Powered by Six Apart

« 2017年9月 | メイン

2017年10月

2017年10月18日 (水)

tollの覚え方

どうやら、今期の「まいにちドイツ語」は気持ちよく続けられそうだ。
朝の6時45分から7時15分まで、まずラジオ英会話を続いてまいにちドイツ語を聞く生活を始めて早2年ほど。
ラジオ英会話のほうはいつも完走できるのだが、まいにちドイツ語のほうは 2ヶ月なり3ヶ月が過ぎる頃になるとついていけなくなって、半年の期間を全うできる事は皆無。
今回も同じことになるんじゃないかという不安もあったが、今回は難易度が丁度良く楽しく進められるのだ。
難易度は高すぎても低すぎてもよくない。続かない。
(ちなみに前期は難しすぎて、前々期は簡単すぎた)
英語なら実力に応じたたくさんの番組があるのだが、それ以外の外国語となるとたいていは1番組しかないから、難易度が自分に合っていなくてもそれでやらざるを得ない。
今回はぴったり合っているので、半年の完走目指して頑張ろうと思う。
さて、10月17日のダイアログにはtollという単語が登場した。
素敵とか素晴らしいと言う意味だ。
ここで西尾維新の物語シリーズのファンの人はニヤリとする。
ヒロインの戦場ヶ原ひたぎは自分がいわゆる萌えキャラでないことを認じ、このようなことを言うのだ。
見蕩れるような美人に対しては、見蕩れるの蕩れをとって「蕩れ」というのはどうか(不正確)、と。
これが全く流行らなかったことを含め、なんかツボにはまるエピソードであった。
これが念頭にあると、tollの意味はすっと入ってくる。
単語が連想で覚えられると、何か得したような気分になって気持ちいいという話。

2017年10月17日 (火) 今日の鯨の囀り

ゲームセンターあらしのラム&ロムのことが頭を過るもので、あの姉妹は正確なキャラ名が覚えられませんw

(無理に釈明させて)その上で「釈明させられるということは実際に何かやったんだろう」と決めつけるんでしょうね。なんともムナクソ悪いハナシです

全くです。せっかく日本に生まれることができたのに、北朝鮮なんかに連れていかれて…。こんな愚劣な犯罪、許されるわけがない

なんだよ。パイセンって、おっぱいの大きい先輩の事かなぁ、となんとなく思ってたのに、ただの先輩のことかよ。がっかりさせやがって

「アメリカのどこの出身?」「オレゴン」「俺キルア」

ですねー。私は1本も吸いませんが、酒が大好きなんで、タバコは守らねばならないと思っています。煙草を滅ぼしたら次は酒を飲むなと言ってくるに決まってますからね!自分に関係ないからと言っていられない。そんな暴虐を許すわけにはいかない。

安倍政権は絶対悪であり、成果など全くないあってはならない、という人が反安倍政権をやっている印象。である以上、そういう前向きな提案は不可能なんでしょうねぇ

2017年10月17日 (火)

ラジオ英会話に玉虫色の輝きを見た

ラジオ英会話。
10月16日のダイアログは、ついメタ的に深読みしたくなる内容だった。
10月2日からの毎週月曜日のストーリーの完結編。
働き過ぎで心を病みつつある働き蜂が、労働条件について女王蜂と話にいくのですが、女王蜂は時間外勤務をしないように命令し、さらに彼女をワーカービー・オブ・ザ・マンスに選ぶ。すると働き蜂女史は大いに感激するのでした。
めでたしめでたし。
…で、仕事量は、ちゃんと減ったの?
こう、真っ先に考えたわたしは捻くれているのでしょうか?
一応、最後の行で、貴女は求められている以上の仕事をしていた、という女王蜂の労いの言葉があり、女王は彼女のオーバーワークを認識し、糺さねばならないと感じているようではあります。
明言はしていないが、今後、彼女の仕事は減っていくんじゃないかなぁ、と思わせてくれるそんな幕引きとなってはいます。
しかし、この一文がなければ、ブラック企業を擁護するのか!と批判の声が上がったんじゃないか?これはアリバイ作りのための一文なのではないか?と、邪推してしまうのであります。
本当に邪推なのかと言うツッコミは禁止します。
その一方で、はっきり仕事を少なくするとも、人を増やすとも言っていない。
そもそもこのラストの展開自体が、経営者好みである。
リスナーの中にいる経営者側も労働者側も刺激したくないと言う思いが、このテキストに玉虫色の輝きを与えている…そのことに私は何とも言えないいやらしさを感じるのであります。
朝の始まりを告げるラジオ英会話で、こんなことを感じちゃうなんてなぁ…。

