Powered by Six Apart

« 2017年12月 | メイン

2018年1月

2018年1月12日 (金)

「命中率」ワンクッション不用論

ツイッターで興味深い意見を見た。
CRPGの画面で、NPCが「強さは攻撃力に、素早さは命中率に影響する」みたいなことを複数の能力値について滔々と説明している様子に対して曰く、
そういうのはいいから最初から攻撃力、命中率という値にすればいいのに
とのこと。
なるほど、と内心で手を打った。
調べてみると、そういう意見はチラホラある。
確かにキャラクターの能力値を戦闘にしか使わないCRPGにおいて、まずステータスを決めてからそれを命中率、回避率、攻撃力、防御力に変換する意味合いは薄い。
TRPGなら強さや素早さといったステータスは、重いものを持ち上げられるかとか、罠を回避できるかとか、村娘に話しかけて無視されるかとかの判定にも使われるから、その根拠となる「特に使用目的を求めない個人の能力」を決めておいて、それをワンクッションとすることに大きな意味があるのだが、大半のCRPGにおいてはそうでもないのだ。
これは明らかにTRPGの文法がCRPGに残滓として残っている一例だ。
そのことに今の今まで気づかなかった俺は、やはりTRPG畑の人間なんだろう。
人は誰も捕らわれていることに気づかないものだ。
だが、CRPGにワンクッションとしてのちからやかしこさが全く不用かというと、それも違うと思う。
それは感情移入への絶好の入り口たり得るからだ。
思うに、命中率や回避率に影響する値がCRPGによって異なるのも、ワンクッション不用論を呼び起こす一因なのだろう。
力が強ければ攻撃の成功率が上がるCRPGもあれば、素早さを根拠とするゲームもある。
とはいえ、少なくとも俺は、その違いをこそ楽しんでいる。
…これこそがまさにTRPG畑ってことなんだろうなあ。

2018年1月11日 (木) 今日の鯨の囀り

「振袖の着付けぐらい自分でしろ、と言う男」なんてのはごくごく少数派だと思うぞ。そんな男と一緒にされたくないね

サツドラの店内ソングが「うれしい楽しい大ラッキー」なのって、「違うだろう。そこは、うれしい楽しい大好き!だろ?」とツッコませてインパクトを高めるためにわざとやっているのかねぇ

いつも行ってるグルメブログに鍵がかかっている。

今の技術だったら、ファスナー1つで着られて近くで見ないとそうとはわからない振袖くらい作れるんじゃないの?

今日はジムから帰ってきてぼーっと疲れた頭でプロテインと牛乳の入ったシェーカー降ってたら、蓋が完全に閉まってなかったせいか洗濯ものがたっぷり増えてしまった。ジムあるあるなんだろうけど、俺は初めてでした

2018年1月11日 (木)

ポケナガの野望語りその6〜意外と呆気なかったミタマの城

Image


いつまでもミタマの城をほっとくわけにはいかない。
戦力はこちらが1,731で敵は1,890。
しかし不安なのは戦力ではなくてポケモンの相性。
ミタマの城の主戦力たるふゆう特性を持つゴーストポケモンに対抗するには、悪属性でかつ攻撃の特性が地面「じゃない」ポケモンがたくさん欲しい。
6体中2体しかいないようでは心もとない。
そう思ってひたすら時間を進めたのですが…見つからない。
あくではなくゴースト属性のニューラは見つかったし、ミタマを後回しにして先に攻略したフブキの城で主人公のイーブイがグレイシアに進化したものの、前回の苦戦を思うとまだまだ不安だった。
でも劇中時間で2年ぐらい経っちゃって、これはこの戦力で行けってことだな、抜群の相性でなくてもなんとかしろってことなんだな、と気を引き締めて立ち向かったところ、思いのほかグレイシアが強く、割と余裕で攻め落とせたのでした。
ここらへんも、ポケモンに詳しい小学生ならグレイシアを戦力に加えた時点ですぐに先に向かうんだろうなぁ。
でもまぁ、わからない状態からわかるようになるのもまた楽しいわけです。
さて次はいよいよラスボスの信長。
余計に時間を使って育てているし、一気にクリアしたいもんですがどうなることやら。

