Powered by Six Apart

« プレイヤーキャラは毒を使わないようにしよう、という空気 | メイン | D&D5eの「伝説的アクション」と言う誤解を招く名前の技 »

2019年1月13日 (日)

ドラゴンボール超 ブロリー

旧劇場版は全く知りません。
マッチョでピュアなパワーファイター・ブロリー。
幼少時から悟空と仲良くなりそうな感じがビシバシしてた好漢。
異常発達した胸筋から繰り出されるパワーあふれる攻撃から目が離せません。
今作では悟空・ベジータ・ブロリー3人のサイヤ人の生まれから始まる生い立ちが描かれ、そして今があるという丁寧なキャラ立ちのおかげで、自然と誰にも死んでほしくないと言う気持ちが生まれ、それがバトルの緊張感につながったと思います。
悟空には地球人の育ての親がいた。
ベジータは自らよき父親となることで冷酷な呪縛を振り切った。
この2人に比べるとブロリーはかなり家庭環境に恵まれてると言えるでしょう。
父親のパラガスは地球人基準からするとろくな父親じゃないように見えますが、あれサイヤ人ですからかなり情のある方です。
地球人だって戦乱の時代であればあんな感じだと思いますしね。
それは仲間のチライとレモにはわからないわけですが、余人には計り知れない絆と言うのもなかなかに良いものです。
で、このチライがかなりかわいいヒロインっぷり。
表情が良く変わりとても生き生きしています。
ブローリーは彼のために本気で怒ってくれる仲間を手に入れました。
1つ気になったのが、挿入歌の入るタイミングがおかしく、ブロリーが悟空に向かって「カカロット!」と呼びかけているように聞こえたのは「?」。
それに悟空は最後に、カカロットとも名乗ってますが、サイヤ人であることに何のこだわりも持っていない悟空にとってカカロットという名前はあまり意味がないのでは?
もしかしたら、今回の戦いで、自分の父親はどういう人物だったんだろうな、と考えるようになったのかもしれませんね。

公式サイト http://www.dbmovie-20th.com/sp/
エンドロール後エピソード なし

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34165898

ドラゴンボール超 ブロリーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。