参照する時間を含めても4時間、とシナリオに書いてありましたが、蓋をあけるとキャラメイク1時間20分、シナリオ自体は3時間で終わりました。
シナリオに全く書いてないアドリブかましまくったにもかかわらず。
事前準備は結構やったと思います。
ルールブックのどこに何が書いてあるかある程度は把握していたし、章ごとのタグはもちろんのこと、敵の魔術師が使う魔法のページには付箋を貼っておいた。
さらに、プレイヤーはみんなD&D5版は初体験と言うこともあって難しそうな魔法職は遠慮したのか、ハイエルフのレンジャー「イキュ」にスタウトハーフリングのモンク「エリック」にヒューマンのファイター「ガラ」という前衛職のみの3人パーティー。
もし全くアドリブなしに、シナリオに書いてないことは全くやらなかったら、1時間半で終わっていたかもしれません。
とは言えアドリブを入れなかったらTR PGをやる意味ってほとんどないじゃないですか。
だからシナリオ時間の目安ってのは人それぞれなんでしょうね。
何本かマスターをやって感覚で覚えていくしかないのでしょう。
続きます。

2018年7月29日 (日)

「ら・せーぬ」の道産ホタテのアメリカンソース

Img_0668


よそでホタテが食べられなかったんで、行きつけのここで食べることにしました。 これにドリンクが付いて1,000円です。 ら・せーぬはフランス料理屋ですが、セットメニューが多い。 フランス料理と言えばスターバックスも真っ青の(いや逆だけどw)複雑な注文方法に尻込みすることが多い中で、ただセットメニューを注文すれば良いのだからこの気軽さで時々、通っています。 もちろんちゃんと正式の注文もできるらしく、それを楽しんでいる人もいますけどね。 観光スポットである稚内副港市場にも近く、大体いつも盛況ですね。 貝柱が思ったより自己主張が強く、ソースの味に負けていません。 だから、多くつけたり少なくつけたり、味変を楽しみながら味わえます。 ただこのメニューだとライスよりパンの方が似合っただろうなあ。 次に注文する時はパンにしようっと。

2018年7月25日 (水)

TR PGのルールブックは図表を多用してほしい

D&D5eダンジョンマスターズガイド精読中。
2週間後に迫った久しぶりのマスタリングに直接的に役立つわけではないんだけど、まぁそれとは別に通して読んでおくべきだし、相変わらずのんびり読み進めています。
現在158ページで全体の真ん中あたり。
マジックアイテムが五十音順にずらっと並んでいます。
それをプレイヤーキャラが使う時、敵が使う時を想像しながら読んで行くわけですが、思わず目を留めて意味を考え込んでしまう一文が。
156ページに載っているウェポンオヴウォーニング。
敵が近づくと警告を発してくれる武器なんですが、その説明がちょっとわかりにくい。
曰く「君及び(中略)君の味方全員は、非魔法の睡眠以外の理由で無力状態になっている場合を除き、不意を打たれることがない」
…えーっと。
頭から順番に理解しようとすると何をいってるんだかよくわからない。
だから幹から枝葉に順に移っていく感じで、
この武器は「不意打ちをくらわない」という効果がある
しかし次の場合は例外である、つまり「不意打ちを食らうことがある」
と幹を確定して、次にその例外項目を列挙していくと…。
まず無力状態。
無力状態の時は不意打ちを食らうことがある。
つまり無力状態の時には効果がないマジックアイテムだ。
しかしすべての無力状態で効果がないわけではない。
無力状態の中にさらに例外項目があり、それは「睡眠」である。
寝ている最中に不意打ちを仕掛けられてもこの武器が警告を発して起こしてくれるので不意打ちにならないんですね。
実際その具体的な処理方法は次の段落で書かれている。
ということは、頭についている「非魔法の」の意味するところは、
魔法で眠らされてる場合はやはり不意を打たれる、でしょう。
やっとわかりました。
…。
以前からTR PGのルールは文章ばかりではなく図表を多用して項目と矢印でスキームの形で記述すべきではないかと考えていましたが、この文なんかそうしたほうがすごくずっとわかりやすくなる典型ですよね。
そうするとただでさえ厚めのルールブックがさらにずっと厚くなるから難しいってのはわかるんですが…。

2018年7月24日 (火)

meer LOUNGE

最近お気に入りの店になりつつある札幌・狸小路2丁目のオサレラウンジです。
頼んだのは、

Img_0426



↑温泉卵のせカルボナーラと

Img_0425



↑トマトジュース入りのカクテル(細かい内容は酔って忘れたw)。
そして(写真を撮らなかったけど)アボカドのサラダ。
カルボナーラはよく「イタリアでは卵かけご飯のようなもの。レストランでありがたく頂くようなもんじゃない」と言われますが、私はよく食べますね。
でも批判者の言うことにも一理あると思っていて、時々、卵の味が強すぎてせっかくのパスタの味がよくわからなくなっているケースがあるんですよね。
ここの味付けはそんなことはなくて、パスタ本来の味を殺さない程度にあっさり、です。
ここはカップルだらけの人気店でなかなか入りづらい人はいるかもしれませんが、雰囲気もいいしオススメです。
ずっと予約なしでは入れなかったんですが、最近やっと落ち着いてきて、プラっとやってきても入れるようになりました。