Powered by Six Apart

« 2017年9月 | メイン | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月26日 (木)

いざと言う時まで待てません

現在、最終話をプレイ中の大逆転裁判2(3DS)。
テンションあがってますんで、近いうちに解けることでしょう。
さて、色々と思うところがある証拠品が手に入りました。
詳細はエントリー内容に関係ないので、ネタバレを避ける意味でも省きますが、こんなことを言われて手渡される証拠品です。
曰く、本当に困ったことがあったら開けてください(不正確)
…で、ナルホドくんは馬鹿正直にも今はまだ本当に困っていないと言う理由で開けないし、その反映として開けることができないようになっている。
わたし、このパターン、どうにもご都合主義で好きになれないんですよね。
逆転裁判に限らずいろんなゲームや映画やドラマで使われていますけどどれでも。
だって、そんなのもらったらすぐに開けるじゃないですか。
開けない方がおかしいですよ。
中身が何か分かっていなかったら、くれた人の趣旨に反して、本当に困った時に使えない可能性が極めて高い。
ゲームだから映画だからドラマだから、物語の法則に守られているから、本当に困った時までそれが必要である可能性を考えなくていいのであって、それって物語として割り切ってるってことですよね。
そういうのって醒めちゃう。
あんまり、ゲームをやっているんだ、って自覚させないでほしいもんです。

2017年10月25日 (水) 今日の鯨の囀り

自分の勤めている会社の経営陣が資金繰りに困らないことはイコール一労働者たる自分にとってもメリットがある、という自明の理がわからない奴が、株価なんて庶民には関係ないと言う。

えーっと(笑)野党共闘とやらはできなかったんだよね?小異を捨てて大同につくと言うけど、捨てられない小異があったから別の政党なんだよね?それを全部足して何票あろうが、それが何だっての?その貫いた小異ゆえに投票した人だっているだろうに、その人達のことはどうでもいいの?不実すぎる。

「空条承太郎。君は料金以下のまずいレストランには代金を払わないそうだが…」「…」「紳士として恥ずべきことだ!叩き直してやる!」「やれやれ説教くさい曾々祖父ちゃんだ。そんなことをいきなり言われてはいそうですかと従うと思うのか」みたいのから始まる対戦を「カプコン版で」やりたくなった。

小池都知事本人あるいはそのシンパが「あくまで、自然由来の二酸化炭素は除いてのゼロだ」とか言い出したら、思いっきり馬鹿にして大笑いしてやろうと思って待っているのに、一向にその気配がない。早くしろ!笑われ芸人としての自覚が足りないんじゃないの?

全くです。わたしは一本も吸いませんが、自分に関係ないからと放置していたら、次は大好きな酒に矛先が向くと危惧しています。煙草増税反対!

ワンフェス2018冬。初めてワンフェスに行きたくなったが、2月末って吹雪で稚内空港が使えなくなる可能性が高いんだよな…。

まいにちドイツ語。 1ヵ月を経過した。今のところほぼ完璧だけど、それはいつもそうなんだよな。2ヶ月以降もがんばってついていこう

嫌な夢、見たなあ…。
夢の中で去勢されてた。
報復したかったなあ。

2017年10月25日 (水)

マンダレイ

ずっと観たかった「マンダレイ」のDVDが安かったので、買って観ました。
前作「ドッグヴィル」が大好きだったんで。
そしたら、残念ながらドッグヴィルには遠く及ばないかな。
広い体育館の床にチョークで家の見取り図を描いただけという「ドッグヴィル」のビジュアルは、お互いに家の中のことまで知ってるくせに知らないフリをしているアメリカの片田舎の村の閉鎖性を見事に表現してたけど、マンダレイが同じ演出を使う理由は、ドッグヴィルの続編だからでしかないからね。
前作で田舎の百姓どもを勝手に理想の人々扱いして裏切られ、深く傷ついた筈のグレースが、今度は黒人奴隷に感情移入。
もちろん奴隷達が彼女の人道主義を満足させるだけの都合のいい存在であろう筈もなく…。
ただ、あまりざまあ見ろとも思えないんだよね。
70年前に廃止された筈の奴隷制度を守り続けている農場なんてものに出くわしたら義憤に駆られて当然だし、誰でも通報くらいはするんじゃないか。
だからカタルシスは少なく、結果としてメッセージ性が強まっている。
俺が受け取ったメッセージは、多様性は一筋縄ではいかないということ。
ドッグヴィルの無学な田舎ッペもマンダレイの黒人奴隷も、全員がいい人でも全員が悪い人でもない。
マジョリティーがそうであるように。
自分の思い通りにならない弱者に声を荒らげるグレースは、現代でもどこにでもいる。
こういうテーマがあまりにもわかりやすすぎるのも、映画としての底の浅さにつながってるような気がする。