2018年1月10日 (水) 今日の鯨の囀り

戦隊ものは5人で怪人1人を叩きのめして卑怯って言われるけど、怪人より強いはずの幹部は1対1で敗れてることを考えると、怪人は何らかの卑怯なドーピングをしてると思うんだよね。瞬発的な強さと異常な耐久力を得るための。だから5人で対処せざるを得ない。卑怯なのは怪人の方なんだ。という俺解釈。

ホビージャパンの作例のブルーディスティニーを見ながら「いやこれはこれでかっこいいんだけど、サターン版のポリゴン数のモデルをキット化してよ。ついでに一作目のラスボスのドムも」と何10回目になるかわからない嘆息を。

TR PGのルールブックは読書時間をどんどん削っていくなぁ

晴れ着関連で思い出したんだが、メガCDでルナをプレイして感動したことの1つが、各地方ごとに異なった民族衣装が設定されそれが街の人々のグラフィックに反映されてることだった。やはりこういう文化はなくちゃいかんのだよ。

立体視のギャルズパニックが出ないかな

特捜最前線のDVD見てたら、産婦人科医を逆恨みした犯人が産婦人科医の子供をころしてしまったぞ!当時はドラマでしかありえない出来事として脚光にしたんだろうが、まさか将来、ほんとに産婦人科医を逆恨みする奴が出てきて産科医療崩壊が社会問題になるなんて思いもしなかったろうなぁ。

パイズリとペイズリーは似ている

魔法陣グルグル見てると「原作準拠のハーマイオニーって、きっとこんな感じだよな」。そうしみじみと思う吉宗であった。じゃなくて俺だった。

以前から、洋服の利便性を取り入れた30秒で着られる日常的な和服を開発し、現在の和服はクラシック和服として残すべし、と主張してるんだが、なかなか賛同を得られない。腹なんざ左手でパンをくわえながら右手で着られて当たり前で、和服もその当たり前を目指すべきと思うのだ。

2018年1月10日 (水)

ぷちGARAKU・2018年1月マンスリーカレー

Image


今月のマンスリーカレーは「スパイシーキーマ 温泉たまごにチーズのせ」です。
長いですねw
この温泉卵とチーズのおかげで、味わいはかなり甘めです。
で、見ての通り、通常のスープにライスを浸して食べるスープカレーではなく、ライスの上からスープをかけて食べます。
私、最初に全部かけちゃいましたが、少しずつかければよかったです。
すべてを「スープにライスを浸して食べる」通常のスープカレースタイルで食べようとするとスープがちょっと足りないんですよね。
スープカレーのように食べる、かけて食べる、具とライスの味を楽しむ。
この3つのトライアングルをとっかえひっかえ楽しむ。
そのための、後がけスープなんだと言うことに食べ始めてから気づく粗忽なわたくし。
それでもスープにたっぷり浸した状態ではスパイシーに、キーマオンリーでは逆に甘く。
自分のペースで味を変えながら食べられる面白いカレーですね。

2018年1月 9日 (火) 今日の鯨の囀り

職安がハローワークに、大蔵省が財務省に、パンティーがパンツになってる時代に、PTAという名前はいかにも古くさい。名前を変えるべきだ。PTAと言うと教育ママゴンがわめき立てるイメージしかない。

2018年1月 9日 (火)

