Powered by Six Apart

« 2018遊んだゲームベスト3 | メイン | 札幌北20条「パイクイーン」のアップルパイ »

2018年12月31日 (月)

2018映画ベスト3

まずは今年公開の映画で見たものをリストアップ

キングスマン:ゴールデン・サークル
マジンガーZ/INFINITY
ジオストーム
ブラックパンサー
グレイテスト・ショーマン
北の桜守
トウキョウ・リビングデッド・アイドル
スモーキング・エイリアンズ
キュクロプス
トゥームレイダーファーストミッション
パズル
穴を掘る
リメンバーミー
ナナちゃんOh mein GOTTしよ
精霊カフェ
ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル
名探偵コナン ゼロの執行人
レディ・プレイヤー1
アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー
ランペイジ 巨獣大乱闘
ピーターラビット
デッドプール2
パシフィック・リム アップライジング
ジュラシック・ワールド 炎の王国
銀魂2 掟は破るためにこそある
ポケットモンスターみんなの物語
カメラを止めるな
万引き家族
ヴェノム

29本…昨年よりだいぶ減ったなぁ。
ブログエントリを見ると8月を最後に映画を見る本数は激減している。
そして9月からD&Dのキャンペーンを始めてる。
わかりやすい理由だね。

3位 グレイテスト・ショーマン
人はどんな時でもやり直すことができる。
立ち上がることができる。
主人公は要所要所でまず人を大切にする決断をするんだよね。
人を楽しませるのが大好きな主人公とミュージカルと言うジャンルがとても相性が良い。

2位 リメンバーミー
メキシコの死生観から来る賑やかな死後の世界がまず楽しい。
とても優しく温かい家族たちが、しかし生業を継ぐことを求め、主人公の音楽への夢は決して認めない。
こういう欧米の価値観とは明らかに違った世界を逃げずに描いているからこそ、生前と死後の世界それぞれで繰り広げられる家族の物語が感動を呼ぶのだと思う。

1位 ピーターラビット
スラップスティック!
トムとジェリー好きには堪らないテンポのよさ、動きによる笑いが全編にわたって繰り広げられる。
おいおいいいのか?という別の意味でのハラハラドキドキも心臓に悪いw
原作と違うからこそ良い、というなかなかない拾い物でした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34099758

2018映画ベスト3を参照しているブログ:

コメント

アリーはちょうど今、地元の映画館でやっているところなんで、見に行こうと思っていたところです。
NT見たかったなあ。
田舎の映画館はファミリー向き「じゃない」アニメはほとんどやってくれない…。

毎度です~

映画館って行けばワクワクしてまた行きたくなるんですが間が空くとホント足が遠のいちゃいますね。

といってもアニメしか観てませんが^^

ガンダムNTとFateの間にアリーを挟みたかったのですが機を逸してしまいました。

それはそれで楽しいじゃないですか。
>Ζ級映画
ゲオもツタヤもその手の映画のコーナーが充実してますから、きっと需要があるのです
たくさん借りると楽しいですよね。

ベスト3の映画・・・どれも見てない!!
自分の場合、映画館で見る以外はレンタルですが、旧作になってからじゃないと借りてこないです(^-^;
借りる時は、面倒なので10本以上借りてきますが・・・
そんな事で、題名さえも覚えていない、Z級映画も多いです。
20本に1本でも当たりがあれば良いのですが、ほとんどが有名映画のパクリですね。
やっぱり、予算を使っている映画には勝てませんね。

本年もお世話になりました。
良いお年をお迎えください。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。