Powered by Six Apart

2018年10月12日 (金)

TRPGセッション事前準備一覧

このエントリーは私がゲームマスターをやる時用の備忘録です。
あくまで私のやり方なんで参考になるかわかりませんが、よかったらアレンジするなどして使ってください。

1.バトルマップ作成。
ダンジョンやフィールドで戦闘が起こりそうな場所について、1部屋1区画ごとにマップを作っておく。
マップを使わない戦闘システムでもキャラやオブジェクトの位置関係が分かるので便利。

2.通常マップ作成。
出来合いのシナリオには意外なところでマップが作られていないことが多い。
当日アドリブでこなすことを考えたら自分で作っておいたほうがいい。

3.バトル処理表作成。
システムにもよるが、最低でも起こりうる戦闘それぞれについて、あらかじめ各モンスターのHP他を表にまとめておくと当日の進行がスムーズ。

4.必要なフィギュアの用意。
起こりうる戦闘について必要となるフィギュアをボックスにまとめておく。
フィギュアは前回のセッションで使ったままになっていることが多い。
余計なものが入っているとバトルのセッティングに手間取る。
だから必要なフィギュアの用意と言うより、必要でないフィギュアをボックスから省いておくと考えておいた方が良い。

5.サンプルキャラ作成。
キャラクターメイクは案外と手間取るもの。
もちろん時間があれば当日にでも各プレイヤーが1から作ったほうがいいが、そんな時間が取れないことも十分にあり得る。

6.アイテム、魔法、モンスターの付箋つけ。
ルールブックの中で、シナリオに登場するアイテムや魔法やモンスターの説明が載っているページには、付箋を貼って名前を書いておくと良い。
とにかくルールブックの首っ引きを可能な限り少なくすることだ。

7.既存シナリオの修正。
これは「2.通常マップ作成」にも通じることだが、既存シナリオを読んで欠けている部分や自分の好みと違う部分の修正はやっておいた方が良い。

このエントリーの内容はどんどんアップデートされます。

2018年10月11日 (木)

TRPGに於いて「宣言して攻撃」は無条件で先制攻撃か?

TR PGのセッションでよくある光景。
会話や交渉の最中に戦闘が始まる場合。
「『もうお前から何を聞き出す必要もないようだな』そう言っていきなり斬りかかるよ」
プレイヤーのその宣言で戦闘が始まるとして。
最初の一撃の権利をそのキャラクターに与えてしまってよいものか。
わたしはそんな場合でもまずイニシアチブ判定をしてもらってます。
ルールにイニシアチブ判定のある凡ゆるTRPGで。
不意は討てませんし、イニシアチブ判定で負ければ攻撃は相手からです。

これほんとにイズいんですよね。
だって「ロールプレイ的には」無条件に不意打ちさせた方が自然なんだもの。
実際、漫画やドラマでもこういうシーンはよくありますし。
ただ、一触即発の状況で、その周辺の凡ゆる要素を伝えることも理解してもらうことも不可能だし、そうなると「言ったもの勝ち」になっちゃう。
そもそもTRPGに於ける会話は、誰か1人が(行動の宣言を含む)発言し終わるまで他のプレイヤーはもちろんマスターだって口を挟まないという不文律があります。
そうしないと収拾がつかなくなりますからね。
それでもロールプレイに参加する人とそうでもない人にどうしても分かれてしまう。
それがシステム上も積極的な人有利と言うことになってしまうと、積極的に参加する人とそうでない人の間にはただでさえ差があるのに、大きな差となってしまう。
これはTR PGの魅力を大きく削いでしまうと思うんですよ。
そういう訳で、わたしのセッションに於いては

直前のロールプレイに関係なくルールに則って不意打ち及びイニシアチブの判定を行う。

扱いとさせていただきます。

2018年10月10日 (水)

