Powered by Six Apart

« 2017年8月 | メイン

2017年9月

2017年9月14日 (木)

マクロスΔは欠点がないのが欠点だ…と思ってたがやっぱりあった

マクロスΔを観終わった。
評判ほど悪いとは思わなかった。
単につまらない上に印象が薄いだけで欠点らしい欠点もないからだ。
これは半分くらいまで観た時の感想と変わらない。
悪名は無名に勝るという。
マクロスΔはまさにその「無名」に当たる作品なのだろう。
ただ、10年に一度の傑作「マクロスF」の次だけにどうしても見る目が厳しくなるから、気の毒ではある。
マクロスFは奇跡だった。
キャラも勢力も要素も多すぎで、よく破綻しなかったものだと未だに感心する。
ただ、そのFでさえその多要素のうち、歌舞伎役者関連と学園生活は殆ど話に絡めることができなかったのだ。
それを「F」でやれたんだからできるでしょとばかりに同様に盛りだくさんの要素を詰め込んだものの、奇跡は二度と起きなかった。
結果としてどこを見ても薄味で印象の残らない作品となってしまった。
またアイドルグループという「あざとさ」も最初から醒めた目で見てしまう一因だった。
俺はあざとい作品は嫌いじゃない。
あざとくてつまらなければそのあざとさを批判するが、あざとくても面白ければ万事OKだ。
娯楽なんだし。
あざとい作品に先入観を持たない方であるという自負はあるつもりだ。
だがそんな俺をしてあざとさの許容限界点を超えるレベルのあざとさってのはあるわけで、半端にラブライブやアイマスをやろうとして、恐らくは「バルキリーのプラモで儲け、美少女フィギュアでも儲ければ、2倍も儲かるぜ!」
そういう目論見が見え見えだと、フン、いっそ失敗しちまえと反感を持つのも自然な感情ではあるまいか。
…あれ?
欠点はないとか言ってるけど、思い返すと小さい欠点はポロポロあるじゃないか。
他にも、殆どがファイター形態でのドッグファイトでガウォークもバトロイドもろくに生かされてないとか、サクラ大戦TV同様「スペックに関係なく」ロボットが人間を撃つと撃った方に感情移入することはできない(よって敵のイケメン騎士団が生身の女の子に執拗に銃撃を加えるクズにしか見えない。味方もそんなところに生身の女の子を投入するクズにしか見えない)とか、細かいのが。
まぁ、欠点は欠点でも、腹を立てながら指摘するのと無気力に流しちゃうのでは異なる。
マクロスΔは後者だったのだ。

2017年9月13日 (水) 今日の鯨の囀り

例えば、外国人の異性に告白されて外国人は嫌だという理由で(理由は口に出さずに)断るのは自由だし差別じゃないよね。差別だから付き合えとか付き合わなかったら差別主義者として罵ってやるとか外野が言うことでもない。

武蔵巌流記、仮予約してしまったw

1983さんからドリキャスの新作が3本も!というメールが来た。もちろん買うことになる。嬉しい悲鳴だw

未だにリプライ通知とはなんのことかわからないし興味もない

ミサイルを維持しきれなくなるまで困窮させればいいのでは。
耐えきれなくなって手放してきたら買い叩く。

ラジオ英会話
次期CEOの前職はmoogle社w
ムーグォーって発音なんだね。
てことはグーグォー

2017年9月13日 (水)

児斗玉式写真集閲覧法

と言っても大したことじゃなく譜面台を使うだけですが。

Image


みなさん、画集や写真集って隅々まで読みますか?
気の向いた時にパラパラ数頁を眺め、これは!というのがあったら堪能する。そういう読み方の人が多いのではないでしょうか?
数年前に買った画集を何気なく捲ったら見たことのない頁が!ということも、かつてのわたしだけではない筈。
勿体無い!
でも最初からめくっていくと途中で飽きちゃうというのも分かります。
そこで譜面台。
楽器店で数千円で売っているやつです。

Img_1297



これさえあれば分厚い本を開いたまま、目の高さに『浮かべて』おけるわけです。
栞があればいい?
いえいえ。
開いた状態で家の中を歩く度に目につくのが重要なのです。
横を通る度に見てしまうのが重要なのです。
つい気になって頁が進みます。

Img_1296



写真集というのは衝動買いしちゃうものですからね。
おかげで大冊『札幌市の昭和』もラクラクです。
(これを買っちまったのを無駄にしたくない、というのが譜面台導入の動機だったりします。高かったですからね)

Img_1299



雑誌も一部記事を読み逃しやすいジャンルです。
毎月のホビージャパンも楽譜台で読んでます。
ホビージャパンは頁数が多いので、最初の方の頁や最後の方の頁では重心が偏ってしまいます。
随時、左側にずらしていくといいでしょう。

Img_1298



そしてガールフレンド(仮)公式ビジュアルコレクション約450頁也、もギリギリ可能。
このくらいの厚さが限界ですかね。
最初や最後あたりでは左右の重心が崩れるとやばい。
夜中にトイレに起きてついぶつかる、などは気をつけねばなりません。

…まあ、頁を抑えるアームが頁を微かに傷つけているでしょうし、売る時の状態を気にする人には向かないかも知れませんね。
みなさんも箪笥の肥やしになってる画集等をこの方法で読破してみませんか?

