Powered by Six Apart

« 2017年12月 2日 (土) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年12月 3日 (日) 今日の鯨の囀り »

2017年12月 3日 (日)

探偵はバーにいる3

1作目も2作目も原作を読んだことがあったけど、これの原作は読んでいないから、原作と比べることなく楽しめた初めての作品だ。
北川景子演じるヒロインの報われない生涯が描かれる。
原作シリーズは決してそういう話ばかりではないのだが、映画シリーズは薄幸の女ものが3作も続いた。
シリーズが今後も続いていくかは分からないが、少なくとも映画に関してはシリーズのカラーはこれで行くということなんだろう。
大泉洋を主役とし、彼の魅力を引き出すなら、このやり方はアリだろう。
今作でも、女に振り回される熱い探偵と当然のようについていく一見やる気のなさそうな高田のコンビが、魅せてくれる。
探偵は彼女のことを思ってかつて柄にもなく人生の指針を語った。
それは彼女をよくも悪くも縛り、今回の事件につながった。
自分の幸せが失われた時に、他者の幸せを願う事は美談かもしれないが、もう一度立ち上がり自分の幸せをまた追い求めようと言う選択肢を奪ってしまったのかもしれない。
そこに探偵の無力感があり後悔があるんだろう。
さて、道民としては気になるところもある。
歓楽街の路地で893と大立ち回りを演じながら、御礼参りも恐れずに堂々とススキノを闊歩している探偵の姿には大きな違和感があるとか、
道民の娘が、うにいくら丼程度でホイホイと893のおっさんについていくかとか。
だがまぁ、小さなことだろう。
ところで、探偵も元北大生なんだから、ずっと研究室にいて出ていかなきゃならない高田の気持ちくらい分かりそうなものだけどなあ。
距離の問題じゃないよ。

エンドロール後エピソード あり

公式サイト
http://www.tantei-bar.com/sp/index.html

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34095873

探偵はバーにいる3を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。