2017年10月24日 (火) 今日の鯨の囀り

バンシーに値するだと!?

スマホが重い。以前と違うのは、音声入力を使いまくってるだけだが、さて…

オリンピックの4日間、息を止めていろと。

そのとおりですね。アベノミクスそのままパクります、でよかったんですよ。

マイノリティの声「も」聞くくらいが限度ですもんね。それを超えると多数派ならぬ少数決になってしまう。多数派は確かに横暴な面がありますが、少数決は遥かに横暴で、その類いの横暴さが嫌われているのでしょう。

単純に、腰が低い方が得をするということだと思ってましたが…なるほどねぇ、その解釈の方が素敵ですね

2017年10月24日 (火)

柿ハロウィンなんてどうか。

Img_2959_2


毎年のハロウィンで似たようなこと言ってるけど、ハロウィンて食の要素が弱いんだよな。 なんで南瓜に拘る必要が? 南瓜は特に美味しくないでしょう。 もちろん料理法によっては十分においしいけど、積極的に食べるようなものじゃない。 だからずっと西瓜のおばけにすりゃあいいのにと思っていたし、今でもそう思ってるんだけど、時期的な問題があるしスイカはオレンジじゃないという問題もある。 で、今年はちょっと違ったことを言う。 ここでエントリーのタイトルに。 そう、柿の美味しい季節なんだから柿にしちゃえばいいんだよ。 実際、この画像のように柿の皮にマジックで目鼻口を描けばかなりそれっぽい。 まあ、マジックが皮を通して果肉まで沁み通ってしまうと食べられなくなってしまうから、あまり熟してない皮の固いのを使って、かつ時間を置かずに食べてしまう必要がある。それを徹底させるにはどうするかといった問題があるけどね。 クリスマスだって日本のは違うんだし、どんどんアレンジすればいいと思うんだ。 なお写真の柿は、スタッフが…じゃなかった、そんなのいなかった、私がおいしくいただきました^_^

2017年10月23日 (月) 今日の鯨の囀り

今、気づいたんだが、電気自動車だったら深夜に猛吹雪で立ち往生しても、一酸化炭素中毒にならないのかな。

自分達が少数派である時にどうするか。(1)少数派でも構わない絶対に意見を曲げない(2)多数派の意見を聞き、取り入れて、多数派にも受け入れられることを目指す。このどちらでもいいと思う。だが、そのどちらでもない第3の道を目指す馬鹿がいる。それは少数派ではないと自分に言い聞かせることw

はあ。自民より非自民の方が票が多い、と。でも希望より非希望の方が、立憲より非立憲の方が、共産より非共産の方が、票は多いんだよね?比率的に。完全に無意味なこと言ってやがるよなぁ。なんで敵の敵が自分たちに譲歩すると思うんだろう。自分たちは全く譲歩しないくせに。

「いいねいいね。人間っていいね♪」「…なんかイラッとくるな、それ」「それなそれな。人間ってそれな♪」「…なんかムカッとくるな、それ」

あるアニメのポスターを見て「久しぶりに原作漫画の方が圧倒的に絵が上手いパターンだな」と。なお、具体的なタイトル名についての言及は差し控えます

いざという時、自分達の声を聞いてくれるという安心感を地元に与えてこそ、「代」議士だもんね

左右中道それぞれで「なんであいつが当選するんだ」と言うもっともなつぶやきが聞こえてくるんだけど、政策も政党も過去の言動も関係なく、地元の先生だから投票する、と言う人はたくさんいる。それも民意なんだね。

