Powered by Six Apart

« 2017年11月10日 (金) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年11月11日 (土) 今日の鯨の囀り »

2017年11月11日 (土)

大逆転裁判2-成歩堂龍ノ介の覺悟-(3DS)

大傑作!
こういうことってあるんだな。
1が前編、2が後編の実質2本で1つの物語。
そして、俺はかつて前作「1」全5話中2話までを酷評した。
こういうケースでは、続きが上手くいかないことも多い。
続きが出ないこともあれば、何年も待たせてやっと出たと思ったら何も解決していなかったり逆に謎が深まったりで出ない方がマシだったなんてことも。
そんな中にあって前作の不満点が解消された上にトータルとして、まるで予定していたように綺麗にまとめるとは!
いや、実際、構想どおりなのだろう。
予定どおり構想どおり横槍なしで作ることができる。
それは信頼の成せる技であって、それを寄せてきたファンに見事に応えたと言えるだろう。
日英同盟締結の頃の日英両国がともに手探りで司法の在り方を模索していた時代。
同じく手探りで進んでいる若き弁護士と検事。
彼等には手本となるべき先輩達すらいない。
社会と彼等が二人三脚で進歩していく、その産みの苦しみこそ、本作のテーマなのだろう。
さて、本作の黒幕は王道中の王道とも言うべき「法で裁けぬ悪を実力で罰する」連中だ。
必殺仕事人とかブラックエンジェルスだ。
それがこの背景世界では別の意味を持つ。
彼等は犯行の動機について我が国の司法の為には仕方ないことだったのだと強弁する。
もちろん現代人たる我々プレイヤーはすかさずツッコむ。
それこそ司法じゃないだろう!と。
だが、我らが主人公、ナルホド弁護士ですら、そうは批判しない。
劇中世界の法曹関係者達が現代的な司法の在り方に至るには、まだまだ積み重ねなければならない時間とノウハウがあるのだ。
ゲームでも映画でも過去の時代を描きながら、劇中人物達の言動があまりにも現代人のそれすぎるものが目立つ。
大逆転裁判2は過去を描くことに対して極めて誠実で、それが「去り難い世界」を構築している。
だから、逆転裁判はまた新たなシリーズを産み出したのだ、と俺は確信するのである。

公式サイト
http://www.capcom.co.jp/dai-gyakuten2/sp/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34091305

大逆転裁判2-成歩堂龍ノ介の覺悟-(3DS)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。