2017年10月16日 (月) 今日の鯨の囀り

RT だから、金を積んでライバル校の野球部に入部させて、ここぞと言う時に飲酒喫煙をさせると言う謀略は、とても有効なんじゃないかと思うわけです

10月も半ばだし大会議室に暖房は要らないだろうなぁ、と思っていたら…甘かった

太陽はただ!?この世のあらゆるものは「人件費を除けば」原価はただなんじゃないのかね。

2017年10月16日 (月)

そんなリアル求めてないよ

やっと先週水曜日のマガジンを読めて、はじめの一歩をチェックしたんですが…。
これはまた…盛り下がる展開ですねぇ。
そりゃぁパンチドランカーにも納得がいくほど打たれまくってる幕之内くんではあります。
でも、あれは「リアルな」描写だったんですか?
私はずっと、漫画としてわかりやすくするために、派手なダメージ描写をしてるんだと思ってましたよ?
だって、あんなダメージやあんなダウンを本当に食っていたんだとしたら、もっと早く壊れてたはずじゃないですか。
作品を構築するバトルのルールがいきなりリアル準拠になったようで、何か冷水を浴びせられた感じがいたします。
MAJORで茂野吾郎がイップスになった時と同じがっかり感。
あれも、吾郎のようなタフな男であっても心がやられる事はある、というのはリアルではあるけれども、そんなリアル誰も求めてないよ!という気持ちでいっぱいでした。
ましてや、日本チャンピオンの防衛戦がやたらと多かった一歩くんです。
現実の試合回数だってあんなもんだよ、って言えばそれまでなんだけど、一読者としてかなり長く感じたものだから、このパンチドランカーの原因が、鴨川のマッチメイクがへたくそだからに見えてしまう。
なんだか一歩が気の毒になってきました。

2017年10月15日 (日) 今日の鯨の囀り

20代の頃、隣の係の係長が自ら会議の資料のコピーをとってて、なんで部下にやらせないんだろうなぁて思ってたけど、今日まさに俺がそれで休日出勤だった。部下に仕事を割り振ることすらできないほどビチビチに複数の仕事の締め切りが同時進行ってことあるんだよなぁ。まさに男の仕事の8割は決断だよ

休日出勤のため職場に入るところ。スマホを持っていくと、ついサボってしまうから、車に置いて行こう。こういう意思の弱い人間のために電話機能だけの携帯電話をもう一つ

2017年10月15日 (日)

人生初寝ぼけ

生きてるといろんなことがあるね。
生まれて初めて寝ぼけた。
今まで寝ぼけたことがなかったんだよ。
寝言はある。うなされることもある。
でも寝ぼけたことはなかった。
他人が寝ぼけたのを見たこともなかった。
だから寝ぼけると言う現象の存在自体を疑っていたわけでは無いものの、いまいちピンと来てなかった。
しかしながら自分がこうもあからさまにまるで漫画みたいな壮絶な寝ぼけをやらかすと、あー寝ぼけってあるんだなぁ、と感慨にふけるのであった。
昨日は休日だけど出張で車に乗っていたんだね。
部下がハンドルを握っていて、俺は助手席で寝落ちしていた。
そしたら目の前に車高の低いカートがいきなり現れた。
え?と思った。
にもかかわらず、部下は車のスピードを落とさない。
このままでは轢いてしまう!
俺は思わず、おい!とか、止めろ!とか叫んだんだが、よく見るとそんなカートはどこにもいないのであった。
いやはや、びっくりさせちゃったなぁ。
明らかに直前まで見ていた夢と現実がごっちゃになって、実際に光景が二重写しになったわけだ。
霊を見たって話はこういうパターンなんじゃないかな。

