Powered by Six Apart

« 2017年12月14日 (木) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年12月15日 (金) 今日の鯨の囀り »

2017年12月15日 (金)

明日ちゃんのセーラー服 第2巻

1巻の時からどっかで読んだことあると思ってたんだけど、これって「女生徒しか出てこない赤毛のアン」じゃないか?
いや、もちろん違うところを挙げたらキリがないけれども。
この2巻後半の木崎さんとの川遊びを見てたら、単に田舎を舞台にしたを通り越してあまりにがっつり大自然と向き合ってて、田舎の名門女子中学というのが単なる舞台設定ではないことを思い知らされる。
というわけで、あまりにあざといタイトルとは真逆の女の子の成長もの。
白倉由美の「セーラー服で一晩中」がタイトルとは裏腹の少女漫画チックな話だったのを思い出すけど、あれはともかくこっちを「あざとく」思うのはわれわれ現代人の心が汚れてるからですなぁw
で、好奇心いっぱいであれもやりたくてこれもやりたくてなかなか部活を決められない小路ですが、その過程でたっぷり躍動感を見せてくれます。
表情がすごく豊かなんですよね。
顔の表情ばかりじゃなく全身の表情が。
一歩、間違えるとパラパラ漫画なんですが、瞬間の切り取り方がうまいんで、そうはなっていない。
1枚1枚が動いて見える絵を続けざまに眺めている感じ。
木崎さんを始めとして友達がどんどんできてくるんですが、納得がいくというものです。

集英社公式サイトの該当ページ
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-890765-9&mode=1

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34097703

明日ちゃんのセーラー服 第2巻を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。