Powered by Six Apart

« 2018年8月 | メイン | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

TRPGにおいて判定を繰り返せない理由

鍵を開ける時。
扉をぶち破る時。
能力値判定に失敗すれば、鍵は開けられない扉はぶち破れない。
そりゃそうですよねまさにそのために能力値判定を行うのですから。
しかし目の前には開かなかった鍵、破れなかった扉があるわけで、プレイヤーはもう一回、判定をさせてくれと言ってくることがあります。
特にダイスの目が悪かった時に。
これを認めないためにはどうすればいいか。
成功するまで何度でもやらせるんだったらそもそも判定の意味がない。
でもそれはメタな理由です。
もちろんゲームマスターがそういうルールだと言えば大抵のプレイヤーは従うでしょうけど、没入感にとってはマイナスです。
そこでリトライができない理由を論理的に構築しておくことにしました。
まず最も簡単なのは

1.各ロールそのものが複数のリトライを経た最終的な結果である

と言うものです。
つまりロールで失敗の結果が出た時点で万策尽きているわけです。
TR PGの様々な問題は抽象化マクロ化することであらかた解決しますよね。
もっともこの場合、戦闘システムとの相性はあまり良くありません。
味方が敵を引き付けている間に何とか鍵を開けるというシチュエーションを演出したい時、あーでもないこーでもないという試行錯誤の「あー」や「こー」はそれぞれ1ターンでありたい、これ人情というもの。
こういうせせこましい状況における能力値チェックはかかるターン数をダイスで決める、但しダイスの目はプレーヤーには教えない、というのが良さそうです。
1ターンで終わると言う事はさすがにないだろうから、ダイスの後ろにプラスをつけて1D 6+2あたりが収まりが良い。
先程のうまくいったもしくは万策尽きたはこのターン数を経過した後でのことということになる。
まさに何回か試行錯誤繰り返した上での結果です。
ところでダイスを振る以上は、出目がいいことも悪いこともある。
この最大の目と最初の目の違いは劇中世界において何を表しているのか。
キャラクターのその日その時の調子、と言うのが能力値判定の最も素直な解釈なんでしょうが、プレイヤーからしてみると調子が悪くて失敗したのなら調子の良い時にリトライしたいと思ってしまうのも無理は無い。
そこで私は状況の良い悪いも含まれていると考えます。
鍵の例で言うならば、ちょっとバカになっているのかもしれない。
出目が悪い時にたとえ出目が良くても失敗していたのだとプレイヤーに思わせるアドリブトークができれば素直にリトライを諦めてもらえると言うもの。
ここら辺、臨機応変に行きたいものです。

2018年9月26日 (水)

「ファンデルヴァーの失われた鉱山」マスタリングしました。第2回

Img_2470


9月23日にダンジョンズ&ドラゴンズキャンペーンの第二回目セッションを行いました。
前回、参加したヒューマンのファイター「ガラ」さんは傷ついたNPCのシルダーさんに付き添ってネバーウィンターに帰ると言う名目で退場。
代わりにドラゴンボーンのパラディン「ゴ◯ュラス」、ハイエルフのウィザード「テイロン」が加わり、此れまでのハイエルフのレンジャー「イキュ」、ヒューマンのバーバリアン「クローヴァ」と合わせて4人パーティーに。
このキャンペーンは4〜5人用となっており、3人パーティーだった前回はモンスターの数を減らしておりました。
しかし、4人いるなら減らすこともないでしょう。
そう目算して通常通りのキャパシティーをダンジョンに発揮してもらったのですが…。
いやはや、こんなにプレイヤー側が苦戦するとは。
9月16日に行った第一回目セッションがサクサクと第2話のダンジョン突入まで行ったものだから、ひょっとすると第3話のいいところまで行くかもな?と行くかもしれないダンジョンを3つ分のマップをコピーして行ったのですが、実際には1つ目のダンジョンのボスの前で力尽きて撤退となってしまいました。
第一話の洞窟では主要な戦闘を2つほど回避できたのですが、今回は結構、連戦に次ぐ連戦になっちゃいましたからね。
以前にやった別のシナリオに今回のプレイヤーのうち2名が参加していて、そのシナリオでは「逃げたゴブリンがラスボスに合流してた」という展開(シナリオに最初から指示されている)があったんで、個々にきちんと殲滅しておかないとダメだ、と警戒されたのかもしれませんね。
後で合流する事はない旨がわかるように演出をちりばめておいたつもりなんですが、まだまだ足りなかったようです。
まぁこういう流れも含めて楽しかったです。
次回の展開はまだ考えていませんがいくつか案はあります。
単純にダンジョンをもう一回攻略はつまらない、そもそも撤退することは何らかのマクロな状況の変化をもたらすべきですからね。
TR PGでしかできないことをやっていきたいと思います。

