Powered by Six Apart

« 2017年12月12日 (火) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年12月13日 (水) 今日の鯨の囀り »

2017年12月13日 (水)

創世のタイガ 第1巻

やっと時間を作って読んだ。
森恒二作品はホーリーランド終盤で知って惚れ込んでから全てリアルタイムでチェックしていたのだが、この「タイガ」はどうしても「自殺島」と比較してしまって、なんとなく脱落してしまっていたのだ。
だが、コミックになって読んでみて、やはりこの人の作品は面白い。
卒業旅行のさなか、原始時代にタイムスリップした大学生たち。
マンモスや巨大哺乳類に怯えながらも生きる知恵を身に付けていく。
サバイバルと言う点では自殺島と同じだが、彼らは「自殺島」の自殺未遂者達と違ってかなり前向きだ。
ゼミではかなり真面目に勉強していたようで、地質学や古生物学の知識も豊富。
さらに主人公のタイガは格闘技の経験まである。
こうなってくると、しばらくは安全な気がしてくる。
人数が男4人女3人と整理されているので、もしかすると全員生き残るかもしれないという期待もある。
もちろん2巻以降はそうはいかないのだろうが…。
いつもタイガの隣で友情を超えた信頼を見せるアラタや好奇心旺盛でいながらマイペースなチヒロの2人は、これまでいなかったキャラで、特に楽しみだ。

現在1巻続刊中

講談社コミックプラスの該当ページ
http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063546842

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34095992

創世のタイガ 第1巻を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。