Powered by Six Apart

« キッチンマルシェのワインステーキ丼 | メイン | 攻略は人それぞれ »

2017年11月24日 (金)

2017年11月23日 (木) 今日の鯨の囀り

ぶつ森は64とGCでやりすぎて、大流行したDSでも3DSでもやってないんで、もう一度やるとしたら大きな変化が必要だなぁ。

きらきらスターライトデラックスのレベル1の9面がなかなかこせん

今週の藤崎版銀英伝。前半でキルヒアイスの、後半でヤンの才幹を描いた構成もあってか、あまりキルヒアイスすごいという気にはならなかったな。ビッテンフェルトの失態はオーベルシュタインの言う「彼の手で勝利を決定づけたかった」よりウランフを敗った成功体験によるものという解釈か。

教育は洗脳の一種というひねた言い方もありますし、そういう意味では前文科事務次官にとっては「失敗」だったのではないでしょうか。

多くの聡明な女とは裏腹に一部の馬鹿女はよく「見て見て。これひどいと思いません!?」ってやるでしょう。得意満面の馬鹿面で。議員が赤ちゃん連れて登院もまさにそのパターン。侮蔑と嘲弄の対象。感情的な動物。人間の範疇に入らない。

センチネルを知らない頃、センチネルを薦めるやつからフルアーマーΖΖがファッツと言う名前で登場するんだと聞いて、デブだから?なんかやだなと思って、その時はセンチネルに嫌悪感を持ったんだよね。ΖΖ好きじゃなかったけど、MSの名前にデブは無いだろうと。

熊だって、仮に熊が先に直立歩行して文明を持ち、人間が未だ木の上でウッキーしてたら、当たり前のように人間を武器で頃してたんだろうし、別に遠慮する..

スタッフ…じゃなかったこの男がおいしくいただきました。というキャプションをつければよかったんじゃないか(違「「魔法使いの嫁」で妻の病気を治す為にたくさんの猫を殺したシーンで、猫を鮭に変..」

いつの時代も文化でも清教徒は笑われキャラなんだよ。笑われていることを認めたくないという暗い情念が社会をきつく締めつける。和製清教徒も同じ。

獣医学部に韓国人留学生を受け入れることでことで、日本の衛生管理の考え方を韓国に持ち込んでもらう事は日韓両国にとって良いことだろう。こういう日韓友好なら大歓迎だ。

ヒーロー物で善とは悪とはという話は好きではあるんだけど、そもそも悪の秘密結社というのも、ヒーローが善悪の判断を絶対に間違えないための装置であるわけで、その様式の裏をかいている野暮という一面も間違いなくあるんだよなぁ

なめてかかってむざむざ負けた一歩は、もう板垣をどうこう言えない

パンチドランカーとか戦う目的とか以前に、一歩は下位に取りこぼすタイプなんだと思う。小橋健太を思い出したよ。

ラジオ英会話。険悪な友人夫婦を仲直りさせる連続ダイアログも唐突なラブラブ結婚記念日で完結。前の隣人との駐車場トラブルの時もそうだったけど、起承転結ならぬ起承「車」結なんだよな。遠山先生たちも特に喜んでなかったね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34094414

2017年11月23日 (木) 今日の鯨の囀りを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。