Powered by Six Apart

« 万引き家族 | メイン | D&D5e疑義案件その10〜アーティファクトとこまめ同調 »

2018年11月19日 (月)

D&D5e疑義案件その9〜ロッドオヴロードリィマイトのフレイムタンボタン

疑義案件…というかはっきりさせておきたいフレイムタンモードの扱い。
フレイムタンと言うのは炎の舌の名前の通り、炎で覆われた剣だ。
ダンジョンマスターズガイド191ページ。
ダメージは追加で2D6。
任意の剣とあるから、シミターのフレイムタンもあれば、ロングソードのフレイムタンもある。
シミターは基本ダメージが1D6だからフレイムタンシミターは3D6、
ロングソードの基本ダメージは片手で1D8、両手で1D10だから、フレイムタンロングソードは片手で1D8 +2D6、両手なら1D10 +2D6の武器と言う事。
炎をまとわない実体の剣としてのダメージに炎のダメージがそのままプラスになるわけだ。
アイテムのイラストもまさにそのように描かれている。
それを踏まえて210ページのロッドオヴロードリィマイトの説明を読んでみる。
このアイテム、6つのボタンを押すことで状況に応じた6種類の武器や便利アイテムになる、直訳である王者の力を持つ道具、と言うよりは少年探偵団の秘密道具と言う感じで、なかなか少年もしくは元少年の心をくすぐってくれる。
11行目に第一のボタンを押した時の効果が書いてあって、
「ボタン1を押すと、このロッドはフレイム・タンになり、ロッドのふくらんだ先端とは反対側の端から炎の刃が噴き出す」とある。
…ん?
炎の刃が吹き出すと言う事は、実体のある刃の周りを炎がまとわりつくのではなく、ライトセイバーやビームサーベルのように何もない空間に炎が出てくるということだろう。
ということは実体剣としてのダメージは0ダメージで、それに追加ダメージの2D6。
たった2D6の威力しかないということになる。
ボタン2を押した時のバトルアックス、
ボタン3を押した時のスピア、
ボタン6をしたときのメイス
そのいずれもロッド本体から刃が生えて実体の武器としての効果が先ずあって、それにプラスして命中とダメージ2に+3であることを思うと、ボタン1の効果は他のボタンのそれよりワンランク落ちるように感じられる。
これはデザイナーのミスなのだろうか?
とは言えまぁ、単純に戦闘用の武器としては、実体がない事はマイナスに働くわけだが、戦闘以外の用途ではむしろ役立つことも多いはず。
だからこそあえて武器としての能力を抑えたのかもしれない。
そう考えてルールブックそのままに2D6の武器として扱おうと思う。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34150298

D&D5e疑義案件その9〜ロッドオヴロードリィマイトのフレイムタンボタンを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。