2018年9月21日 (金)

D &D セッションの戦闘マップの準備は大変だ

Image


次回、9月23日に行うD &D キャンペーン第2回の準備で大忙し。
前回、戦闘マップは全て手書きで用意して行ったのですが、非常に大変だった。
最初のダンジョンの舞台が必ずしも1マス区切りになっていない自然の洞窟と言うことを差し引いてもこれはとてもやってられないと思った。
だから、シナリオに書いてあるダンジョンマップを拡大コピーして、私の採用している縮尺約60分の1、一マス5フィート即ち1.5メートルが25ミリになるように1部屋ごと作っていくことにした。
…そしたら、こっちのやり方も消して楽ってわけじゃないのね。
今回3つのダンジョンをコピーしたのですが、それぞれ400%、800%、400%に拡大しなければならない。
普通のコピー機の拡大は400%が上限ですよ。
だから2つ目のダンジョンは2回に分けて拡大が必要。
それに400%になるって事は、少しずつずらしてコピーして後で貼り合わせる必要性が出てくる。
目算が狂ってクレバスができないように神経も使う。
そしてセイコーマートから自宅に帰って切り貼りを行う。
写真のは2枚を張り合わせたものですがこんなの楽な方で、縦に長い部屋なんかは大変です。
しかもシナリオの流れをあらかじめ想定して、この戦闘は複数の部屋にまたがるなと思ったら、その複数の部屋が1枚のマップに収まるようにしなければならない。
仕事帰りのセコマと自宅の往復で3日かかってしまいました。
出来合いのシナリオを使い続ける限りこういう事は起こるんだろうなぁ。
早くシステムに慣れて自作シナリオに移行せねば。

2018年9月20日 (木)

D &D 5e疑義案件その1〜盾を持って魔法が使えるかどうか

プレイヤーより盾を持っていては魔法を使えないのではないか?という指摘がありました。
え?と思ったんですが、なるほど聞いてみると一理ある。
その場では回答を出せなかったので持ち帰って考えてみました。
しかし結論から言うと

やはり盾を持っていようと片手さえ空いていれば呪文は使えます。

以下にその理由を説明しましょう。

まずなぜそのような疑問が生じたのかを挙げてみます。
プレイヤーズハンドブック第6章「カスタマイズ用オプション」の「特技」ルール(167Pより)で得られる特技のうち「戦場の術者」には、こうあります。

・君は、片手あるいは両手に武器や盾を持っている時にも、呪文の動作要素を執り行うことができる。

また、第10章「呪文の発動」には動作要素(203P)としてこうあります。

〜ある呪文が動作要素を要するなら〜少なくとも1つの手が空いていなければならない。

この2つを見比べると、確かに「戦場の術者」の特技がない限りは盾を持っていたら魔法を使えないように読めます。
況してや「細則は一般則に優越する」(7P)ですからね。

しかし…なんか日本語が変ですよね。
私は「戦場の術者」の特技は次のようなことを言いたいのだと解釈しました。
・君は武器や盾を持っている手で魔法の動作を行える。
つまり右手に握った剣を敵に向けて「喰らえ!」と叫びながらマジックミサイルを撃つのも、戦場の術者の特技の持ち主にとっては、一般的な魔術師が片手で行うのと同様の立派な動作要素であると言うことです。
私のマスタリングではこの解釈で行こうと思いますのでご了承下さい。

なお盾も防具ですから、習熟しなければ魔法が使えないことに変わりはありません。

2018年9月19日 (水)

