Powered by Six Apart

« D&D「腐敗の影」マスタリング記録その3〜洞窟に入る理由を納得してもらおう! | メイン | T&T5版プレイレポート「フィールドアドベンチャーもまた楽しい」 »

2018年8月11日 (土)

「腐敗の影」マスタリング記録その4〜次回への反省

20数年ぶりにダンジョンマスターやった経験を語る連続エントリーも今日で最終回。
1回のセッションで4本もエントリを書いていたらキリが無いので、次回から抑えますね。
まあ、それぐらいおだってたってことです。
さて、今回は反省点。
マスタースクリーンって邪魔ですよね。
情報収集やコミュニケーションの時はいいんですが、いざ戦闘が始まるとスクリーンの向こう側、プレイヤーに囲まれているマップに直接に手が届かないのが不便。
それでスクリーンのこちら側、DMのいるテーブルと、プレイヤーのいるテーブルを行ったり来たりになってしまった。
やはりテンポ的によろしくないですよね。
これは戦闘を処理するシートがDM側にあって、それによりプレイヤーには各モンスターの残りHP等がわからないようになっていたからなんですけど、いっそのことシートの管理も全部プレイヤーに任せたほうがいいかなと思い始めています。
次回のセッションで試してみますかね。
戦闘マップはA4の12ミリの方眼ノートにその場で手書きで書いていく方式を取りましたが、これもあらかじめ書いておくべきでした。
パーティーが一歩また一歩とダンジョンの通路を進んでいく様子を表現するため少しずつ書き加えて行く…なんてのも面白いかと思ったんですが、結局めんどくさくて。
だったら最初から用意しておくべきでした。
どっちにしろそんなにたくさんの戦闘するわけじゃないんだし。
ただ、反省点は戦闘の処理に集中していて、肝心の「ロールプレイ」はそう目立った反省点もないので、これは慣れていくしかないのでしょう。
次回はおそらく自作シナリオ。
自作シナリオゆえの問題点も出てくるでしょうが、ここであれこれ考えているより、まずはやってみようと思っています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34139172

「腐敗の影」マスタリング記録その4〜次回への反省を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。