Powered by Six Apart

« 稚内・寿し処「へそまがり」の河豚の唐揚げ | メイン | D &D 5eシナリオ「いったいどうなる大冒険」をマスタリングしました »

2018年9月 2日 (日)

クトゥルフTR PG〜シナリオ「星辰正しき後」をプレイしました

Img_1863


ススルフさんで初クトゥルフ。
…まあ、30年前に何度かやったから「初」では無いんですが、出戻り後初ってことで感覚的には初ですね。
今回はダイスが走りまくりました。
「01」だけで3回くらい出たんじゃないかな。
外にも一桁台が出まくって、低い能力値をカバーしまくり。
キャラシートにあるように我がキャラ、占い師の「クーシー串崎」は能力値が平均以下ですからね。
まあ、そこはロールプレイでなんとかするつもりでいたら、クリティカル連発で美味しい活躍ができました。
文明崩壊後の無人の警察署に拳銃の調達に行って乗れるパトカーはないか探したら「目星」ロールで01クリティカルが出て、フェラーリのパトカーを見つけたときは笑ったなぁ。
しかし、最も笑ったのは、仲間のバレーボール選手のバレーボール攻撃。
「投擲」スキルで命中率は高いわ、「跳躍」「芸術(バレーボール)」スキルの組み合わせでトリッキーな作戦に対応できるわで、応用力極めて高し。
もともとみんな現代物のつもりでどんなスキルが役に立つのかわからなくてダメ元でキャラ作りしていたら、文明崩壊後の世界だった。
そうやって選んだスキルが大活躍だと楽しいですよね。
想定外の出来事が起こってキーパーも楽しそうでした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34142120

クトゥルフTR PG〜シナリオ「星辰正しき後」をプレイしましたを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。