Powered by Six Apart

« ダンジョン&ドラゴン | メイン | ブルーウォ◯ターの替え歌 »

2018年5月 8日 (火)

プレハン読了

ダンジョンズ&ドラゴンズ第5版プレイヤーズハンドブック。
なんとか精読終了。
まあ、付録Cだけは早々に挫折しました。
たくさんある異次元界の説明なんですが、それだけ読んでも面白くもなんともない。
その次元界に行くことがあったり、逆にデーモンなりデビルなりエレメンタルなりがやってきたり、魔法の源がその次元界にあったりした時に参照すればいいのかなぁ、と。
付録Dのクリーチャー集もモンスターマニュアルの抜粋で、後でモンスターマニュアルを読めばいいってことで省略。
購入して読み始めたのが確か12月の末ぐらいだから、風邪でダウンしてた1ヶ月ぐらいを差し引いて3ヶ月半くらいもかかった計算。
検索でこのエントリーにたどり着いた人もいるだろうから繰り返すけど、TRPGは別にルールブックの隅々まで読む必要は無い。
極端な話、大半は物語を進めていく上で、必要になってから読んでも何の問題もないのだ。
だから、3ヶ月半もかけてルールを読まないとプレイできないなんて事は無い。
それをわざわざじっくり精読したのは、プレイヤーの誰1人として読んでいなかった箇所に大切なルールがあったら困るとか、自信を持ってセッションに臨みたいとか理由はあるけど、なんといってもきちんと作られていて読んでいるだけで楽しいからだね。
スポーツでもなんだかんだ理由はあれ競技人口の多い国が強い。
圧倒的にプレイヤーの、という事は実質的なテストプレイヤー人口の多いアメリカ産のTRPGはかゆいところに手が届く完成度の高さがルールからだけでも伝わってくる。
次はスターターセットの付属シナリオを精読して、マスターズガイドは…うーんこっちも精読したいけどどうするかなぁ。
このペースだといつDMできるか分からんし。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34124962

プレハン読了を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。