稚内・勇知「ファームレストランゆうゆう」のランチセット「海鮮フライ」

Image


北海道だと地方都市の近くには酪農レストランがよくあります。
だいたいはお洒落な雰囲気を漂わせています。
しかしここはいい意味で家庭の雰囲気、家庭の味!
優しい味わいで何度でも食べたくなるんですよね。
なのにまだわたしは来店2回目。
残念なことに今年の営業は10月8日で終了してしまった。
この店の存在を知ったのが遅すぎたんですよ。
9月30日に初めてこの店に行ったらドアのところに今年の営業は10月8日までと張り紙が。
で、その翌週は旅行が決まっていたんで、翌年になるまでいけないのかとがっかりしてたんですが、10月8日の昼過ぎに飛行機で稚内に帰ってきてふと思い立った。
そういえばまだ間に合う!
疲れた体に鞭打ってたどり着いた身体を、この海鮮フライは十分に元気付けてくれました。
10種類近くあるランチのコンプリートは来年に向けた課題ですね。
全体的に味付けは抑え目で素材の味で勝負しています。
このフライも良い油を惜しみなく使っていることがわかるサクサク感あふれながら油ぎった感じがまるでない。
そしてサラダバー付き。
みずみずしいレタスが食欲をそそります。
さらにスープバー付き。
具沢山のスープが飲み放題…と言うより食べ放題!
スープとは食べるものであったのか。
このズッキーニが絶品で、私ここまで「日本の料理」になっているズッキーニを食べたことがありません。
来年の営業が待ち遠しいですね。

2018年10月 9日 (火)

D &D 5eハウス規程

私がダンジョンマスターやる時に使うルール使わないルールを以下に列挙していきます。
原則、存在するルールはなるべく積極的に使っていこうと思っていますが…

1.使うルール
グリッド戦闘
戦闘は1マス5フィートのグリット戦闘とします。
斜め移動は1マスとします。

2.使わないルール
挟撃
とりあえず使わないことにします。
敵の方が数が多い場面が大半であることを思うと、プレイヤー側が損をしますからね。
ローグの有利を得る能力が霞んでしまうって言うのもありますし。

インスピレーション
セッション開始と同時に無条件で1ポイント与えられます。
それ以外の方法では手に入りませんし上限は1です。
TRPGに於いて「ロールプレイする」事は当たり前なので、ルールで強制するのもどうかと思いますので。

3.注意すべき点
所持金と初期装備
キャラメイクの際の所持金と初期装備を決める方法には2つありますが、基本的には各クラスの「装備品」の項に準じます。

※このエントリーはセッション告知などに貼られます。
随時、変更となっていきます。

2018年10月 8日 (月)

大谷資料館に行ってきました

Img_2854


ここのバルコニーから手を振っているところを誰かに写してもらいたいなあw
と思ったんだけど、結構、離れているから無理ですねw
それくらい広大な空間ってこと。
TRPG好きならぜひ行くべき、と聞いて行きたいと思っていた大谷資料館。
行ってまいりました。
うん、行くべきです。
大人気のスポットらしく大盛況。
此れ程までにTRPG好きがいるとは!…な訳はなくw
映画やドラマの撮影がたくさん行なわれ有名になったみたいですね。
確かにとても見応えがあります。
わたしはTRPG者なので通路の幅や高さをチェックしながら、いちいち此処ではロングソードが振り回せるとか天井にぶら下がったニンジャが頭上からカタナで攻撃できるとか考えながら見学。
楽しさも倍増でした。
一昨年に行った福島の入水鍾乳洞は1人がダガーを振り回せるかどうかでしたが、此処は4人パーティーが大活劇を繰り広げられる広大なスペース。
ゲームやる時のイメージソースとしてわたしの中にしっかり染み入りました。
大谷石の切り出しは時代とともに変化していったようです。
思えばローマ帝国の鉱山労働は捕虜や奴隷を使った危険なもので、その平均寿命は数ヶ月だった。
鉱山や石切場の労働は危険と隣り合わせ。それは今も昔も変わらない。
しかしノウハウが積み重なり、場所や区画によっては安全と断言できるようになった。
その延長線上にこの資料館はあるわけで、人類の叡智の積み重ねと時の流れに思いを馳せるのもいいものです。

公式サイト
http://www.oya909.co.jp