Powered by Six Apart

« 「ら・せーぬ」の道産ホタテのアメリカンソース | メイン | D&D「腐敗の影」マスタリング記録その2〜アドリブはやっぱり楽しい »

2018年8月 8日 (水)

「腐敗の影」マスタリング記録その1〜20数年ぶりにマスターやりました

Img_0942


一昨年前にTRPGにプレイヤーとして復帰してから虎視眈々と狙ってきたゲームマスターへの復帰。
去る8月5日、札幌のTR PGサークル「UNI」さんの例会で達成いたしました。
(まあD&Dだからゲームマスターじゃなくダンジョンマスターですがw)
いや〜やっぱり楽しいですね!
マスターやると脳内麻薬がどばどば出るから、稚内に帰った翌朝は3時半ごろに目が覚めてそれから眠れなくて、月曜の仕事はめっちゃ辛かったですw
シナリオはホビージャパンの公式サイトに載っていた「腐敗の影」。
慣れたマスターなら2〜3時間。
ルールブックを参照する時間を含めても4時間、とシナリオに書いてありましたが、蓋をあけるとキャラメイク1時間20分、シナリオ自体は3時間で終わりました。
シナリオに全く書いてないアドリブかましまくったにもかかわらず。
事前準備は結構やったと思います。
ルールブックのどこに何が書いてあるかある程度は把握していたし、章ごとのタグはもちろんのこと、敵の魔術師が使う魔法のページには付箋を貼っておいた。
さらに、プレイヤーはみんなD&D5版は初体験と言うこともあって難しそうな魔法職は遠慮したのか、ハイエルフのレンジャー「イキュ」にスタウトハーフリングのモンク「エリック」にヒューマンのファイター「ガラ」という前衛職のみの3人パーティー。
もし全くアドリブなしに、シナリオに書いてないことは全くやらなかったら、1時間半で終わっていたかもしれません。
とは言えアドリブを入れなかったらTR PGをやる意味ってほとんどないじゃないですか。
だからシナリオ時間の目安ってのは人それぞれなんでしょうね。
何本かマスターをやって感覚で覚えていくしかないのでしょう。
続きます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34138959

「腐敗の影」マスタリング記録その1〜20数年ぶりにマスターやりましたを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。