Powered by Six Apart

« ぷちGARAKU・2018年1月マンスリーカレー | メイン | ポケナガの野望語りその6〜意外と呆気なかったミタマの城 »

2018年1月11日 (木)

2018年1月10日 (水) 今日の鯨の囀り

戦隊ものは5人で怪人1人を叩きのめして卑怯って言われるけど、怪人より強いはずの幹部は1対1で敗れてることを考えると、怪人は何らかの卑怯なドーピングをしてると思うんだよね。瞬発的な強さと異常な耐久力を得るための。だから5人で対処せざるを得ない。卑怯なのは怪人の方なんだ。という俺解釈。

ホビージャパンの作例のブルーディスティニーを見ながら「いやこれはこれでかっこいいんだけど、サターン版のポリゴン数のモデルをキット化してよ。ついでに一作目のラスボスのドムも」と何10回目になるかわからない嘆息を。

TR PGのルールブックは読書時間をどんどん削っていくなぁ

晴れ着関連で思い出したんだが、メガCDでルナをプレイして感動したことの1つが、各地方ごとに異なった民族衣装が設定されそれが街の人々のグラフィックに反映されてることだった。やはりこういう文化はなくちゃいかんのだよ。

立体視のギャルズパニックが出ないかな

特捜最前線のDVD見てたら、産婦人科医を逆恨みした犯人が産婦人科医の子供をころしてしまったぞ!当時はドラマでしかありえない出来事として脚光にしたんだろうが、まさか将来、ほんとに産婦人科医を逆恨みする奴が出てきて産科医療崩壊が社会問題になるなんて思いもしなかったろうなぁ。

パイズリとペイズリーは似ている

魔法陣グルグル見てると「原作準拠のハーマイオニーって、きっとこんな感じだよな」。そうしみじみと思う吉宗であった。じゃなくて俺だった。

以前から、洋服の利便性を取り入れた30秒で着られる日常的な和服を開発し、現在の和服はクラシック和服として残すべし、と主張してるんだが、なかなか賛同を得られない。腹なんざ左手でパンをくわえながら右手で着られて当たり前で、和服もその当たり前を目指すべきと思うのだ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34101364

2018年1月10日 (水) 今日の鯨の囀りを参照しているブログ:

コメント

なるほど。
「今回の実戦利用訓練では俺の方が怪人にダメージを与えたな。幹部との一騎討ちの権利をこのブラックに譲ったらどうだ、レッド?」
「くっ…次こそは負けないぞ!」
みたいな切磋琢磨があるのかもしれませんね^_^
サターンのブルーディスティニーのソリッドなモデリングが大好きなんですよ。
高速戦闘を重視してなかなか頑張ってましたよね

戦隊は、来るべく強敵を見据えて、怪人で戦闘訓練を兼ねて行っているってのはどうでしょう?

ブルーディスティニーは、PS3でリメイクされましたが、プレイしてませんね。
サターンで、不得意なポリゴン+テクスチャーで頑張ってたのが懐かしい!!

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。