Powered by Six Apart

« 2018年1月13日 (土) 今日の鯨の囀り | メイン | 2018年1月14日 (日) 今日の鯨の囀り »

2018年1月14日 (日)

マジンガーZ/INFINITY

強い強いぞ、マジンガー。
もともとマジンガーZは技の宝庫ですからね。
技が出終わったと思ったら、もう次の技の名前を叫んでいる。
ノンストップの快感です。
まぁ、もうちょっと通常のパンチやキックがあっても良かったかな、とは思いますけどね。
わたしスパロボはほとんどやってないんで、機械獣の知識はほとんどないんですよね。
敵のロボットの名前を覚えるようになったのはガンダムが最初で、それまでは毎回のやられ役のことなんてどうでもよかった。
その「どうでもいいやられ役」がディティールアップされたマジンガーの相手役として、当時のイメージそのままで大挙して登場すると逆に不気味で、サーカスのピエロが悪役をやるホラーもの的な無機質な恐怖、作業として淡々と殺戮する無慈悲さが強調される。
それに立ち向かうマジンガーのヒロイズムは否が応でも高揚するわけです。
マジンガーZの量産型「17式」もいいですね。
なんといってもモビルスーツのようなライフルが良い。
北斗の拳で武器を持ってる奴が無条件で二線級に見えるのと同じ効果を挙げています。
武器なんかに頼るなよっちい奴に見えるんですね。
量産型に求められる要素、主人公を差し置いて活躍しそうに見えない、をこういう方法で実現してきたか!とニヤリ。
それでいて、銃器があることで、地球が再度の脅威に対して無防備でなかったこと、軍隊がプロとして対応してきたことが視覚として伝わってくる。
この絶妙の17式の立ち位置があるからこそ、兜甲児のマジンガーZが救世主として立ち上がることに説得力が出るわけです。
ストーリーはまぁ普通です。
どこかで見たような展開&ここはこうなるんじゃないかと思ったらやっぱりそうなった、が多いんですが、マジンガーZに求めているものは戦闘関連でちゃんと見せてもらったんで文句はないです。

エンドロール後エピソード なし

公式サイト
http://www.mazinger-z.jp/sp/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34101819

マジンガーZ/INFINITYを参照しているブログ:

コメント

ちぎっては投げちぎっては投げが痛快でしたねぇ

来週まで待てずに見てきたw

いいわ~。
最後の展開がちょっと物足りないというか、雑だったt

でも久しぶりにスカッとしましたわ

はい、オススメですよ。
1 名布教終了!

やべえコレ見たい。
来週行ってきますわ。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。