Powered by Six Apart

« 風都探偵①②巻 | メイン | 精霊カフェ »

2018年4月 5日 (木)

ナナちゃんOh mein GOTTしよ

なんか食べながら観ちゃいかんよ。
わたしは夕張の映画祭で観てきました。
「パンツの穴」系統の「明るいスケベ」映画。
しかし、扱う題材は…
繰り返しますが、なんか食べながら観ちゃいかんよ。
苔の一念、岩をも通すというか、中高生のうちだけですよね、大声で「やりてー!」って言っても馬鹿な奴だなぁ程度で許されるのは。
でも俺も含めて大半の人は、若い頃でもそんな事は恥ずかしくてできなかったのでは?
で、まぁそれでも、若い頃に戻れたら大声で叫びたいとも思わないんだけど、どことなく羨ましくもある。
何か食べながら観ちゃいけない渾身の演技からは、そんなことが伝わってきます。
男に好きと言われて嬉しくない女はいないと言われますが、そんなことないですよね実際はw
しかし、そのファンタジーを真っ正面から描いています。
何か食べながら観ちゃいけない主人公を描くことで。
何か食べながら観ちゃいけない、って何回、書いたっけ?
ギリギリ、ネタバレになってないよね?
愛の告白ってギリギリのラインでなりたってるところがあるけど、双方ともにギリギリのラインを超えてれば、逆にお互いにはなれられない気がするw

公式サイトはないので、ゆうばり映画祭のサイト
http://yubarifanta.com/films/4478/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34113299

ナナちゃんOh mein GOTTしよを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。