Powered by Six Apart

« 2017年9月25日 (月) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年9月26日 (火) 今日の鯨の囀り »

2017年9月26日 (火)

時代劇の誕生日

せっせとレンタルで観てたJIN〜仁・完結編。
そろそろラストに向けてストーリーも疾走を始めたところであるが、ひとつ気になった点が。
坂本龍馬の誕生日が物語の重要なキーとなるのだが…
あれ?
江戸時代の人って誕生日をあまり気にしないんじゃなかったっけ?
つい数ヶ月前にサクラ大戦TVを観て、アイリスの誕生日イベントに大いに感心したことを思い出す。
フランス時代は親に恐れられ誕生日を祝って貰ったことのないアイリス。
日本では大切な仲間ができたが、今度は誕生日の習慣のない国ときた。
誕生日ってなんだろうから始まって、外国では生まれた日にお祝いをすると知って、へ〜日本じゃみんな元日に歳をとるのになあとか、でも素敵な習慣ですねとか、“太”正時代を舞台にしたサクラ大戦ならではの会話。
小さなことだが、ちゃんと地理や時代を反映した作劇が成されると、嬉しくなってくるものだ。
その観点からすると、JINで勝海舟が坂本龍馬の誕生日を知っていることには疑問を感じてしまうが、まあ仕方ないんだろうな。
時代劇の既婚女性がお歯黒をしていなかったり、学園もので北海道の高校の卒業式なのに桜が咲いていたり、と同じで、最大視聴者層に説明なしで違和感を覚えさせないための必要悪としての嘘なのだろうから。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34084696

時代劇の誕生日を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。