Powered by Six Apart

« D&D5eにおける挟撃と交通渋滞 | メイン | ダークソウルRPGを遊んできました »

2018年11月29日 (木)

「ファンデルヴァーの失われた鉱山」マスタリングしました。第4回

Img_4252


去る11月25日、D&Dキャンペーンの4回目をやりました。
もともとは全4話を全4回でやるつもりだったのですが、ラストダンジョンである第4話にはキャラクターレベル4が必要なところ、プレイヤーキャラはみなレベル3になったばかりといった塩梅。
そこでプレイヤーの提案もありやっていなかったサブクエストを順繰り順繰りひたすらやるセッションを設けたのですが、最後の廃墟の村を隅々まで探索してもらうのにしくじったこともあって、結局、レベル4に達することができませんでした。
仕方がないんで次回はダンジョンの途中で小休憩の最中にレベルアップしてもらうことにします。
出来合いのキャンペーンシナリオはここら辺のさじ加減が難しいよなぁ。
さて今回やったサブクエストのうち3つ「ワイヴァーンのとまり岩」「オールド・アウル・ウェル」「コニーベリーとアガサの住居」はサブクエストだけあって最低限の事しか書いていません。
上の写真はオーガ(フィギアはドラクエのトロールを使ってますが)との戦闘ですが特にマップが指定されてなかったからそれっぽいのを自作、他にもゾンビが巣食っている塔の残骸が自作です。
しかしそれより何よりバンシーのアガサのキャラ付けが全くされておらず、ただ交渉に成功したら情報を教えてくれる旨を書いてあるだけなのには参りました。
そもそもモンスターマニュアルに書かれたバンシーの説明だけ読むと、とても冒険者と交渉して情報を教えてくれるような存在には思えない。
彼女はどんな背景を持ちバンシーと化したのか、そこがはっきりしてないとプレイヤーとの交渉も何を話していいかわかりません。
これはもうセッションの当日まで考えてましたね。
おかげでバンシー周りはうまくできた気がします。
でこの後メインクエストとして廃村「サンダーツリー」のドラゴン退治シナリオがあったわけですが、マスターもプレイヤーもドラゴンと戦ったら勝てないことはわかっていて、だからドラゴンを崇拝するカルト宗教の信者たちやその他の人々とのやり取りでそれなりに経験値は入る腹づもりだったのですが、これらとは全く接触することなくドラゴンの情報だけ持ち帰る結末となりました。
プレーヤーにカルト教団に対する怒りを持ってもらうために、教団の洗脳で強い自殺願望を持つに至った狂女を村に入る前に出してみたりもしたんですが、狂女を演じるのに熱が入りすぎてしまったんでしょうね。プレイヤーの反応はあんな気◯◯は放っておこうというものになってしまったのが誤算でした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34153489

「ファンデルヴァーの失われた鉱山」マスタリングしました。第4回を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。