2017年10月23日 (月)

大逆転裁判2 第4話「ねじれた男と最後の挨拶」

さあ盛り上がってまいりました。
それにしてもすごいボリューム。
単に時間だけならこのぐらいのボリュームは過去にもあったかもしれませんが、ボリュームの実感という点で言うならトップクラス。
探偵パートが面白いですよね。
これまでの逆転裁判では、裁判パートこそがメインディッシュで探偵パートはあくまで前菜であった。
だから探偵パートが長すぎると充実感を覚えるより、だれることが多かった。
しかし、この4話の探偵パートは、各人の濃密なドラマがラストに向けて収束しているので、だれてる暇がない。
しかもその中に、本編「逆転裁判」の友人同士親友同士親子同士でもほとんど見られない熱さで旧交を温める場面まであるのですからたまりません。
この4話のボリュームは、だれることなく楽しめる範囲内で最大と言えるわけです。
そしてトップクラスなのはそれだけではない。
弟分のド・ジッコの無邪気で不用意な発言に秘密の悪事をばらされて胃がキリキリ痛む思いのデ・キルコさんの苦悶の表情は、逆転裁判史上トップクラスの行間心理描写で、まさに白眉。
ホームズの赤毛組合をモチーフにした今回の詐欺事件は、ホンシツ的にはコミカルなものなんですよね。
もちろんこれは逆転裁判ですから、コミカルに思える事件の中に重い人間関係のドラマがあったりする。
コミカル要素で手を抜かず、しかしそのコミカル要素が一部でしかないようにシリアスな骨格を組み立てる。それが逆転裁判流。
それを思うと、とても逆転裁判らしいまさに本家の味わいだと思うのです。

2017年10月22日 (日) 今日の鯨の囀り

北大TR PG研究会秋コンベンションが終わって、これから6時間かけて稚内に帰るのだ。楽しかったなぁ。本当は来週のクトゥルフの卓にも出たいんだけど、さすがに無理だなぁ。

ですね。十分に稼働に向けての安全確認の態勢は整っているものと思います。

メリットとデメリットを比較すれば当然ながらフル稼働ですよね。何が何でも動かせも止めろも、どちらも思考停止だと思います

2017年10月22日 (日)

北大TRPG研究会秋コンベンションに参加しました

Img_2954


北大TRPG研究会の秋コンベンションに参加しました。 その年の新入生がゲームマスターをやるコンベンションで、一般参加も可能と言うことで、何とか時間を作って行ってまいりました。 それにしても、これまでTR PGブームと聞いても半信半疑だったのですが、このサークル、1年生部員だけで9人もいるそうじゃないですか。 これはひょっとして、30年前から25年前あたりのブームに匹敵しているのかもしれませんね。 私が参加した卓はアリアンロッドRPG。 スキルや特殊能力でガンガン火力を上げて、与えるダメージも食らうダメージもでかくて、それをいかに回復したりなかったことにしたりで頭を悩ませるシステムでした。 かなり死にそうなバランスのラスボス戦でしたが、なんとかギリギリ1人の戦死者も出さず勝利し、結果として見事な薄氷のバランスになりました。 最後にヒットポイントがヒトケタにもかかわらず、回復手段が払底。この際自分が死んでも感動的な戦死かな、くらいに諦めていたところ、6のぞろ目が出てクリティカル回避したときは、大いに盛り上がりましたねー。 思えば私、TR PGのマスターは何百回もやってますが、戦闘のバランスを気にした事はほとんどなかった気がします。 …締め切りに追われていつもギリギリだったからなー。

2017年10月21日 (土) 今日の鯨の囀り

自分以外の男に綺麗に見られる必要など全くない、というのは男の誠実さ愛の深さの表れですよね。

教授がファルコンを馬鹿にするのが特にいいですね。ナニクソという気持ちとシンクロできる。

北朝鮮「が」日本「を」敵視してるんだっての。勝手に「が」と「を」を逆にしてるんじゃあない!

ドレープホルター風肚兜!バルキサスに出てきた女奴隷の制服がこんな感じですね

文庫版「狂骨の夢」を読み始めたんだが、ブックカバーから溢れんばかりのモスバーガー状態