温故知新 ブルックスカレー食堂 総本店

Image_2


東区役所前駅にほど近いカレー屋。
東区民センターに用がある時はよく利用してます。
ここはスープカレー屋ではなく、あくまでカレー屋なんですよね。
僅か30年前には広大な玉葱畑があちこちにあった東区(というか旧札幌村)が地元ブランドとして売り出してる玉葱「札幌黄」の甘さを生かしたルーカレーがメインメニュー。
しかし、ルーカレー店がスープカレーも出す時にありがちな物足りなさはありません。ちゃんと両刀使い。
食べる時は番数を上げて辛目にした方がスパイスの辛さと玉葱の甘さのハーモニーが、より楽しめていいんじゃないでしょうか。
注文したのは、ガパオミートと納豆刻みオクラのスープカレーで、辛さは4番。
挽肉と納豆が混ざり合っていくと味が深まっていってたまりませんねぇ。

2018年1月 8日 (月) 今日の鯨の囀り

パラダイムシフトって使う人のハナシ聞いて「それは範囲が狭すぎてパラダイムって程じゃないだろ」と思うことチラホラ

ここで引き下がると、そのうち日本の学園ドラマやアニメでも、主要キャラのうち1人は必ずマイノリティにしなきゃならなくなるだろうからな。

狸小路で酔っ払いがいい気分で「バンザーイ!きみに会えて良かったー!」と合唱してたが「違うんだよなあ。歌い出しは、イェーイ!きみに(ry なんだよな。間違え易いけど」と内心でツッコむ俺。

「ドローンをエアガンで撃墜して楽しむDQN」は絶対に登場すると思うんだが、対策できてるのかね

2018年1月 8日 (月)

TRPGの単体縛り魔法は使い勝手がいい。

札幌のTRPGサークルUNIさんの例会に参加してきました。

Image



参加した卓は「ロードス島戦記コンパニオン」
わたし自身、四半世紀ほど前には何回か(10数回くらい?)マスターやったシステムなんで懐かしくて、卓発表があった時には、ここにほぼ決めてました。
定員最大5名に対し7名の希望がありましたし、ロードス島という題材が前回TRPGブームの経験者には絶大なネームバリューがあることを改めて実感しました。
さて、プレイヤーが5人もいるので、職業がちゃんとバラけました。
ナイト、ウォリアー、スカウト、ウィザード、プリーストの5人。
特にスカウトはハイドインシャドーを単に戦闘のみならず、各種牽制にも用いるは、トラップ設置を張り切るはで、大活躍。
おかげで戦闘が最小限で済んで、やはりスカウトをやるプレイヤーがノリノリだと、ダンジョン攻略が単調ならないんで、楽しさが増しますね。
わたしは見てのとおり、ファリスのプリーストで、名前はカーツ、レベルは5。
旧カノン王国領内の小さな教会の僧侶で、祖国奪還を夢見ているという設定です。
使った魔法は、ヒーリング、ブレス、キュアインジャリーの共通プリースト呪文に加えて、ファリス宗派専用の「コマンド」、コンパニオン2集の追加魔法、センス・イーヴルの計5つ。
インテリジェンスが最大の18だったこともあり、MPに困ることはありませんでした。
上手く使えたと思うのは、援軍を呼びに行くゴブリンを2回も「コマンド」で一時停止させたこと。
シーフ同様に戦闘そのものの回避に貢献できて、こういうスマートな活躍がわたし大好きなんですよ。
D&Dのホールドパーソンも、T&Tのパニックも、とにかく単体の弱いモンスターの行動を制限する魔法は、TRPGならではの活躍ができる。
…自分がマスターやる時は、この手の魔法が便利になりすぎないように、対策を練っておかないとなあ。

2018年1月 7日 (日) 今日の鯨の囀り

銀英伝のアニメは全て観てるけど、覚えてるOPとEDは最初のだけ。

モルトヘッズでベルギー人と会話した。知ってる英単語を並べただけですがw
もっと英語ちゃんと勉強しないとなぁ。肝心のドイツ語は別れ際にアオフヴィーダーゼーエンを言えただけでしたw

ヨドバシにある大量のアメコミ見るとクラっとくるな。そりゃ、とらのあなとかマニアックな店にはあるけど、ヨドバシにあることに意味がある。

6時間TRPGは体力的にキツいけど楽しい