札幌大通・kanakoのスープカレー屋さん「たっぷりきのこのクリームスープカレー」

Img_2240


以前に1回だけ入ってご無沙汰してましたが、この野菜うまかったなぁ、と言う記憶があって、ふらっと入ってみました。
そして9月30日までの期間限定メニューを注文。
期待を裏切らない味でした。
私、きのこの入っているスープカレーは割と警戒するんです。
きのこからしみ出したエキスがスープの味を損ねることがありますからね。
だから本来ならきのこたっぷりなんて頼むわけがない。
それでも頼んだと言う信頼。
パリポリと噛み砕くようなからっとした味わいのまいたけを初めとして、スープカレーに入れるべきキノコの手本とも言うべきセレクション。
スープの味は吸い込んでもスープに味は染み出ない。
実に堪能させていただきました。

2018年9月18日 (火)

「ファンデルヴァーの失われた鉱山」マスタリングしました。第1回

Img_2246


以前にプレイヤーとして遊んで大変に面白かった「ファンデルヴァー」。
今度は自分でダンジョンマスターとしてやってみたい。
ずっとそう思ってきましたがやっと実現にこぎつけました。
とりあえず全4回の予定で9月16日に札幌のプレイスペース「こにょっと」さんで第一回を。
色々と苦労もありましたが何とか無事に終わらせて、第2回以降につなげることができました。
第一話で終わる想定でしたから、第一話で起こるだろう戦闘についてあらかじめ方眼紙に全て書き起こしておいて、それぞれの敵のHPについても別の方眼紙ノートにリストアップしておいて、これはうまく機能したと思います。
それが写真の中盤の戦闘ですがシステマティックにサクサクと処理できました。
これは次回以降もやりたいですね。
ただ、きっちりブロック単位になった建造物ならまだいいんでしょうが、今回のような自然の洞窟だと手間も頭も使って割とタイヘン。
私がプレイヤーをやったときのDMさんはシナリオのマップを一部屋ごとに拡大コピーしたものをそのまま戦闘マップにしていて、それを見ていやはや大変な作業だなと思っていましたが、自分で手で書く方がはるかに大変だということがわかったのでw私もコピーにしようかな。
ただ、それでも準備は万全ではありませんでした。
プレイヤーたちがこれは必要ないと判断した第一話のラスボス戦闘を回避したこともあって2話に突入したんですが、2話の読み込みは十分じゃなかったんですね。
一応、ファンダリンの町のすべてのNPCの役作りは軽くしておいたんで、キャラが大きくぶれる事はなかったんですが。
このキャンペーンは自由度が高めなんで、もっと広く浅く読んでおいて、いろんな状況に対応できるようにしておくべきだと痛感しました。
さて、次回まで1週間もありませんw
がんばって間に合わせるぞ。

2018年9月14日 (金)

稚内・CAFE ZAZIEのスープカレー

Img_2176


住宅街の片隅にあるスープカレーを食べられる穴場。
シンプルなあっさりスープ。
しかし、人参やズッキーニを噛む度にスパイシーなスープが喉を心地よく灼く。
大きめのチキンとペラいベーコンのハーモニーもいいですね。
これでサフランライスだったらもっといいんだけどね。
駐車場はないんで歩いていきましょう。

2018年9月11日 (火)

D &D 5eグリット戦闘用「猛獣軍団」

見てください。
前後を猛獣に挟まれ絶体絶命の冒険者たち!

Img_2111


使ったのはドイツの動物玩具「シュライヒ」。
その台座として24ミリ× 48ミリの透明プラ板を貼っただけのシンプルなものです。
こんなふうにね。

Img_2112


D &D ボードゲームの付属フィギュアが24ミリ四方、手に入りやすい12ミリ方眼ノートの2ます× 2ますに収まるものですから、私は24ミリをD &D グリッド戦闘の1マスにしています。
この猛獣達は2マスキャラというわけですね。
他の都市の状況は知りませんがシュライヒは札幌のヨドバシカメラに大きなコーナーがありますね。
これ、TR PGのユニットに使えないかと前から考えていた。
とは言え全体的に大きすぎる。
ガチャポンフィギュアを始めTRPGに「使えそう」なものがあふれている現代日本ではありますが、「実際に使える」サイズのものは意外に少ない。
ですから普段から財布やカードケースに入る小さめのスケールを持ち歩くか、私がやっているのは自分の人差し指や親指の爪先から第一関節の長さを覚えておいて、使えそうなものが見つかったらすかさず測るようにする。
このシュライヒの場合も、ラインナップのほとんどはもっと大きいのですが、ここにあるのは皆、動物の子供たち。
子供たちを成獣フィギュアとして見れば、十分にセッションに使えると言うわけです。
これで冒険者たちを襲う猛獣!のシチュエーションには困らないかな。

