Powered by Six Apart

« 2017年10月13日 (金) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年10月14日 (土) 今日の鯨の囀り »

2017年10月14日 (土)

ドッキンガー

昨日までコツコツ読んでたアオシマプラモムックで、もっとも衝撃的だったのが4つのメカに分かれるランボルギーニ・カウンタック。
これは欲しい。
きっとガキの頃に見ても欲しがったに違いない。
大多数の当時のガンプラ少年の例に漏れず、それまでの子供っぽいプラモには見向きもしなかった当時の俺だったが、これは面白がったに違いないという確信があるのだ。
今は無きアニメック誌にこんな記事があった。
おもちゃ会社の担当曰く、ザブングルのおもちゃは売れたがウォーカーギャリアのおもちゃはそうでもなかった。
ザブングルは飛行機に車という子供がよく知ってるものの合体だったが、ギャリアはよく分からないもの同士の合体だったからだ、と。
なるほど、この法則が当てはまる。
とすれば、アオシマの合体プラモを敬遠していたのは子供っぽいからばかりではなく、架空のロボットの合体前がよく分からないものだったからなのだろう。
合体前か後か、どちらかが理解の及ぶものであれば、感情移入度は飛躍的に高まるというわけだ。
それが合体ではなく変形ならばトランスフォーマーになる。
アオシマプラモも言わばドッキンガーとでも言うべき壮大な宇宙叙事詩に化ける余地があったのかもしれないなあ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34087617

ドッキンガーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。