Powered by Six Apart

« D &D 5e疑義案件その1〜盾を持って魔法が使えるかどうか | メイン | 「ファンデルヴァーの失われた鉱山」マスタリングしました。第2回 »

2018年9月21日 (金)

D &D セッションの戦闘マップの準備は大変だ

Image


次回、9月23日に行うD &D キャンペーン第2回の準備で大忙し。
前回、戦闘マップは全て手書きで用意して行ったのですが、非常に大変だった。
最初のダンジョンの舞台が必ずしも1マス区切りになっていない自然の洞窟と言うことを差し引いてもこれはとてもやってられないと思った。
だから、シナリオに書いてあるダンジョンマップを拡大コピーして、私の採用している縮尺約60分の1、一マス5フィート即ち1.5メートルが25ミリになるように1部屋ごと作っていくことにした。
…そしたら、こっちのやり方も消して楽ってわけじゃないのね。
今回3つのダンジョンをコピーしたのですが、それぞれ400%、800%、400%に拡大しなければならない。
普通のコピー機の拡大は400%が上限ですよ。
だから2つ目のダンジョンは2回に分けて拡大が必要。
それに400%になるって事は、少しずつずらしてコピーして後で貼り合わせる必要性が出てくる。
目算が狂ってクレバスができないように神経も使う。
そしてセイコーマートから自宅に帰って切り貼りを行う。
写真のは2枚を張り合わせたものですがこんなの楽な方で、縦に長い部屋なんかは大変です。
しかもシナリオの流れをあらかじめ想定して、この戦闘は複数の部屋にまたがるなと思ったら、その複数の部屋が1枚のマップに収まるようにしなければならない。
仕事帰りのセコマと自宅の往復で3日かかってしまいました。
出来合いのシナリオを使い続ける限りこういう事は起こるんだろうなぁ。
早くシステムに慣れて自作シナリオに移行せねば。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34144679

D &D セッションの戦闘マップの準備は大変だを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。