Powered by Six Apart

« 大谷資料館に行ってきました | メイン | 稚内・勇知「ファームレストランゆうゆう」のランチセット「海鮮フライ」 »

2018年10月 9日 (火)

D &D 5eハウス規程

私がダンジョンマスターやる時に使うルール使わないルールを以下に列挙していきます。
原則、存在するルールはなるべく積極的に使っていこうと思っていますが…

1.使うルール
1-1.グリッド戦闘
戦闘は1マス5フィートのグリット戦闘とします。
斜め移動は1マスとします。

2.使わないルール
2-1.挟撃
とりあえず使わないことにします。
敵の方が数が多い場面が大半であることを思うと、プレイヤー側が損をしますからね。
ローグの有利を得る能力が霞んでしまうって言うのもありますし。

2-2.インスピレーション
セッション開始と同時に無条件で1ポイント与えられます。
それ以外の方法では手に入りませんし上限は1です。
TRPGに於いて「ロールプレイする」事は当たり前なので、ルールで強制するのもどうかと思いますので。

3.ハウスルール
3-1.ライトハンマーの投擲
ライトハンマーは放物線状に投げることができることとします。
どういうことかと言うと目標との味を間にいる敵や味方の通常を飛び越えて攻撃できます。
緩やかなスピードで放り投げるので攻撃側の命中判定ではなく、防御側の回避判定で命中の有無を決めることとします。
防御側は目標値10の回避判定を行い失敗すると命中します。
ダメージは通常と同じですが、クリティカルは存在しません。
(DMがカプコンD&Dが大好きと言うただそれだけの理由で入れるものです)

4.注意すべき点
所持金と初期装備
キャラメイクの際の所持金と初期装備を決める方法には2つありますが、基本的には各クラスの「装備品」の項に準じます。

※このエントリーはセッション告知などに貼られます。
随時、変更となっていきます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34143052

D &D 5eハウス規程を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。