Powered by Six Apart

« 2017年11月 6日 (月) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年11月 7日 (火) 今日の鯨の囀り »

2017年11月 7日 (火)

グラフィカルエンドクレジット

ソー/ラグナロク(邦題「マイティソーバトルロイヤル」)はたいへん面白い映画であったが、映画の出来とは無関係の部分で気になる点があった。
さらに言うとこの映画に限った話では無い。
冒頭でこのようなメッセージが出た。
「エンドクレジットの後にも映像があります(虚覚)」
最近はエンドクレジットの後でちょっとしたオチをつける映画も多いから、それをあらかじめ知らせておくことも少なくない。
なかなかいい配慮だと思う。
映画が終わったらすぐに席を立ちたい人も多いだろう。
最初からこのことがわかっていれば、席を立てばいいのか座って待つのがいいのか判断もつきやすいと言うものだ。
だがこの映画のこの冒頭メッセージの場合はちょっと説明が足りなかった。
最近のハリウッド映画はエンドクレジットが二段構えになっていることも多い。
メインの俳優陣やメインスタッフが撮影風景や後日談的映像やイラストとともに1人や2人ずつ紹介されるエンドクレジットと、それ以外の無数のスタッフが黒字に白で流れていくエンドロールだ。
そしてエンドクレジットの後にはエピソードがあっても、それに続くエンドロールの後には何もないパターンが多い。
しかし、このソーラグナロクでは、どちらにもエピソードがあった。
その事は冒頭のメッセージではわかりづらいのだ。
実際、エンドクレジット後のエピソードを見た後、すぐに席を立った客が1人いた。
彼はエンドロール後のエピソードを見ることができなかったのだ。
俺は思った。
エンドロールとエンドクレジットではその違いがわかりにくい。
もちろんちゃんと説明されたりちょっと考えればわかるだろうが、大事なことなんだから説明されなくても考えなくても直感的に分かる用語でなくては意味がないではないか。
そこでだ。
最初のメイン俳優陣用の豪華版をグラフィカルエンドクレジットと言うのはどうだろうか。
そしてエンドロールのことをエンドクレジットと呼ぶ。
どうしてもエンドロールと呼びたければ、最初の豪華版はグラフィカルエンドロールだ。
なに?
豪華版はロールしない?
そんな事はどうでもいいのだ。
なぜならロールは英語ではない、カタカナ言葉なのだから。
そしてそれぞれにエピソードが続くかどうか告知すれば、不幸な見逃しは減るに違いない。
まぁ俺の考えた用語は長いから、もっと適切な用語を使ってほしいと思うが、豪華版を特別な用語で呼ぶことには、大きな意義があると思うのだ。
ところで邦画は昔からグラフィカルエンドクレジットが多かったと思う。
でもそれは、ハリウッド映画よりスタッフがずっと少なかったからできたんだと思うと、なんだか複雑な気分になるのだった。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34091304

グラフィカルエンドクレジットを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。