Powered by Six Apart

« 2018年1月19日 (金) 今日の鯨の囀り | メイン | 2018年1月20日 (土) 今日の鯨の囀り »

2018年1月20日 (土)

ガンダムサンダーボルトのアニメを観てアレンジがいいと思ったこと

ガンダムサンダーボルトのアニメを見ました。
あれだけ原作漫画が好きなのに今まで見てなかったの?という感じですが、いや前に札幌のガンダムカフェで流れてて、まだ見てないから消してくれとは言えなくてねー。
その時に全体の3分の2くらいは見たと思うんですが、それでなんか観た気になっちゃって、今までずずっと引っ張ったと言うわけです。
ガンダムカフェみたいな店は話題作はある程度、観た上で行かないとこういう危険があるんですね。
まぁそれはさておき、原作の劇画調のあの絵の再現性が高くてやはりいいですね。
「ジャズが聴こえたら俺が来た合図だ!」も実際にジャズが流れていると没入感が変わってきます。
まあ、その一方でリビングヘッド師団の生き残りに拷問され殴られるイオの場面は顔面の変形度合いが原作漫画よりマイルドで暴力に対する規制の違いを思わせてくれますけどね。
全般的に思ったのは、連邦側主人公であるイオの印象をより悪くしているということ。
もともとジオン贔屓の原作ではありますが、それでもイオは誤解されている面も大きいと描写されていた。
それがアニメになると、イオの自分勝手なところが強調され、よりジオン側主人公のダリルを応援したくなっている。
短めの尺にまとめるためにそうしたのでしょうが、なかなか上手くいっていると感じました。
なんでも原作通りであればいいというものでもないのでしょうね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34102211

ガンダムサンダーボルトのアニメを観てアレンジがいいと思ったことを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。