Powered by Six Apart

« 9/5ひとりごと | メイン | 9/6ひとりごと »

2017年9月 6日 (水)

機動戦士ガンダムサンダーボルト 第10巻

ニュータイプを通り越してファウンデーションのミュールのような大僧正レヴァン・フウの洗脳はついにダリルにも及び、とうとう気のいい仲間達ともどもジオン残党を裏切ることに。
この裏切りが唐突な気がして連載時には嫌だったんだけど、どうやら見逃していた話があったようで、なるほどこれなら裏切りにも納得がいくかな。
ジオン残党はズム・シティが陥ちてなお抵抗を続けてる連中で、従来作品では頑なで狭量な描かれ方だったんだけど、たぶん次の11巻で収録されるあたりでは敗戦で却って宇宙移民としての意識に目覚めた感じで、現状認識力には劣っていても決して悪印象はない。
オリジンにおけるガルシアポジションのガレ中佐でさえ悪い人ではないしね。
ただ、学園祭が終わっても授業に集中できない感じで、自分達だけ緩い夢の中にいるような身勝手さがある。
それを裏切るからこそ、ダリルの業が深いんだね。
ジオン側がキャラ主導なんで、戦闘要素は連邦側の演習のみ。
そろそろ大きな戦闘がほしいかな。
さて、今回、絵本&DVD付き限定版を購入。
DVDは11月の劇場公開を前にした配信済み映像の一部のひとまとめ。
コメンタリーがこの付録用の新録でした。
絵本「さよなら月曜日」は徴兵で引き離される親子の話で、ガンダム世界を広げるものですが、アメリカンコミック風の絵柄で「ジオン=ドイツ」という一部の偏った認識から離れていて、そういう点でもよかったですね。

小学館公式サイトの該当ページ
https://www.shogakukan.co.jp/books/09941898

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34080902

機動戦士ガンダムサンダーボルト 第10巻を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。