Powered by Six Apart

« ナノブロックのソルバルウにドモグラムの穴を その1 | メイン | 探偵はバーにいる3 »

2017年12月 3日 (日)

2017年12月 2日 (土) 今日の鯨の囀り

おお!(このアゼル嬢)アトルムの背で「狙え!」と叫んでいる場面でしょうか。続いてビクシオマの50連撃が。格好いいです。

兵器を格好いいと思う気持ちと戦争の是非の間には全く何の因果関係もない、と堂々と胸を張ればいいんですよね。

大学の先生がロボットの二足歩行は絶対に不可能と根拠付きで解説する雑誌記事なんかを読んで育った世代なんで、色々と感無量なんですよ

去年、福島の鍾乳洞に行って、福島の地下水をたっぷり浴びてきたけど何の問題もない私も、その見解に大いに賛成します。

日本にも勿論、格差はある。だが世界的に見て最も機会が均等な国であろう。しかしそれは自分の境遇に最も言い訳が効かない事と表裏の関係にある。其処から生じる屈辱と嫉妬がどれほど人の心を灼くか。反標準医療反ワクチンなどの根底にあるのはそういうマグマのように滾る負の感情なんだと思う。

松前小島って北大の地質学の学生が調査で上陸することあるよね。知り合いにいるんだけど。もし北朝鮮の連中と遭遇していたらと思うと…。

「オイラーの定理ってロボットが作ったの?」「なんでそんなこと思うんだ?」「だってがんばれロボコンのオープニングでオイラーはロボットて言ってたよ?」「…確かにその通りだ!」

がんばれロボコンのオープニングのプロペラブルルンの「ブ・ル・ルン!」が好き

「私が浮気をする確率は様々なデータから計算して0.0073%です」と言う男は誠実でしょうか?違いますね?誠実な男は、浮気はしないよと言うのです。ほぼゼロといっても過言ではない場合はね。

「俺は目に見える物しか信じない」と言う漫画の熱血主人公は大好きなのに、同じ事を言って都合の悪いデータを無視する現実の人間は嫌い。これについて考える内、漫画の主人公の人生からは目に見えない真実に足元をすくわれるケースが除外されている事に気づいて素直に楽しめなくなったので放射脳はカス

そういえば俺の学生の頃は、女の子がソックスを伸ばして履くのはダサいとされ、みんな折りたんで履いてたなあ。今はみんな伸ばしてるよね。ファッションなんてその程度のものだ

まぁ同性愛者であることをカミングアウトしてくれた方が、例えば出張に行った時に部屋を別にすることもできるし、あらかじめいろいろ配慮ができるわけだ。

来週、豊富町民センターで、「生きとし生けるもの」の上映か。こういう映画はスクリーンで見るべきだし、行ってこようかな。

野党の連中「準備しなきゃ質問に答えられないこと自体が、国民を欺き悪いことしてる証拠だ!」とでも思ってるんだろうなぁ。でもこういうやつは政治家じゃない一般市民にもいくらでもいる。政治家のレベルに達してないんだよ。

再生可能エネルギーのコストが安く見えるのも、経済の冷え込みによる人命の損失を安く見積もっていると思いますよ。でもまぁこれは見解の違いでしょうね。争うつもりはないです。

まぁファッションてな不便を楽しむ側面はあるんだろうなぁ。そう自覚してるなら問題は無い。例えばタンブラーはあらゆる点で水筒に劣っているが、その不便さを楽しむものなんだろう。

映画の一人観なんかもそうだけどさ、俺もファッションや人の目を否定するわけじゃない。でも利便性や効率に比べると劣後する概念でしかないよね。ファッションと利便性がトレードオフであるなら当然のように利便性を優先すべき。動物じゃないんだからさ

ヒットラーのしっぽと言うがヒットラーには尻尾はない。…つまりデギン公はチャペックの山椒魚戦争を愛読していたということか!

今日は11月32日だから、いいサニーレタスの日だな。サニーレタスを食べよう

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34095877

2017年12月 2日 (土) 今日の鯨の囀りを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。