Powered by Six Apart

« ぷちGARAKU 2018年8月のマンスリーカレー ポークフランクとベーコンの炙りチーズのせ | メイン | デノーズのスラッピージョー »

2018年8月19日 (日)

銀魂2 掟は破るためにこそある

うーん…1本の長編映画として成立させるためにはずっとギャグでは厳しいから、背骨はシリアスにせざるをえない。
まあ、そのことは他のギャグマンガの劇場アニメなんかでも当たり前のことではあるんだけど、そこら辺のさじ加減、前作ではもっとうまくやっていたと思うんだよね。
序盤のギャグpartがかなり笑えただけに、シリアス一本槍になってからが観るのキツかったです。
単純にシリアスものとしてみると格好いいんだけど。
今回の主人公は土方。
というか新選組。
人格の変わるマイクロチップを埋め込まれ弱々しい性格に矯正される土方が新選組との絆を取り戻すまでを描くってわけで、そうなってくると各キャラクターの語りが多い。
それがなんか退屈につながるんだと思う。
熱いセリフは好きなんだけど、ばっかりだとね。
それに、やっぱりテンプレなオタ描写は不愉快だなあ。
ストイックな土方がアニメフィギュアに夢中になってるのは最初のうちは面白いけどちょっとくどい。
あれで引っ張りすぎて、もういいからそれはという気分になるのだ。
橋本環奈の発育が著しくて、もはやお子様な神楽の役は厳しくなってる。
キャバ嬢が足りなくて困ってる場面で神楽が立候補するもお子様なので無視される、という場面であんなナイスバディーだからちょっと無理がある。

エンドロール後エピソード なし

公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/sp/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34140423

銀魂2 掟は破るためにこそあるを参照しているブログ:

コメント

パロディは今回もいろいろありますよ♪
劇中でも「いいのかこれ?」と言う位。
全体的にシリアスとのバランスが悪いだけでギャグ自体はちゃんと笑えます。
橋本環奈、チャイナ服がボン!キュッ!ボン!になってましたw
しかしまあ気づかないことにします。
降板されては困りますからねw

前作では、ガンダムorナウシカネタなど笑えましたが、今回あるのでしょうか?

橋本環奈・・・ロリフェイスではありますが、エロいボディがたまらんです!!
となると、神楽は無理有りますね(^O^)

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。