Powered by Six Apart

« 「お食事 はま」のフグザンギ | メイン | 大逆転裁判2-成歩堂龍ノ介の覺悟-(3DS) »

2017年11月11日 (土)

2017年11月10日 (金) 今日の鯨の囀り

同感です。私はテキストサイトで替え歌のページに拾ってきたMIDIを製作者の了解を得て貼っていましたが、喜んでジャスラックに使用料を払うつもりでいたのです。一曲一ページあたり10円でも20円でも。しかしジャスラックは推定有罪で全て禁止した。そんな奴らのどこが音楽文化に貢献しているのか。

一次産業と地方都市は相性が良いですから、市と大学側がWINWINの落としどころを見つけられる可能性も高いのかな、と。手を携えて地方を発展させてほしいものですよね。

網走の隣町の紋別は大学が撤退していますからね。必ず成功するわけではない。今治には頑張ってほしいものです。

転勤族なんで大学のある街もない街も知ってますが、明らかな活気の差を感じています。居酒屋も喫茶店も若者がいるといないでは大違いです

私、網走に住んでいたのですが、農業大学を1つ誘致しただけで、学生を含めた関係者が5,000人。40,000人の街は非常に潤っておりました。大学にはそれだけの力があるんですね。

これ(ビームギャラクシアン)欲しかったなぁ。これの後に出たスーパーギャラクシアンは持っているのですが。

アベノミクスを加速させて発泡酒を根絶させるほどの超絶好景気とするのだ!これぞ宿願!

シークワーサーホワイトエールと言う発泡酒を飲んだ。なかなかいい。発泡酒と言う飲み物は控えめに言って不味いけど、カクテルにするなら何の問題もないし、たまたまアルコール度数が低いだけというケースもあるのだ。

いわゆる農家の嫁不足だって、農家の嫁さんにはなりたくなくても、農作物生産企業に週休2日8時間労働で働く社員の嫁さんで自分は農作業に一切かかわらなくていいなら相手次第で結婚してもいいと言う女はたくさんいるんじゃないのかね。それが無理だと言う前に実現するにはどうすれば考えた方がいい

「犬の国の衛星放送BOWOW(バウワウ)」って誰もが真っ先に思いつきそうなネタだから口にしたこともウェブに書いたこともなかったんだけど、一度も目にも耳にもしたことがないんだよな。

犬はやはり手間がかかりますからね

明日は第四の犬の日か。いつか犬を飼いたいものよ。

「おれはあかきサイクロン。ゴ◯をだきしめふんさいするのだ」

RT 親子が互いを擁護するのは自然な姿と思う。もっと極端な例を出すと、よく弁護の余地がない極悪非道な犯罪者の親がテレビで子供を擁護して世間から叩かれることがあるけど、被害者を侮辱したならともかく親が子供を擁護するのは当たり前んだなんじゃないかって思っちゃうんだよな。

全くです。父の姓を選んだ子を母が冷遇する、みたいなケースが多発することでしょう

「あんたの言う健康とやらは身体にはいいかも知れんが心に悪い。潤いがないんだな。心も身体の一部なんだぜ?」と言ってやりたい時はある。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34092356

2017年11月10日 (金) 今日の鯨の囀りを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。