2017年10月14日 (土) 今日の鯨の囀り

ついでに言うと、捨てるときどうなるか。今はまだ問題なっていないが、いらなくなった太陽パネルを誰も見ていないところに捨てる奴が出てくるんじゃないか。

小池さんてガンダムバエルみたいですね

まあ、文庫本が1,000円超えると一般的ではないですわなぁ

北朝鮮でさえ本当は戦争なんかしたくないだろう。戦争しなくても金も燃料も食料もよその国がくれればいいなぁ、て思ってるだろうさw

戦争したがってる悪人、なんてお前のおめでたい頭の中にしか存在せんわw 徒らに馬齢、重ねてんじゃねーぞばーかw と言ってやりたくなる馬鹿が多すぎるよね〜

「世の中には平和が好きな善人と戦争が好きな悪人がいて自分はその善人である」と言う幼稚な価値観のまま大人になった底抜けのバカがいるらしい。しかも結構な数!

人間に近づくことを覚えた熊だけをピンポイントで識別できれば、その熊だけに涅槃に旅立っていただけばいいのだろうが…

中川翔子は同時代の新人に翔子が3人くらいいた筈で、誰が生き残るかと思ってたんで、活躍を見ると感慨深い。

ファンタシースター。プロセダンがあるならアマセダンもあるのか。というか未来世界のクルマにもセダンという分類があるのか。

プラズマ団はポケモンBWの敵のポケモン原理主義者カルト団体で、ポケモンバトルは残酷だとイチャモンをつけてくるんですよ。

なんで再結集の動きなんて言い出したのかと言うと、反安倍政権と言う崇高な大義のための苦渋の決断であることを国民のみなさんはわかってくれるはずだ、なんて太平楽なことを考えてやがるからなんだろうなぁ

2017年10月14日 (土)

ドッキンガー

昨日までコツコツ読んでたアオシマプラモムックで、もっとも衝撃的だったのが4つのメカに分かれるランボルギーニ・カウンタック。
これは欲しい。
きっとガキの頃に見ても欲しがったに違いない。
大多数の当時のガンプラ少年の例に漏れず、それまでの子供っぽいプラモには見向きもしなかった当時の俺だったが、これは面白がったに違いないという確信があるのだ。
今は無きアニメック誌にこんな記事があった。
おもちゃ会社の担当曰く、ザブングルのおもちゃは売れたがウォーカーギャリアのおもちゃはそうでもなかった。
ザブングルは飛行機に車という子供がよく知ってるものの合体だったが、ギャリアはよく分からないもの同士の合体だったからだ、と。
なるほど、この法則が当てはまる。
とすれば、アオシマの合体プラモを敬遠していたのは子供っぽいからばかりではなく、架空のロボットの合体前がよく分からないものだったからなのだろう。
合体前か後か、どちらかが理解の及ぶものであれば、感情移入度は飛躍的に高まるというわけだ。
それが合体ではなく変形ならばトランスフォーマーになる。
アオシマプラモも言わばドッキンガーとでも言うべき壮大な宇宙叙事詩に化ける余地があったのかもしれないなあ。

2017年10月13日 (金) 今日の鯨の囀り

(その阿呆な動物愛護団体は)きっとプラズマ団になりきっている熱烈なポケモンファンなんですよ!(違)

お花畑だ現実を見ろと言われ続ける人生を送ってきた人がアベノミクスの成功を認める訳がなかろw

ていうか、たかが一票で「甘え」とやらを正せると思う自体が自意識過剰ですよね。素直に自分の考えと近い政党に入れればいい。

森の熊さんの替え歌をリアルな動画とともにCMとして流し、意識改革を促すしかないな。熊さんの♪いうことにゃ♪お前を♪食べてやる♪バリバリバリバリバー♪ムシャムシャムシャシャのシャー♪「ゲップ」これで動物原理主義者の妄想も粉々に砕けるだろ。

小川民進党参議の言ってることはバットマンリターンズの「ゴッサムの奴等を羽根先一つで…」みたいだ。選挙民はあくまで道具ってことか。

本当は若者はみんなネトウヨと言いたいんだけどさすがに言えないからああいうことを言うわけです。

ただ基地賛成派の声を取り上げる時は、身の安全のためにもモザイクとボイスチェンジは必須になるだろうなあ。