Powered by Six Apart

« 2017年12月11日 (月) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年12月12日 (火) 今日の鯨の囀り »

2017年12月12日 (火)

ばくおん!!感想

JKバイクアニメを観た。
途中からけっこう面白くなってきて、最後まで楽しめた。
だが、面白さのタイプがJKキャピキャピアニメのそれじゃない。
これほどまでに、おっさんが女の子の着ぐるみを着ていると思わせる場面の多いアニメもない。
俺はバイクに詳しくないが、色々な趣味の性格の悪いマニアのことはよく知っている。
「男の」バイク好きの中には、こんな風に贔屓会社以外の他社のバイクを口汚く罵る奴もいるんだろうなあ、と想像してしまう。
俺は門外漢だからまだしも、バイク好きな人はこのアニメを観て腹を立てるのではあるまいか。
だがまあ、これはまだ長所と短所は表裏一体、と言える。
一つ、どうしても譲れないところがあって、俺は交通事故をギャグにするのが嫌いなのだ。
ラブひなでもいつも車に轢かれて血をダラダラ流してるキャラがいたが嫌悪感しかなかった。
女の子や女教師の描き方も序盤はなんだか歪んでいた。
「これ絶対、作者は女だな。あんたら男は女をこんなふうに見てるんでしょ!という悪意を感じるんだよな」とずっと思ってて、後で調べたら男だった。
とは言うものの…
こういう欠点に慣れてきてどうでもよくなってきてからが本領発揮である。
初登場のテリーマンや海原雄山のようなものだと思って、中盤以降の性格が本来の性格だと補完する。
そうすれば、その頃には新入生も入ってくるし、その後輩の子との関係の中で初期メンバー4人も以前のキャラを立てるための極端にエキセントリックな言動もなくなってきて、本来の魅力を発揮してくるのだった。
そういう意味で新入生の千雨ちゃんが(極端な言動が必要ない故に)とてもいい子に見えるのは下駄を履かせてもらってるんだろうなぁ。

公式サイト
http://bakuon-anime.com

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34096981

ばくおん!!感想を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。