2017年9月12日 (火) 今日の鯨の囀り

呉旅行初日にアイアンフォスルが届く予定とは…。
行き違いになるなあ。

アムロが鳥取出身って意外と知られてないんだな。
鳥取砂丘が出てくるのに。

大学ができて人口が5000人から10000人単位で増えてそれで潤ってる地方都市って結構あるんだよね。

ラジオ英会話。
A matter of time
時間の問題
そのまんまだねw

大逆転裁判の3話を解くのに2週間以上もかかっててまだ解けない。ジム通いをやめればゲーム時間が確保できるんだけど、何が何でもお腹を引っ込めたいし…。

シュタゲに欠点があるとすれば、複数の対立し合うヒロインの誰1人として悪くないことにするためには、極端な悪人か健忘症を1人、設定して、物語の歪みは全て其奴に追わせる必要がある、というギャルゲーの法則を踏襲しちゃってることだな。

ツイッターでしか連絡が取れない人が如何に多いか痛感。
何が原因か分からんけど、とりあえず釈迦と菩薩とシュバイツァーとガンジーを掛け合わせたように温厚な児斗玉文章mk.IIに生まれ変わろうと思います。

「お前が不快を覚えることが俺にとっては不快だ。お前に不快を覚える資格などない」をぶつけて対消滅を狙えばいいのではないでしょうか?

ツイッターが凍結されてる間、退屈しのぎにヤフコメや知恵袋や2chに参加したが、あんまし楽しくなかった。

2017年9月12日 (火)

凍結解除

祝・ツイッター復活!
ツイッターが2週間ほど凍結されていました。
いや、ロックかな?
とにかくアクセスできませんでした。
それにしてもツイッターへの問い合わせってやりづらいですよね。
いろいろ試したんですが、ナニ言ってんだか分からない指示をされてちんぷんかんぷん。
実にややこしい!
わざとややこしくして諦めさせようとしているんじゃないかと思えてきます。
それでもなんとか指示を送ってもらうところまで辿り着いたんですが、指示送付先のメールアドレスがツイッターを使い始める時に登録したけど既に使えなくなってるアドレスのままじゃないですか!
そのメールアドレスを現在のものに変更したいのにできない。
それが昨日、久しぶりにアクセスを試みたら変更できるようになっていたんで、そそくさと指示通りに進んでいったら凍結が解除されたというわけです。
いやはや。
こういう時のために登録したメアドはちゃんと変更せねばなりませんね。

2017年9月11日 (月) 今日の鯨の囀り

NEO平安京エイリアン収録の通常の平安京エイリアンって、明らかに調整されてるよね。いや、平安京エイリアン大好きだけど、こんなに面白い筈がないもの。反応が気持ちいいんだよな。

NEO平安京エイリアン附属のファミコン用イヤホン端子を使うとキラキラスターナイトDXが凄く楽しく!
音楽の力って凄いね

期限切れくみん使い終わった。
次はパプリカかチリペッパーか。

凍結解除。
ていうか凍結されていたのかすら分からなかった。
半月ぶりのツイッターだ。

2017年9月11日 (月)

コイルズ

読了。
本棚に眠っていたゼラズニイのSF。
思春期に何冊か読んで、特に「ディルヴィシュ」はムアコック作品のヒロイックな部分を更に突き詰めたようなダークヒーローでお気に入りだったんだけど、本作のドナルドはそれに加えて電脳空間を自由に旅し自由に操る能力もあり、異様に頼もしい。
セイバーヘーゲンとの共作だが、頭脳戦闘はゼラズニイが、肉体戦闘はセイバーヘーゲンが担当したのではないか。
はじめのうちは頭脳派と思っていたら肉体的にも凄まじい。
執筆された1982年という年代を思うと、寺沢武一「ゴクウ」の元ネタかも知れない。
まぁ、コンピューターネットワークが実現し得る未来が具体的に想像でき始めた頃だから、どうしても似てしまうのは仕方ない。
そのコンピュータ関連描写は、今のハリウッド映画で相棒やチームの一員のスーパーハッカーがやってることの先駆けだ。
では、今になって読む価値はないのかと言えばそんなことはない。
特筆すべきは、現実世界と電脳世界を、現在と過去の回想を、行ったり来たりするにも関わらず、全く混乱しないということだ。
これはこの手の作品ではとても珍しいことで、如何にエピソードの配置が上手いかの証明となっている。
そして、それは主人公がどんなに電脳世界で狂人が見るような光景を見せられても正気を保つことの何よりの説得力となっている。

9/10ひとりごと

晴天続き。
洗濯物があっちゅう間に乾く

悪質な取引相手にどう警告文を送るか悩む夢を延々と観てた
疲れた

NEO平安京エイリアンが面白い。
次はNEOトランキライザーガンを頼むぜ、コロンバスサークル!

2017年9月10日 (日)

ダンケルク

凄い映画だ。
史実の再現に拘り娯楽として成立させるための構成ということをやっていない。
だから面白い映画かと聞かれたら面白くはないと答えるしかない。
しかし凄い映画だ。
史上最大の撤退作戦を描くには状況が絶望的であり更にジワジワと悪化していく描写の迫真性が必須だ。
史実から言って勝利によるカタルシスは得られないのだから、助かったことによるカタルシス、逆算して序盤では絶望を与えてくれないとならない。
中でも実機を飛ばしたスピットファイアとメッサーシュミットの空中戦はコックピット内と敵影が同時に怖いくらいクリア。
実機故に一度に登場する機数がとても少ないという欠点がある筈が、それを補って余りある迫力だ。
imax70mmフィルムという最上級のフォーマットを体感できる劇場は日本にはないらしいが、一般の劇場でも十分すぎるくらいでした。

エンドロール後エピソード なし

公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/

9/9ひとりごと

ミサイルがいつ来てもいいように心の準備をしておこう

今朝方、ベランダ側の藪から何度かガサガサ聞こえたが、もう鹿だと分かってるから驚かない