Powered by Six Apart

« 創世のタイガ 第2巻 | メイン | RTSさんの2018年2月例会に参加しました »

2018年2月 4日 (日)

いつかみのれば 第2巻

1巻を読んで「これは面白い」と思って連載中の雑誌もチェックするかと読んでみたら、それが打ち切り最終回掲載号だったというとても悲しい体験をした「いつかみのれば」。
2巻を通して読んでみると、まぁその理由もわかる気がする。
もともと対戦格闘ゲームが甘くもなく、その界隈で使われてる用語もいまいちピンとこない俺だが、そんな俺でも何となくわかった気にさせてくれていたのが1巻あたり。
しかし、最初は完全に初心者だった主人公のみのりもどんどん専門用語を駆使するようになってくるわけで、そうなると俺のような門外漢はみのりの成長についていけないのである。
まあ、コミックでまとまるとそうでもない。
だが、これが連載中だったら置いてきぼり感が強かったことだろう。
これは格闘ゲームの漫画に限らない。
ちょうどハチワンダイバーが、最初のうちは将棋がわからなくても楽しめるように逆転部分やハイライト部分では盤面を描いていたものの、途中から盤面を全く描かなくなったことを思い出す。
なまじ本格的であるがゆえに格闘ゲームにのめり込む4人の女の子と読者たる自分の間に溝ができてしまったのだ。
とは言え師匠の登場でそれぞれに目標ができてこれから盛り上がってくると言う所で終了と言うのはいかにも惜しい。

一迅社WEB該当ページ
http://book.dmkt-sp.jp/book/detail/book_type/010/title_id/0000246575/?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34104611

いつかみのれば 第2巻を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。