Powered by Six Apart

« セイコーマートのさんま蒲焼重 | メイン | からかい上手の高木さん 第9巻 »

2018年7月15日 (日)

ジュラシック・ワールド 炎の王国

こんがきゃあなにしくさんねん!
とりあえずラストは大いに気に入りません。
ヒグマのいる北海道の住人からすると、何か事故が起きたり目撃例があると地元の役場にヒグマ殺すなとか脳の沸騰した電話かけてくるボケバカが想起され実に気分が悪い。
ハリウッドというか現代アメリカの頭のおかしさってのはこういうラストで自己陶酔に浸るんですね。
まー気持ち悪い。
とは言えダメなのはそこだけ。
恐竜頭蛇尾。
それ以外は全てたいへん面白い映画でした。
胸くそ悪い恐竜オークションに群がる死の商人たち!
こいつらのうち何人か喰われてくんねぇかな。
北斗の拳大好きな私としては悪党どもの無残な死に方でゲラゲラ笑いたいという期待がむくむくと湧き上がります。
裏切りませんw
建築物の地形を生かした駆け引きもたまりません。
恐竜は怪獣のように大きくないから館の中で等身大の人間とやりとりができる、その利点をたっぷりと生かしています。
時々あるできの悪い怪獣映画のような「怪獣パートと人間パートの乖離」が最小限でした。
ヴェロキラプトルの「ブルー」との友情にはそれほど心を動かされなかった。
なまじ国内上映がランページと近かったものだから、もうこのパターンはいいよと思ってしまった。

エンドロール後エピソード あり

公式サイト
http://www.jurassicworld.jp

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34136129

ジュラシック・ワールド 炎の王国を参照しているブログ:

コメント

確かに映画と連動した恐竜イベントはほしかったですね。
映画の没入感が飛躍的に高まったはず…。

もう見に行かれましたか。
来週?くらいに見に行きたいと思っています。

夏は恐竜イベントがあった筈なのに、今年は・・・

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。