Powered by Six Apart

« アドバンストファイティングファンタジー第2版をざっと読みました | メイン | D&D5eの魔法をとりあえず精読しました »

2018年5月 2日 (水)

「よつばと!」第14巻

あさぎさんが出てくるとそれだけで大満足。
あの子、よつばが大好きでかつ扱いがうまいもんだから、よつばの魅力を引き出すんですよね。
さて、今回は上京編。
大都会東京でよつばは初めて人間のちょっとした悪意にさらされます。
本当にちょっとしたことなんですけど、よつばにとっては結構なショック。
ここでのとーちゃんの対応がいい。
よつばが1人で壁を乗り越えられるように、厳しくも優しく見守ります。
かつては勝手に自転車で遠くに行ってしまってとーちゃんにコツンとやられたことを思うと、よつば確実に成長していますね。
そして改めて見るに、以前より落ち着いている。
とーちゃんは日ごろからそれを見て、もう東京に連れて行っても大丈夫と判断したのでしょう。
感無量ですね。
…とーちゃん子育て初めてだよね?
とーちゃんの過去は明らかになってませんが、世界放浪中に世界中のいろんな子供に触れたのかも。
よつばの成長が具体的にはっきり分かる形で描かれたのはこれが初めてかもしれません。
とーちゃんの妹、よつばにとってはおばにあたる小春子さんの初登場も、よつばの東京デビューに心を砕く様子がまず第一であって、このマンガがあくまで「よつばと」であると言うことを思い出させてくれます。
以前から、この「よつばと」に込められたメッセージは、時間は確実に前に進んでいき人は変わって行くが、だからこそ一刻一刻が尊いのだ、ということだと思っていますが、大きくなっていくよつばにちょっとした寂しさを感じてしまうこの心の揺れ動きは、まさに一巻からずっと読んできたその時の流れなのでしょうね。
長期連載を(コミック派ですが)追いかけていく喜びを久しぶりに感じました。

電撃コミックWEBの該当ページ
http://dc.dengeki.com/newreleases/978-4-04-893705-4/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34124427

「よつばと!」第14巻を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。