2018年9月10日 (月)

エドワード・ランディ(AC)

Img_2078


レトロビットジェネレーション4でプレイ。
ストライダー飛竜からエドワード・ランディを経てガンスターヒーローズに。
エドワード・ランディは名前しか知らなかった自分はストライダー飛竜とガンスターヒーローズの関連性などこれまで気付かなかったが、このゲームをプレイしているとこれがミッシングリンクであることに気づかざるを得ない。
データイースト版ストライダー飛竜。
もちろん、写真に写っている敵がでかい銃を撃つシーンが飛竜のライバルのソロのそれに似ているってのもあるが、そーゆーディテールだけでなく、大きめのキャラが地形を生かした大立ち回りを演じるダイナミックなかっこよさ。
愛用の鞭「クリフハンガー」でナイフや銃弾を弾き飛ばしターザンのように宙を渡る気宇壮大で豪快なヒーロー。
インディージョーンズのような背景世界と相まって、まさに快男児の活躍がゲーム上に展開されているのだ。
惜しむらくはレトロビットジェネレーション4のコントローラが悪いのか、→→ダッシュやジャンプ中↓踏みつけ攻撃がなかなか出ない。
おおざっぱなプレイをだんだんと緻密に自分なりに練り上げていくのがこの手のゲームの楽しさだけに、ちゃんとしたジョイスティックが欲しいところだよなぁ。

2018年9月 9日 (日)

「ファンデルヴァーの失われた鉱山」セッション注意事項

TR PG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」第5版の全4話のキャンペーンを5回に分けて行います。
スターターセットに入っているシナリオで、表題通り失われた鉱山を求めて探索の旅を行います。

1.日時
※あくまで予定です。
人が集まらなかったら順次、先送りとなります。

1回目 2018年9月16日(日) 18:00〜23:00※無事に終了しました
2回目 2018年9月23日(日) 18:00〜23:00※無事に終了しました
3回目 2018年10月21日(日) 12:00〜18:00※無事に終了しました
4回目 2018年11月25日(日) 13:00〜18:00
5回目 2018年12月下旬(詳細未定)

2.場所
1回目 かくれがゲームカフェこにょっと(札幌市中央区南3条西2丁目7番2階)
2回目 BARソロモン(札幌市中央区南6条西6丁目第6旭観光ビル8F)
3回目 ボードゲームプレイスペースFRIENDS (札幌市 中央区 南1条東2丁目1-3)
4回目 らびっとはうす(札幌市北区北10条西1丁目4ー2 LEE北10条ビル405号室)
5回目 札幌市内(未定)

3.募集人員
3人から5人

4.キャラクター
キャラメイクの時間は取りません。
サンプルキャラクターが5人いるので、その中から選んでいただきます。
プレイヤーズハンドブックをお持ちなら、予めキャラクターを作ってきても構いません。
既にお持ちのキャラを使っても構いません。
1回目のセッションでは1レベルキャラクター。
2回目のセッションでは2レベルキャラクター。
3回目のセッションでは3レベルキャラクター。
4回目のセッションでは3レベルキャラクターで始めます。
5回目のセッションでは4レベルキャラクターで始めます。
その場合、サンプルキャラクターのうち1人を選んでその「関わりぶかいもの」「背景」に入れ替えてもらいます。

5.持ってくるもの
鉛筆と消しゴムがあればいいでしょう。
ダイスとグリッド戦闘用のミニフィギュアはこちらで用意しますが、
愛用のものを持参しても構いません。
ミニフィギュアの台座は長辺24ミリ以内としてください。

6.参加希望
このエントリにコメントしてもいいですし、
Twitterにコメントしても構いません。

7.料金
各会場の使用料は個人負担となります。