Powered by Six Apart

« 2017年9月16日 (土) 今日の鯨の囀り | メイン | 2017年9月17日 (日) 今日の鯨の囀り »

2017年9月17日 (日)

-犯罪王メスリーヌ自伝-生きては捕まらない

読了。
銀行強盗と誘拐と脱獄に彩られた犯罪王ジャック・メスリーヌの自伝。
この人、写真を見るにきっとルパンIII世の元ネタと言うかイメージソースの一つなんじゃないか。
CCさくらのクロー・リードの元ネタのクロウリーが悪辣なカルト教祖であるように、実態はかなり碌でもないけどね。
あまり何度も脱獄するものだから他の囚人とも接触できずぶち込まれた独房で空いた時間にせっせと執筆。
まだばれていなかった犯罪についてまで事細かに書いていて、裁判で不利になるのでは?と誰もが思うのは当然で、これについて彼の担当弁護士は彼なりの社会への怒りであり攻撃であるためではと分析しているけど…まぁ、それも有るど、むしろ警察を茶化すのが楽しくてたまらないんじゃないか。
こういうのを書くこと自体が挑発だし、投獄という脅しが全く効かないほど開き直ってしまっていることが赤裸々に語られているからね。
日本にも何度も脱獄している脱獄王はいるが、彼等はこっそり隠れ潜んでいる。
しかし、こいつの場合、脱獄して直ぐに銀行強盗を繰り返している。
大金がないと逃亡生活は不可能と嘯いているし、危険を愛する男と自惚れているけど、それより何より警察に代表される社会への敵意がそれをさせているんだろう。
かと言って頭のネジが外れているわけでもなく、犯罪計画は極めて冷静。
この意外性に惹かれて楽しく読めました。

Amazon該当ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/4150503591

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/34082899

-犯罪王メスリーヌ自伝-生きては捕まらないを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。