Powered by Six Apart

« いつかみのれば 第2巻 | メイン | 虚ろなる十月の夜に »

2018年2月12日 (月)

RTSさんの2018年2月例会に参加しました

Image


旭川のボードゲームサークルRTSさんのTRPG例会に初参加させていただきました。
わたしの参加した卓のシステムは「歯車の塔の探空士(スカイノーツ)」。
同人ゲームですが、コンベンションで何度か名前を聞いたことがありますし、広く遊ばれているようです。
ラピュタ的というか飛空艇に乗る冒険もので、プレイヤーが演るのは砲手や操舵手。
一言で言えばエターナルアルカディア(DC)みたいな世界です。
中でも面白いのは自分達の乗る飛空艇はパーツを配置して自分達で作ること。
命中箇所判定があったり使用する武器や被弾した箇所の修復の為に艦内を歩き回らなければならないシステム故に、部屋や通路を適切に組み合わせるべく試行錯誤。
慣れないこともあって、キャラメイク、シップメイク合わせて2時間くらいかかってしまいましたが、それだけにこれを使っての戦闘は感情移入できましたね。

Img_6031


シナリオは迫りくる敵艦隊から町を守るというもの。
命中しても命中箇所判定で何もないところに当たってしまうと戦果なしなんで、ダイスの結果の一喜一憂は非常に大きい。
実質的なラスボス戦となった敵戦艦との至近距離での砲撃戦では、殺人ビームという武器が大活躍。
射程は短いが命中すると命中箇所から4ブロック分、自由になり払うことができるのですが、ダイスの目が意地悪で、弱点であるブリッジとマストの周辺をかすめるばかりでそのたびに大きな歓声が。
クルー同士の連携が噛み合って、とても盛り上がったセッションでした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34106119

RTSさんの2018年2月例会に参加しましたを参照しているブログ:

コメント

トラベラーの宇宙戦闘システムの流れは汲んでそうですね。

いいですね。
トラベラーっぽい?

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。