Powered by Six Apart

« D &D 5e「待機アクション」精読 | メイン | 大谷資料館に行ってきました »

2018年10月 7日 (日)

宇都宮「来らっせ」で餃子三昧

まさに餃子横丁。
ここは大変に便利ですね。
旅行で宇都宮に到着したのが19:00。
ホテルのチェックインなど色々あって宇都宮の繁華街であるオニオン通りに着いたのが19:45頃。
うーん。
なるべく多くの店で餃子を食いたいと思っていたが無理かなあ、1軒だけ決めて其処だけにするかな、と半ば諦めていたのですが、まだ続いている行列を見て目の色が変わります。
よし!食いまくるしかない!
テーブルについた20:05からラストオーダー20:30までの間に手分けして注文しまくり5店舗から1人あたり20個強の餃子を堪能いたしました。
市内をあちこち歩き回らずともここ1箇所で済むが故の綱渡り大成功でした。
食べたのは

Img_2829


↑「龍門」のよだれ餃子
たれとネギがよく合うんですよ。
口に入れた時はあっさり感じるがやがてジワジワ来るのはこのたれネギのおかげですかね。

Img_2830


↑「みんみん」の水餃子。
北海道の餃子も水餃子と言われますが、これは全く違いますね。
アツアツなのをホクホクと放り込むわけですが、薄味系なのかなという事前予想とは裏腹に飯にも合う!

Img_2832


↑「めんめん」の羽根つき餃子。
もちろんパリポリの羽根は残さず貪り喰らうのです。
羽根を第2の皮とすると2種類の皮で具が包み込まれているようなもの。
味変が絶えず起こっている楽しい餃子。

Img_2831


↑「さつき」のオールスター餃子。
バラエティ溢れる餃子セット。
特に和牛の詰まった下野餃子の「密度」は幸福度が高いです。

Img_2833


↑「香蘭」の黒スープ餃子。
もやしが意外に合っていて食べ応え抜群。
贅沢なラーメンの具を食べているような感覚でした。

共通しているのは大蒜がそんなにガンガン自己主張して来ないのに味わいがジワジワ来ること。
噛み締める喜び。
北海道の餃子に慣れてるせいかどれも鮮烈な感動でした。

http://www.gyozakai.com/society/kirasse.html

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34146784

宇都宮「来らっせ」で餃子三昧を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。