Powered by Six Apart

« マジンガーZ/INFINITY | メイン | ポケナガの野望語りその7〜聖剣伝説2みたいだなと思った、の巻 »

2018年1月15日 (月)

2018年1月14日 (日) 今日の鯨の囀り

アニメから入った人は最初から元高木さんの存在を知ってるわけか。まぁこればっかりはしょうがないよなぁ。

今日の暴れん坊天狗プレイは調子が悪くて初見でさえ死んだことがない自由の女神に2回も殺された。しかしめげずにプレイしたらこれまで行ったことがない3-2まで行った。あきらめない方が練習になるんだよね

今週のガンダムサンダーボルト。連邦初の強化人間が登場。…ギレンの野望でお馴染みのゼロ・ムラサメは?まぁサンダーボルトがアニメになってる以上、この強化人間の姉妹が公式設定、ゼロ君は黒歴史ってことになるのかな。

D&D第5版プレイヤーズハンドブック。バードの項に誤植あるね。1レベルで得られる1レベル呪文の数、本文では2つだけど表では4つになってる。後々のレベルアップを考えると表のほうが正解だと思うが。

D&D第5版プレイヤーズハンドブック。戦の神のクレリックともなると戦闘に有利なオプションが多くて、まだパラディンの項目は読んでないけど、これって実質パラディみたいなもんだよな、という気になる

「マジンガーZが好きだけどバイオレンスジャックは未読の人」にジム・マジンガを説明するのはちょっと難しい。説明を間違えるとマジンガーZのアンチと勘違いされてしまう。

恵方巻に関しては、そもそもキャンペーンで何か食べ物を買った人は、本来、買うはずだった食べ物を買わないのだから、トータルで店の売り上げはそんなに変わらないはず、よって食品のキャンペーン自体がパイの大きさを変えずに切り分け方を変えるだけのあまり効果のないものにしか思えないという。
出来合いのものを買わない予定でも食材は買う予定だったわけですからね。後段の付加価値のついたものやいつもより高いものを買うという点についてはその通りだと思います。

いや単純にアンドロメダは再生怪人が元の怪人の能力を自分のものであるかのように威張り散らすのと同じで、アンドロメダが活躍するのはヒロイズムの文法から許されんのですよ。
メカはメカであると同時にキャラでもあるわけだ
パワー系のモビルスーツにごついパイロットが乗る必要はなく華奢な女の子でも構わないはずだが実際はそうでは無い。これもメカはイコールキャラであるという一例。

単純に1作目を映画化した方が良かったようですね。まぁその場合「魔法学園が出てくるなんてハリポタのパクリだ!」て奴が出てきて軽くブチきれるかもしれませんがw

匿名で他人を叩くのと同じくらい、匿名で自分や身内の恥をさらすときは、それが問題ないかどうか一呼吸してからにしたほうがいいと思うよ。まぁたいていは問題ないけど。

受験生が生まれた頃にビッケが放映されてなくても、スパロボやってる学生は、ダンバインのショウの台詞からノルウェー人がバイキングの子孫だって知ってんじゃないの?

ブログにも書いたばかりだけど、マジンガーZの量産型である17式は、これまでのマジンガーやゲッターの量産型すべての中でも出色の出来。ちゃんとマジンガーより進歩して、しかしヒロイックな活躍なんか絶対にできそうにない、その2つの条件を高いレベルで満たしている。これはプラモ出たら欲しいなぁ

…やはり、学園ドラマやアニメの女の子が全員日本人だと言うだけで差別だと批判される暗黒の時代もそう遠くないような気がするなぁ。差別ザマス差別ザマスムキー!とわめかれるんだ。ウンザリだ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34101918

2018年1月14日 (日) 今日の鯨の囀りを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。