Powered by Six Apart

« 厭な小説 | メイン | 山形の昔ばなし »

2018年5月31日 (木)

非常に内容が濃いD&D5eの「君の世界」

D&D5eダンジョンマスターズガイド。
第1章「君の世界」を熟読した。
さらさら読み流すつもりが、熟読したのは、たった35ページの中に世界の作り方シナリオの作り方キャンペーンの発展のさせ方などがぎっしり詰まって、内容が非常に濃かったから。
このままのペースでDMガイド全部を熟読してしまうんだろうなぁ。
俺は昔からどんなRPGシステムでも、ランダム表はほとんど使ってこなかった。
ワンダリングモンスターや財宝表は使うこともあるけど、使うよりもその地域の食物連鎖や生態系のイメージをつかんだりモンスターや盗賊たちが掠奪によりどのような実入りを得ているかの参考とする方がはるかに多かったし、ランダムイベントに至っては物語の自然な流れを阻害するとしか思えなかったからだ。
だが、このDMガイドの記載を見て考えを改めた。
本来なら、政治形態や社会を震撼させる出来事や指導者のタイプのランダム一覧表など、そんなのマスターが自分で考えりゃいいだろ?で一蹴するところなのに、ダイスの出目によるそれぞれの結果に対して、かなり具体的な物語の中での活かし方が述べられていることで、やっとというかようやく世界の作り方として参考にできるようになった感じ。
例えば「もっとも面白いワールドガイド」たるFF(またはAFF)の「タイタン」は、よくできた世界設定を面白い架空の神話の体裁で語ることで、お手本として機能した。
だが、お手本として自分で1から作らなければならなかった事も事実だ。
俺や当時のTR PG仲間はみなそういうことこそが大好きだったから、これは全く問題にならなかったが、敷居が高く感じられる人も多かったろう。
それに応えるためのランダム表はかつては自動生成装置としての出力結果があまりにもアバウトだったし、今主流のシステムでも、ともすれば出力結果を如何に拡大解釈するかのロールプレイになりかねない危険性を孕む。
しかしこの「君の世界」は両者の長所を併せ持っているのだ。
これがルールブックのごく一部のチャプターに過ぎないというのは驚きだ。
…まあ、俺は自由にやるのに慣れてるから使わないと思うけど、それでもこんなところまで間口が広いとはなあ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34128526

非常に内容が濃いD&D5eの「君の世界」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。