Powered by Six Apart

2018年4月14日 (土)

名探偵コナン ゼロの執行人

…これ、実写で作り直しませんかw
わりと本格的な内容で面白かったです。
惜しむらくは、検察や公安周辺の力関係がセリフで語られちゃってるんで、真犯人の動機が実体験に基づいた地に足のついたものに感じられず、頭の中で組み立てたものに思えてしまうこと。
でも設定からすると、それとは正反対の人なんだよね。
このチグハグさは実写だったら俳優に背中で語らせることで糊塗できるから、そもそもがアニメ向きの脚本じゃないんだと思う。
もともと劇場版が好きな理由として、テレビでやってるコナンは時々、明らかに尺の足りないことがあるけど、劇場版はそれがないってのがある。
その劇場版のメリットを要所要所の説明的なセリフは奪っているわけで、だからこそ実写の方がって考えてしまった。
今回はもう一つ気になった点が。
毛利小五郎に罪を着せた理由。
これ、工藤新一だったら、いっぱつ殴ってた筈で、そのほうがカタルシスもあるし収まりもいい。
でもコナンくんだからそれはできない。
物理的に、じゃなくて、鋭い人には正体がバレちゃうからと言うメタ的な理由で。
だから骨格となるメインストーリーについては面白いししっかりしてるんだけれども、色々と惜しいんだよなぁ。
その反面、枝葉となる部分はいつも通り面白いです。
安室と言えばカーチェイス。
一昔前だったら、やり過ぎだとかばかばかしいとか思ってたんだろうけど、今やハリウッド映画のCG多用カーチェイスがよりやり過ぎ感が大きいもんですから、ああいうのが基準になっちゃって、何かリアリティーのあるシーンに見えてしまうw
ワンマンアーミーならぬワンマン公安とでも言うべき安室透は主役を食ってしまいかねないスーパーマンなんで、実質的なダブル主人公でしたね。

エンドロール後エピソード あり

公式サイト
http://d-conan.jp/movie22

2018年4月12日 (木)

ぷちGARAKU 2018年4月のマンスリーカレー 鳥ヤゲンナンコツのやつ

Img_7208


今月はちょっと遅れて登場したマンスリーカレー。 ヤゲンが、と言うよりヤゲンが軟骨付きであることに、より新鮮さがありました。 一般的なスープカレーにおけるチキンが、あまりにも柔らかくホロホロにほどけるものだから、あっという間に口の中から消えてしまうのに対して、いつまでも口の中でおいしさを自己主張し続ける軟骨付きヤゲン! 軟骨を噛み砕いている間はヤゲンが喉の奥に入っていきませんからね。 スープがたっぷりしみこんだヤゲンが口の内側をぐいぐいと押してきて、そのたびにスープがしみ出してくる。 なかなかの気持ちよさです。

2018年4月 9日 (月)

ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル

前作が単にゲーム内の世界が舞台と言うにとどまらず、メタフィクションとしての楽しみも追求していたのに対し、今回はシンプルな「往きて還りし物語」となっていました。
ゲーム内世界メタフィクションがここ20年で当たり前のものとなっていたから、今さらそれをやってもてなわけで王道異世界アドベンチャーをやるってのは正解なんだろうけど、王道すぎてこれといったものはなかった。
今回は吹き替え版で観た。
今風の高校生言葉を意識した上での和訳はどこかとんちんかん。
予告編の「マジジュマンジ!」連呼時点でかなりいらっとさせられたし、
実体のない流行語として批判のあった「神ってる」が出てきた時は頭を抱えた。
でもまぁ和訳の完成度は兎も角、90年代と現代それぞれの若者言葉を対比させることに作劇上の意味があるのだから、仕方ないんだろうなぁ。

エンドロール後エピソード なし

公式サイト
http://www.jumanji.jp/sp/

2018年4月 8日 (日)

メガドライブの復活

興奮すべきニュースがTwitterのタイムラインを駆け巡った。
メガドライブの復活。
これほど心躍るニュースがあるだろうか。
https://www.sankei.com/economy/amp/180408/ecn1804080004-a.html?__twitter_impression=true
もちろんこれまでメガドライブの互換機はいくらでもあった。
だがセガ純正品ではないせいか、実機で十分と思わせる程度のものでしかなかった。
どうせ今でも生き残っているセガファンならめぼしいソフトは既に持っているはずであり、単にお得用パック程度の意味合いしか持たないなら食指が伸びないのは当然だ。
だが、任天堂のミニファミコンとミニスーファミがなかなかのヒットを飛ばした。
そしてそれがセガにメガドラ復活の検討をさせたと言うなら。
それは、より遊びやすい方向での復活となるのではないか。
具体的にはミニスーファミのようなリスタート機能。
もちろん夢は大きい方がいいが、新作ソフトを作ってくれるとは期待していない。
ならば既存のソフトを最高の環境で遊べるようなマシンを求める。
ネオジオXの良いところを取り入れてもいい。
SWITCH風とでも言うか。
携帯ゲーム機としても遊べ、テレビ画面にも映せるなら、それはレトロフリークにはできないことだ。
それにソフトだって、完全な新作は無理でも、既存のソフトのバージョンアップ版ならできなくもない気がする。
今でもファミコンソフトやドリキャスソフトは細々と出ていることを思うと、そういうソフトを買う層が喜ぶようなソフトなら可能性はありそうじゃないか。
思考速度がものすごく早いアドバンスド大戦略でもいいし、キャラの増えた魔強統一戦…は版権があるからさすがに無理か。
マニア向けの狭く深いゲーム機にするのか、もっと幅広く狙うのかわからないが、続報に期待したい。

2018年4月 7日 (土)

ぷちGARAKU 音更ぎょうざのスープカレー

4月のマンスリーが遅れて10日からなんで、それまでの繋ぎとのこと。

Img_6930



このカレーを注文する人には、マンスリーカレーを楽しみにしていて、その代わりに注文する人が多いと思うんですが、そういう人をがっかりさせるカレーであってはならないと言うハードルがある。
そのハードルはちゃんと超えてると思います。
餃子はスパイシーで、スープのスパイシーさに殺されずかといって凌駕もしない絶妙のバランス。
私、ここ最近、ずっと4番で通してきたスープの辛さを5番まで上げたんですが、ちょうどいいハーモニーですかね。
スープの中でぎょうざの具が舌で潰れる時に具がスパイシーに自己主張し、しかし徐々に飲み込まれる。
味のグラデーショナルな変化が何とも楽しくて、具を箸で半分ずつに割って2倍、堪能しました。