Powered by Six Apart

« RTSさんの2018年2月例会に参加しました | メイン | ガチvs別のガチ »

2018年2月16日 (金)

虚ろなる十月の夜に

読了。
邪悪な儀式をめぐる人間とその使い魔たる動物達の物語。
実在非実在を問わず著名人(のそっくりさん)オンパレード。
だが、あくまでそっくりさん。
帯を見ないとクトゥルフ神話ものだとはわからないが、知らなくても、こいつらのうちかなりの数はろくな死に方をしない事は何となく想像がつく。
いや、悪い奴らではない。
だが、手を出してはいけない領域に手を出している、元には戻れない連中だ。
語り手は使い魔のうちの1匹である犬。
主人がきたるべき儀式の日に備え忙しい日々を送る中で、彼は犬らしく村中を走り回って主人のサポートをする。
犬であることで人間にはできないことができ、その一方で人間なら何のこともない簡単なことがとてつもない困難を伴う。
その丁寧でディティールの細かい描写や語り口があきさせない理由なのだろう。
さて、古き神々の召喚に対する考えで人間達は敵味方に分かれる。
しかしどちらの陣営かは、来たるべき時が来るまで分からない。
ゼラズニィは素直なので、こいついい奴だなと思った奴はその印象を裏切らないし、逆の奴も然り。
これを意外性の観点から物足りなく思う人もいるだろうが、意外性の為に不自然な言動となるよりはずっといいと思う。
それにしても、途中で風邪をひいちゃったもんだから、読み終えるのに1月以上かかってしまった。
でもそうじゃなかったら一気に読めたと思う。
キャラクターが多い割に関係性がすっきりしているのが、このお話の最大の長所だからね。
かなり多めのキャラクターを中断前はほぼ完璧に把握していたし、再開後に忘れてしまっていたことで読み進めるのに時間がかかったわけで。

竹書房文庫公式サイトの該当ページ
http://www.takeshobo.co.jp/book_d/shohin/6033901

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34107272

虚ろなる十月の夜にを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。