Powered by Six Apart

« 2017年10月 7日 (土) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年10月 8日 (日) 今日の鯨の囀り »

2017年10月 8日 (日)

二の腕の激痛

ここんとこブログで趣味の話をせず、愚痴ばかり言ってるのが気が引けるんだけど、実際、いっぱいおっぱいなんでしゃあない。
痛いんですよ。
左の二の腕が。
しかもどんどん悪化していた。
おそらくは自己判断による無茶で。
最初に3月頃、左肩が四十肩になった。
原因ははっきりしていて、そこから遡ること数ヶ月ほど前に実家の近所の公園が駐車できなくなって、それからは10分ほど離れた駐車場から荷物を肩に掛けて持ってくるようにしていたんだけど、その日の荷物がかなり重たかった。
車があるからと知らず知らずのうちに荷物を多くしすぎる癖がついていたんだね。
もう若くないんだから肩に負担をかけるのは禁物、とやっと理解したわたし。
人間、痛い目に合わないと分からんものだ。
ただ、この時点では腕が一定以上より痛くて上がらないだけで、それ以外に生活上の支障はなかった。
だから、無理をせずに暮らしていれば悪化はしなかった筈なんだ。
しかし、俺は素人考えで無茶をした。
ジムでの筋トレに際し、深く考えずに、痛くない角度でやればよかろうと、筋トレ自体は続けていたんだね。
そしたら無理がかかった。
6月にやっと病院に行って注射と薬で四十肩の方は1ヶ月ほどで痛くなくなったんだけど、今度は二の腕が痛い。
でも、まだ俺は気づかない。
筋トレマシンのウェイトを半分にして右腕だけでやれば左腕に負担はかからないだろうと筋トレを続けていた。
6月と言えば、それまでの糖尿病予備軍から糖尿病を宣告されて、意を決してジムでの有酸素運動を週6ペースに上げた時期だったから、ジムに行かないという選択肢はない。
それで糖尿病の方はたった1ヶ月でヘモグロビンの値が劇的に改善したんだけど、二の腕は一向によくならない。
当たり前だよね。
身体は繋がっているんだから、右腕だけで筋トレしてても左腕の筋肉は緊張する。
そのことにやっと気づいて上半身の筋トレはやめて腹筋と下半身のみにしたのが半月ほど前。
それまでの素人判断の過負荷が響いて、仰向けに寝てても左腕は下ろし方を工夫しないと痛いくらいなんだけど、少なくともこれ以上の悪化はないだろうから、ゆっくり安静に回復させつつ有酸素運動は続ける方向で行こうと思っているのです。
しかし、何十年もの不節制を改めようってんだから、身体が悲鳴を上げるのも仕方ないのかも知れない。
でも負けてはいられないんでね。
なんとしても、健康な人にクラスチェンジするのです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34086650

二の腕の激痛を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。