Powered by Six Apart

« 2018年1月17日 (水) 今日の鯨の囀り | メイン | 2018年1月18日 (木) 今日の鯨の囀り »

2018年1月18日 (木)

ポケナガの野望語りその8〜2周目が別物のように面白い!

Image


2周目になって俄然面白くなってきたポケモン信長の野望(DS)。
架空の武将が主人公だった1周目の代わりに8人の実在武将のシナリオが出てきたんですが、まずはヒデヨシのシナリオをやっています。
信長軍団の幹部だった時は持っていなかった移動力プラス攻撃力アップの武将コマンドが。
敵陣に真っ先に切りかかるイメージなんでしょうね。
シャイニングフォース外伝2(GG)のナターシャが主人公すなわち総指揮官であるという理由で、普通の魔術師は持っていないリターン(撤退)の魔法を持っていたのと同じですかね。
他のシナリオの主人公も、主人公でない時とは違った総指揮官らしい技を持っているのでしょう。
で、1周目の時から予想はしてたんですが、敵が頻繁にこちらの城に攻めてくるとやはり面白い。
といいますか、これかなり違うゲームでしょう。
ゆっくり育成してる暇は無いことといい、攻められることを想定してポケモンを配置しておかなければならないことといい、やっと本来の戦国シミュレーションになってきました。
今、わが国を脅かしているのは、立花誾千代をモデルにしたと思われるギンチヨ。
中でも最も注意すべきブショーリーダーはムネシゲ。
モデルは夫の宗茂なんだろうからまぁ強くて当たり前だな。
おとものポケモンがエモンガで、序盤でこちらのポケモンはどの戦力もいいとこ160代がほとんどな時に、戦力が231もある上に弱点が「地面」しかない電気ポケモン、しかも飛行タイプで地形を無視できるときた。
こいつ1人と1体に次々と2〜3体が屠られることも珍しくない。
早く何とかしなきゃいけないんで、せっせと地面ポケモンを集めているところなのです。
というわけで序盤から盛り上がりまくってる二周目なわけですが、1周目に比べて急に難易度が上がったんで、ここでやめる人がいるかもしれませんね。
そう考えると懇切丁寧な1周目も善し悪しだなぁ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34102247

ポケナガの野望語りその8〜2周目が別物のように面白い!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。